【UQモバイル】料金プランと組み合わせておトクなキャンペーンを紹介!

2019年4月8日

UQモバイル料金プラン徹底解説

格安スマホの中でも、UQモバイルはキャリアが運営に関与している「サブブランド」と呼ばれる珍しい存在です。
キャリアは割引プランが多くてお得なように見えるけれど、条件が色々あって分かりにくい!と一度は嘆いた経験があるのではないでしょうか?

実は、UQモバイルは親会社がキャリアのauを運営するKDDIグループというのもあってか、料金プランも一般的な格安スマホと比べて少し複雑になっています。
そこで今回は、UQモバイルの料金プランやおトクなキャンペーンを分かりやすく解説し、これから格安スマホにデビューする方にも安心して使えるようにご案内したいと思います。

UQモバイルは無料通話付きのプランがオススメ

一般的な格安スマホの料金プランでは、無料通話がオプション扱いになっているのが一般的です。
スマートフォンの料金を極限まで落とすのであれば無料通話なしのシンプルな料金プランがオススメですが、ある程度は通話もしたいという方は無料通話が付いていないと割高になってしまう可能性があります。

UQモバイルでは無料通話があらかじめ組み込まれた料金プランが設定されていて、格安スマホでもおトクに無料通話を利用することができます。

UQモバイルの無料通話付きプラン

国内無料通話の扱いが違う2種類のプランがあり、それぞれ1ヶ月に利用できるデータ容量の違う3種類のプランのあわせて6つのプランから選ぶことができます。

おしゃべりプラン

おしゃべりプランS

月額料金
(税抜)
1年目:1,980円
2年目以降:2,980円
(2台目以降はUQ家族割で500円引き)
通話 国内通話が1回5分まで無料で使い放題
データ量 2GB → 3GB
(2年間無料の「増量オプション」適用時)
※その月で利用できなかったデータ量は最大2GBまで翌月に持ち越し可能

おしゃべりプランM

月額料金
(税抜)
1年目:2,980円
2年目以降:3,980円
(2台目以降はUQ家族割で500円引き)
通話 国内通話が1回5分まで無料で使い放題
データ量 6GB → 9GB
(2年間無料の「増量オプション」適用時)
※その月で利用できなかったデータ量は最大6GBまで翌月に持ち越し可能

おしゃべりプランL

月額料金
(税抜)
1年目:4,980円
2年目以降:5,980円
(2台目以降はUQ家族割で500円引き)
通話 国内通話が1回5分まで無料で使い放題
データ量 14GB → 21GB
(2年間無料の「増量オプション」適用時)
※その月で利用できなかったデータ量は最大14GBまで翌月に持ち越し可能

ぴったりプラン

ぴったりプランS

月額料金
(税抜)
1年目:1,980円
2年目以降:2,980円
(2台目以降はUQ家族割で500円引き)
通話

2年間:最大60分/月の国内通話無料 ※無料通話2倍キャンペーン適用
(通話料金から-2,400円/月の割引)

3年目以降:最大30分/月の国内通話無料
(通話料金から-1,200円/月の割引)

データ量 2GB → 3GB
(2年間無料の「増量オプション」適用時)
※その月で利用できなかったデータ量は最大2GBまで翌月に持ち越し可能

ぴったりプランM

月額料金
(税抜)
1年目:2,980円
2年目以降:3,980円
(2台目以降はUQ家族割で500円引き)
通話

2年間:最大120分/月の国内通話無料 ※無料通話2倍キャンペーン適用
(通話料金から-4,800円/月の割引)

3年目以降:最大60分/月の国内通話無料
(通話料金から-2,400円/月の割引)

データ量 6GB → 9GB
(2年間無料の「増量オプション」適用時)
※その月で利用できなかったデータ量は最大6GBまで翌月に持ち越し可能

ぴったりプランL

月額料金
(税抜)
1年目:4,980円
2年目以降:5,980円
(2台目以降はUQ家族割で500円引き)
通話

2年間:最大180分/月の国内通話無料 ※無料通話2倍キャンペーン適用
(通話料金から-7,200円/月の割引)

3年目以降:最大90分/月の国内通話無料
(通話料金から-3,600円/月の割引)

データ量 14GB → 21GB
(2年間無料の「増量オプション」適用時)
※その月で利用できなかったデータ量は最大14GBまで翌月に持ち越し可能

※6つのすべてのプラン共通で無料通話超過分の国内通話料は30秒につき20円の料金が発生します。また、すべてのプランは2年契約(自動更新)で契約期間に縛りがあるため、更新月以外で解約をすると契約解除料9,500円がかかります。

