ソフトバンクの「おうち割光セット」徹底解説!キャンペーンの条件やメリットは?

ソフトバンクのおうち割光セット解説

主要な携帯会社のキャンペーンのひとつに、携帯電話・スマホのほかに家庭のブロードバンド環境(固定電話&ネット環境)も携帯会社指定のものとまとめてセットで利用していると毎月のスマホ・携帯電話の月額料金の割引特典を受けられるものがあります。

たとえばauであれば「auスマートバリュー」などがそれにあたりますが、ソフトバンクにもその割引があります。それは「おうち割光セット」。ソフトバンクの「おうち割」シリーズの一番メジャーなものでブロードバンド環境とのセット割がこれに当たります。

今回はこの「おうち割光セット」キャンペーンについてソフトバンク公式ページの内容と見比べながら徹底解説していきたいと思います。ソフトバンクのおうち割光セットの特典内容・対象となるプロバイダや適用条件をはじめ、メリット・デメリットなど、できるだけ詳しくご紹介していきます。

ワイモバイル版「おうち割光セット(A)」の記事をお探しのかたはこちらをご覧ください。

ワイモバイルの「おうち割光セット(A)」解説!割引内容やソフトバンク版との違い
主要な携帯会社をはじめワイモバイルでもキャンペーンのひとつに、スマホのほかに家庭のブロードバンド環境(固定電話&ネット環境)も携帯会社指定の...
スポンサーリンク

おうち割光セットとは

ソフトバンクのおうち割光セットとは、ソフトバンクのスマホ・ケータイを利用し、さらに家のブロードバンド環境(ネット&固定電話)をソフトバンク指定のプロバイダを利用することで2年~永年で毎月のスマホ・携帯料金を1台あたり1,000円(3Gケータイのプランの場合は500円)の割引を受けることができるキャンペーンです。

ここでのポイントは簡単にいうと3つあります。

  • キャンペーン利用でスマホ・ケータイの月額料金が1台あたり税抜で1,000円割引になる※3Gケータイや一部のプランは500円割引になるものもある
  • 家のブロードバンド環境(ネットと固定電話)はソフトバンク指定のサービスから選択する※ブロードバンド環境は新規契約でも既に利用中のどちらでも問題ない
  • 割引期間は解約などをせず、利用しているかぎりは一部を除き永年適用される

おうち割 光セット
ソフトバンク公式ページを見ると「ご自宅のインターネットをソフトバンクのスマホ・ケータイとセットにすると」と書かれていて、インターネットはどれでも良さそうな印象があるかもしれませんが、公式ページ後半に対象のサービスの記載があるように、ソフトバンク指定のサービスに加入する(加入している)必要があります

光セットは「光回線」の「光」を指しているのは想像がつくと思いますが、セットとするブロードバンド環境はネットだけで良いかもと思いたくなりますが、セットとなるサービスの組み合わせとしては、ネットのほかに固定電話も含む形のセットやオプションの組み方になっているものが多いです。(「SoftBank 光の場合は指定オプション(500円~)/月」が固定電話にかかっている内容です。)
「自分は1,000円割引なのか?500円割引なのか?」と一見迷いそうですが、これからソフトバンクを利用しようとするスマホユーザーの場合は現在のソフトバンクの主力プランである「データ定額 50GBプラス(言いかえるとウルトラギガモンスター+(プラス)」または「ミニモンスター」を選択することになりますので、1,000円割引に該当してきます。

割引の適用期間についてですが、2年なのか永年なのか判断に迷いますが、2年で終わる対象のサービスは非常にマイナーなものなので、ほとんどの利用者は永年適用するサービスをセットにすることになると思います。

対象のスマホ・ケータイ機種

おうち割光セットの対象機種

ソフトバンクの「おうち割光セット」を利用することができる機種は、iPhoneやiPad、各種スマホをはじめほとんどの機種が対象となっています。

対象外になる機種

ソフトバンクの「おうち割光セット」を利用できない機種が一応存在しますのでご紹介します。対象外となる機種はかなり昔のスマホのため、該当する人はほとんどいないと思います。(2019年3月14日時点)