公式サイトでは1枚の表で説明されているのですが、実質的には上記の6つから料金プランを選べると考えるのが分かりやすいです。

特に、国内通話が1回5分まで無料で使い放題の「おしゃべりプラン」と、最大〇〇分/月の無料通話が付く「ぴったりプラン」は別のプランなので、同時に2つの無料通話は利用できない点には注意しましょう。

必読!2つの無料通話プランの違い

おしゃべりプラン

  • 国内通話が1回5分まで無料で使い放題

ぴったりプラン

  • 最大○○分/月の無料国内通話
    ※最初の2年間は「無料通話2倍キャンペーン」の適用で通話時間が2倍

ちょっと複雑なUQモバイルの料金プラン

冒頭でUQモバイルの料金プランはキャリアのように少し複雑、という点をお話ししましたが、「1年目の料金と2年目以降の料金はなぜ違うの?」「2年間無料の「増量オプション」って何?」と疑問を持ったのではないかと思います。

1年目と2年目料金の差額について

まず、1年目の料金と2年目以降の料金が違う理由を説明しましょう。

UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランには「イチキュッパ割」、「スマトク割(長期利用割引)」の2種類があらかじめ適用されています。

イチキュッパ割

イチキュッパ割

おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約したユーザーを対象に、

利用開始月から13ヶ月目まで(12ヶ月間)月額料金が-1,000円/月の割引

UQモバイル公式:イチキュッパ割

スマトク割・長期利用割引

おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約したユーザーを対象に、

「スマトク割」として利用開始月から25ヶ月目まで(24ヶ月間)月額料金が-1,000円/月の割引になり、それ以降(最初の更新月以降)も「長期利用割引」として-1,000円/月の割引が継続される。

UQモバイル公式:スマトク割/長期利用割引

おしゃべりプラン・ぴったりプランに適用される2種類の割引のうち、

「イチキュッパ割」は12ヶ月間が経過した時点で割引が無くなるため、2年目以降は料金が+1,000円/月になります。

これが1年目と2年目以降の料金が違う理由です。

ちなみに、もう一つの「スマトク割」「長期利用割引」はそれぞれ別物ですが、「スマトク割」が終わったと同時に「長期利用割引」が始まるので実質的に永年-1,000円/月の割引になることもありあまり存在が知られていませんが、後述する無料通話なしの一般的なプランとの差別化のために設定されるのではないかと考えられます。

イチキュッパ割・スマトク割・長期利用割引の割引期間

「増量オプション」とは

増量オプション加入でデータ容量がずーっと最大+7GB

次は、2年間無料の「増量オプション」についてです。

現在、UQモバイルでは本来は500円/月の「増量オプション」をおしゃべりプラン・ぴったりプランの契約者を対象に2年間無料にしています。

これによりプランSは2GB/月→3GB/月、プランMは6GB/月→9GB/月、プランLは14GB/月→21GB/月とキャリア並みのデータ量が使えるようになります。

「増量オプション」適用時のデータ量

(おしゃべり・ぴったり)プランS 2GB → 3GB
(おしゃべり・ぴったり)プランM 6GB → 9GB
(おしゃべり・ぴったり)プランL 14GB → 21GB

2年間が経過すると「増量オプション」の無料期間が終わり、有料(500円/月)になるため、不要な方は外しても構いません
とは言え、毎月9GBや21GBというデータ量に慣れてしまうとなかなか元には戻れませんよね。

実は、「増量オプション」の無料期間は機種変更をすると更新されるので、UQモバイルを利用する方は2年間を目処にスマートフォンを買い換えるのがオススメです。

補足説明になりますが、「増量オプション」で増加した分のデータ量は専用アプリで「データチャージ」を行う必要があります

プランSなら2GB、プランMなら6GB、プランLなら14GBを使い切った時点で通信速度が最大300Kbpsの低速モードに切り替わってしまいますので、余裕を持ってデータ量をチャージしておきましょう。

UQモバイル公式:増量オプション適用分のチャージ方法について

UQモバイルの「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」の特徴は2年間無料の「増量オプション」で大容量のデータ通信を楽しみつつ、一般的な格安スマホではオプション扱いの無料通話をお得に使える点です。

2年目以降は料金が変わるなど少し複雑な点もありますが、事前に知っているなら問題ありませんよね。
料金設定も格安スマホと呼ばれるだけあって安く、通信費を抑えるためにUQモバイルに乗り換えてみたくなる内容と言って良いでしょう。