  • dynapocket X02T(2009年12月11日発売)
  • X01SC(2009年12月18日発売)
  • HTC Desire X06HT(2010年4月27日発売)
  • TOUCH DIAMOND X04HT(2008年11月8日発売)
  • TOUCH PRO X05HT(2008年12月5日発売)
  • X01T(2007年12月8日発売)
  • X03HT(2008年4月25日発売)
  • X02K(発売日不明)
  • X02HT(2007年9月21日発売)

割引金額

ソフトバンクの「おうち割光セット」の割引金額は利用するケータイ・スマホのプランにより1,000円引きか500円引きになるかの違いがあります。ここでは「おうち割光セット」の割引が適用されるプランをご紹介します。

「おうち割光セット」は既に長い期間行われているキャンペーンのため、対象となるプランが現在新規申し込みできるプランのほかに申し込みできないプランも対象となっているため、分けて解説していきます。

新たに申込できないプランでも、プラン自体を利用し続けている人もいますので、その人たちも割引対象になっていると考えてください。

ここでご紹介している対象プランは2018年1月17日以降に申し込んだ場合の条件のため、2018年1月16日以前よりおうち割光セットを利用している人の条件とは違っています。

また、公式ページで掲載されているプランは一部のプランでほかにも適用対象になるプランがいくつかあります。すべて羅列するとキリがないため、公式ページで紹介されている対象のプランを仕分ける形で解説していきます。

対象プラン(4Gスマホ向け・新規申込可能なプラン)

おうち割光セットの割引金額(通話基本プランの場合)

これからソフトバンクのスマホを契約しようとした場合の現在の主力プランである「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」はおうち割光セットの対象プランになり、1台あたり1,000円/月の割引になります。(ほとんどの人はこのプランになるかと思います。)

対象プラン名(スマホ) 毎月の割引料金(税抜)
ウルトラギガモンスター+※「データ定額 50GBプラス」を指しています -1,000円/台
ミニモンスター -1,000円/台
ソフトバンク『ウルトラギガモンスター+(プラス)』徹底解説。料金や特徴・家族割など
現在のソフトバンク主力となっているデータ通信プラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と「ミニモンスター」の2つの料金プラン。 ウル...
ソフトバンク「ミニモンスター」のプラン徹底解説。料金は高いの?安いの?
現在のソフトバンク主力となっているデータ通信プラン「ミニモンスター」と「ウルトラギガモンスター+(プラス)」の2つの料金プラン。 ミニ...

対象プラン(ケータイ向け・新規申込可能なプラン)

ソフトバンクのスマホではなく、ケータイ(ガラケー)を契約しようとした場合は、プランが違ってきます。ケータイのプランで「おうち割光セット」の割引対象になるプランは以下のプランになります。

ケータイ
回線タイプ
対象プラン名(ケータイ) 毎月の割引料金(税抜)
4G ウルトラギガモンスター※「データ定額 50GB」を指しています -1,000円/台
4G ギガモンスター20GB※「データ定額 20GB」を指しています -1,000円/台
4G データ定額 5GB -1,000円/台
4G データ定額ミニ 2GB※スマ放題ライト選択の場合は適用不可 -500円/台
4G データ定額ミニ 1GB -500円/台
3G データ定額(3Gケータイ) -500円/台

※かつては4Gスマホでもデータ定額50GB/20GB/5GB、データ定額ミニ2GB/1GBの申込ができましたが、2018年9月5日で新規申込受付を終了しています。(新規申込の受付は終了していますが、現在スマホ利用者でこれらのプランを利用している人は「おうち割光セット」の割引対象に含まれます。)

おうち割光セットの割引金額(スマ放題/スマ放題ライトの場合)※現在申込みができるものとできないものが混在しているので混乱しやすいです。。。

対象プラン(iPad、タブレット、Wi-Fi向け・新規申込可能なプラン)

ソフトバンクのスマホやケータイ以外の通信端末用の一部プランも「おうち割光セット」の割引適用できるプランがあります。割引対象となるプランは以下のプランです。

プラン種類 対象プラン名 毎月の割引料金(税抜)
4G LTE対応
iPad用
(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE -500円/台
タブレット用 (タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G -500円/台
Wi-Fiルーター用 4G/LTEデータし放題フラット -1,000円/台
Wi-Fiルーター用 4Gデータし放題フラット+ -1,000円/台

おうち割光セットの割引金額(その他の料金プランの場合)※このプラン表も現在申込みができるものとできないものが混在しているので混乱しやすいです。。。

対象プラン(新規申込が終了しているプラン)

現在、おうち割光セットの適用対象のプランではあるものの、該当のプラン自体の新規申込が終了してしまっているプランは以下のものになります。

対象プラン名 毎月の割引料金(税抜)
データ定額(おてがるプラン専用)(2018年9月5日新規申込受付終了) -500円/台
パケットし放題フラット for 4G LTE(2018年6月27日新規申込受付終了) -1,000円/台
パケットし放題フラット for 4G(2018年6月27日新規申込受付終了) -1,000円/台
パケットし放題フラット for スマートフォン(2018年6月27日新規申込受付終了) -1,000円/台
パケットし放題MAX for スマートフォン(2018年6月27日新規申込受付終了) -1,000円/台
パケットし放題フラット for シンプルスマホ(2018年6月27日新規申込受付終了) -500円/台

適用条件

おうち割光セットの適用条件

ソフトバンクのおうち割光セットの適用条件を簡単にまとめると以下の条件になります。

  • 対象のプラン・対象の機種を利用していること
  • セットとなるソフトバンク指定の固定通信サービスを利用(これから開通させる人は契約成立)していて、ソフトバンク側で利用(または契約成立)されていることが確認できていること(これから開通させる人は申込み後180日以内に開通できないと割引適用が終了します)
  • 固定通信サービスの契約者を証明する本人が契約するか契約者の家族であることが分かる確認書類を用意する)
  • 学割放題」との併用適用ができない(「学割放題」の特典期間が終わったら「おうち割光セット」の適用が始まる)

対象となるプランと固定通信サービスを利用することはこれまでの解説で想像できると思いますが、これ以外で押さえておきたいポイントとしては2点あります。

一点目は「おうち割光セット」は申込みをした段階で割引が適用開始になりません。毎月、月初の段階で、実際に対象となる固定通信回線を利用(または契約成立)しているかの確認をソフトバンクが行い、ソフトバンク側で利用していることが確認できたら割引が適用される仕組みになっているようです。そのため、最短の割引適用の開始のタイミングとしては申込みをした翌月からになります。

もう一点は2019年のソフトバンクの学割キャンペーンである「学割放題」の割引と併用して「おうち割光セット」との割引適用ができません。理由としては特典内容の一部がおうち割光セットとかぶっていることだったりするのですが、割引の併用しての適用はできませんが、「学割放題」の特典の割引期間は最初の3ヶ月のみで、学割放題の特典が終了した後は、「おうち割光セット」の割引が始まるので、「学割放題」と「おうち割光セット」の両方利用することができる人は、どちらか一方のキャンペーンを申し込むのではなく、両方のキャンペーンを申し込むようにしてください。

学割放題は25歳以下の人だけが利用できるキャンペーンなので、対象年齢以外の方であれば、二点目の内容はスルーして問題ありません。

2019年版ソフトバンクの学割は「学割放題」!特典内容・適用条件などを徹底解析
携帯会社各社から発表された「学割」キャンペーン。ドコモ・auと続き、最後はソフトバンクからも学割キャンペーンが発表されました。その名も「学割...