増量オプションを付けてもデータが足りない場合でも

UQモバイルでは、データ容量を使いすぎたときの裏技に回線速度を最大300kbpsに落とすことでデータ消費カウントをさせないようにする「ターボOFF(節約モード)」といった機能も用意されています。(UQ mobile ポータルアプリでモードを切り替えて使用します)

格安スマホ系の一般的なプランも選べます

「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」以外にも、UQモバイルでは次の4つのプランをが選べます。

データ高速プラン(データ専用)

月額料金
(税抜)
980円
通話 なし
データ量 3GB

データ高速+音声通話プラン

月額料金
(税抜)
1,680円
通話 20円/30秒(国内通話料)
データ量 3GB

データ無制限プラン(データ専用)

月額料金
(税抜)
1,980円
通話 なし
データ量 無制限(ただし、通信速度は最大500kbps)

データ無制限+音声通話プラン

月額料金
(税抜)
2,680円
通話 20円/30秒(国内通話料)
データ量 無制限(ただし、通信速度は最大500kbps)

上記の4プランはいずれも格安スマホの一般的なプランに近いプランで、「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」のような無料通話は付いてなく、UQ家族割などここで登場した各種割引キャンペーンの対象外となっている点は注意が必要です。

しかし、UQモバイルは無料通話付きのプランがおトクに使える他にも、auのサブブランドならではの高速回線を使えるというメリットがあります。

UQモバイル公式:その他の料金プラン

一般的な格安スマホの10~15Mbpsという通信速度に対して、UQモバイルは30Mbpsと倍以上の速度が出ることもあるので回線が混雑する時間帯でもストレスなくスマートフォンが使える傾向があります。
格安スマホ選びで通信速度を重視する方は、無料通話なしのプランでもUQモバイルの利用を検討してみる価値があると言えます。

また、最大500Kbpsまでと少し速度が落ちるもののデータ通信を無制限で使える「データ無制限プラン」は一般的な格安スマホでの取り扱いが少ない、比較的珍しい料金プランです。
500Kbpsの通信速度でも音楽ストリーミングやゲームアプリは充分に楽しめるので、特に高速通信は必要ないというユーザーの方にはメリットの多いプランになっています。

UQモバイルのおトクな入会キャンペーン

自宅用のインターネット回線を代理店で申し込むと多額のキャッシュバックなどの特典が貰える、という節約術を知っている方もいらっしゃるかと思います。
実は、キャリアや格安スマホも申し込む窓口によって貰える特典や利用できる入会キャンペーンが異なるので、どういった経路で入会するのかを事前によく調べるのが重要です。

UQモバイルもいくつかの代理店が特典付きの入会キャンペーンを展開しているのですが、調査したところ一番おトクなのは公式サイトからの申し込みだと判明しました。
最後に、UQモバイルの公式が展開中の入会キャンペーンを紹介します。

UQ mobile 下取りサービス

UQ mobile 下取りサービスはMNP、新規契約、機種変更のユーザーを対象に、「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」の申し込みを条件として手持ちの端末を下取りに出すことで税込で最大25,920円(1,080円×24回)の割引が受けられるキャンペーンです。

キャリアや他の格安スマホからMNPでUQモバイルに転入しようと考えている方はこちらの下取りサービスと、先ほど紹介したキャッシュバックキャンペーンを組み合わせるとかなり厚い特典を受けられます。
格安スマホでこれだけの条件を出しているブランドはほとんどありませんので、こういった特典の豪華さもキャリアのサブブランドだからこそ得られる恩恵ではないでしょうか。

注意点としては、端末の下取り時に破損や水濡れ等があると下取りができずキャンペーンの対象外になってしまいます。
気になる方は、UQモバイル専売店の「UQスポット」等で一度端末の状態を見てもらうと安心ですね。

UQモバイル公式:UQ mobile 下取りサービス

まとめ

UQモバイルの主力プランとしては、おしゃべりプランとぴったりプランの国内無料通話の扱いが違う2種類のプランとデータの容量の違う3種類の合計6種類のプランがあります。

主力プラン以外では、一般的な格安スマホの料金プランに近い4種類のプランもあります。

UQモバイルの料金プランは少し分かりづらいものの、一般的な格安スマホの料金プランにはない国内無料通話タイプの料金プランがあること、しっかりとした通信速度を持つ通信回線を持っている点はUQモバイルの魅力といえます。

UQモバイルを利用したくなった人はこちら

おすすめの関連記事
UQモバイルの特徴・サービス・メリット携帯・スマホ料金プランの仕組み