インターネットサービス1回線につき、携帯電話最大10回線まで適用

また、ソフトバンク光の公式ページ内に書かれている「おうち割光セット」箇所では解説がありますが、以下の2点も押さえておきましょう。

  • キャンペーンを適用する回線数は指定の固定サービス1回線に対して、スマホ・ケータイなどの回線は10回線が上限です。
  • 離れて住んでいる家族にも「おうち割 光セット」の割引適用ができる。

対象固定通信サービス・割引期間

おうち割光セットの対象固定通信サービスおよび割引期間

ソフトバンクの「おうち割光セット」で組み合わせる必要があるブロードバンド環境(ネットと固定電話)は10個のサービスのいずれかを利用していればキャンペーン特典を適用することができますが現在、新規加入ができるサービスとしてはごく一部です。新規加入ができるサービスとそうでないサービスで分けてご紹介します。

新規加入ができる対象固定通信サービス・割引期間

現在、新規加入ができる固定通信サービスでソフトバンクのおうち割光セットを適用できる対象サービスは以下の6つのサービスが該当します。

▼おうち割光セットの割引期間:永年

ほとんどの人が選択するSoftBank光とSoftBank Airについては、サービスの概要について少しご紹介いたします。

SoftBank光(ファミリー・ライト含む)

ソフトバンク光

ソフトバンク公式:SoftBank 光

おうち割光セットの割引期間:永年

SoftBank光はおうち割光セットと組み合わせるときに1、2を争うくらいの定番といえるくらいのソフトバンクの光回線サービスです。スピードは上下最大1GBbpsとなっていますが、マンション・戸建てでそれぞれ3タイプのプランがあり、その中で一番早いタイプのものの回線速度です。(料金はどれも変わらないので早いタイプのものを選択すると良いです。)

回線タイプ 光回線
通信速度

  • 【NTT東日本】ファミリー・ギガスピード
  • 【NTT東日本】マンション・ギガスピード
  • 【NTT西日本】ファミリー・スーパーハイスピード
  • 【NTT西日本】マンション・スーパーハイスピード
下り・上り最大1Gbps
通信速度

  • 【NTT西日本】ファミリー・ハイスピード
  • 【NTT西日本】マンション・ハイスピード
下り最大1Gbps
上り最大200Mbps
通信速度

  • 【NTT東日本】ファミリー・ハイスピード
  • 【NTT東日本】マンション・ハイスピード
下り最大1Gbps
上り最大100Mbps
通信速度

  • 【NTT東日本/西日本】ファミリー
  • 【NTT東日本/西日本】ファミリー・ライト
  • 【NTT東日本/西日本】マンション
下り・上り最大100Mbps
初期費用(SoftBank光)

光回線を引く場合には、避けて通れないのが開通工事と事務手数料が最初の1回必要になります。工事費用はかなり金額が大きいですが、実際は後ほど紹介するキャンペーンで基本的に相殺されます。

●開通工事費(税抜)
「フレッツ光ネクスト」利用の方
(転用の方)
工事不要
新規の方・インターネットをご利用でない方・フレッツ光ネクスト以外のフレッツ利用者 立会い工事あり※戸建・フレッツ光が導入されていないマンションの居住者 24,000円(24回分割払いの場合1,000円/月)
立会い工事なし※フレッツ光導入済みマンションの居住者 2,000円

※立会い工事にかかる時間は1時間程度

●事務手数料(税抜)
契約事務手数料 3,000円
月額利用料金(SoftBank光)

毎月利用の月額利用料金はほかの光回線のサービスと同様にマンションか一戸建てかで月額料金が変わります。

●ホーム(戸建住宅)の場合
エリア・回線タイプ 月額利用料(税抜)
【東日本エリア】

  • ファミリー・ギガスピード

【西日本エリア】

  • ファミリー・スーパーハイスピード

【東日本/西日本エリア】

  • ファミリー・ハイスピード
  • ファミリー
5,200円
【東日本/西日本エリア】

  • ファミリー・ライト
3,900円~5,600円※その月に利用したデータ量に応じて料金が変動

※2年自動更新プランの月額料金の場合です。更新月以外での解約の場合、9,500円の契約解除料が必要になります。自動更新なしの契約も可能ですが、月額料金が1,000円以上高くなります。

ファミリー・ライトのプランは料金が変動するタイプですが、ミニモンスターみたいにネットをあまりしないライトユーザー向けのプランになります。

●マンション(集合住宅)の場合
エリア・回線タイプ 月額利用料(税抜)
【東日本エリア】

  • マンション・ギガスピード

【西日本エリア】

  • マンション・スーパーハイスピード

【東日本/西日本エリア】

  • マンション・ハイスピード
  • マンション
3,800円

※2年自動更新プランの月額料金の場合です。更新月以外での解約の場合、9,500円の契約解除料が必要になります。自動更新なしの契約も可能ですが、月額料金が4,900円になります。

おうち割光セット適用に必要な加入オプション

ソフトバンクのおうち割光セットの適用にソフトバンク光に加入するのですが、ネットだけでは不十分で、固定電話にあたるオプションプランへの加入も必要になります。

いくつかの組み合わせがありますが、いずれかの組み合わせひとつを選択する必要があります。

●オプションサービスの組み合わせと月額料金
オプションサービス(3つのオプションを組み合わせる) 月額料金
(税抜)
<2つはどれも共通>

  1. 「光BBユニットレンタル」
  2. 「Wi-Fiマルチパック」または「Wi-Fi地デジパック」
+「ホワイト光電話」基本プラン 500円
+「ホワイト光電話」基本プランα 1,000円
+「ホワイト光電話」だれとでも定額 for 光電話 1,500円
+「光電話(N)」および「BBフォン」基本プラン(N) 500円
+「光電話(N)」および「BBフォン」スマート基本プラン(N) 1,500円
+BBフォン 500円

つまり、ネットの月額利用料と固定電話のオプションサービスの500円~1,500円を合計した料金が毎月支払う固定通信サービスの利用料となります。

SoftBank光の公式キャンペーン

ソフトバンク光の公式キャンペーンで以下のようなキャンペーンを展開しています。

●「Softbank光」公式のキャンペーン
公式キャンペーン名 概要
あんしん乗り換えキャンペーン 乗り換え時の他社へのプロバイダ違約金・撤去工事費最大10万円まで還元※ソフトバンクと提携しているケーブルライン取り扱いCATV事業者のブロードバンド回線利用者は対象外
公式サイト限定!総額200万円分プレゼントキャンペーン
(2019年3月31日まで)
SoftBankの公式サイトからの申込み限定

Softbank光、Softbank Airの申込者のなかから抽選で10万円分の普通為替が毎月10名にあたるキャンペーン

おトクな光回線工事費キャンペーン フレッツ光からの転用以外の人が対象

以下のいずれか1つを選択。

  • 月額利用料金を1,000円×最大24ヶ月割引
  • 最大24,000円キャッシュバック
  • SoftBank光の回線工事費無料
申込みは代理店経由がおすすめ

SoftBank光の申込みを考えている人はソフトバンクショップやSoftbank光の公式ページでと考えるところですが、実は代理店経由で申し込むことをオススメします。理由は、代理店独自で展開しているキャッシュバックなどのキャンペーンを行っており、その特典もあわせて手に入れることができるためです。

いくつかソフトバンク光の代理店があるので、広告バナーですがキャッシュバック金額なども記載しているもので一例をご紹介します。

●「SoftBank光」を取り扱う代理店
代理店名 広告バナー
(キャッシュバック金額表記付き)
株式会社S&Nパートナー
株式会社NEXT
株式会社アウンカンパニー
株式会社エヌズカンパニー

SoftBank Air

ソフトバンク Air

ソフトバンク公式:SoftBank Air

おうち割光セットの割引期間:永年

SoftBank Airはおうち割光セットと組み合わせるときに1、2を争うくらいの定番のもう片方のソフトバンクのWi-Fi回線サービスです。スピードは最新のAirターミナル3の機種であれば、下りで最大350Mbpsとなっていますが、Wi-Fiとあるようにフレッツなどの光回線ではなく、Wi-Fiタイプです。ソフトバンク光と比べると少し遅い点はありますが、工事が不要だったり導入までは非常に楽なタイプのサービスです。(SoftBank Airについては固定電話にあたるものをつける必要はないサービスです)

カンタン、おうちのWi-Fi!SoftBank Air!
回線タイプ Wi-Fi
通信速度(Airターミナル3) 下り最大350Mbps

※Airターミナル3は3代目の機種で1代目(下り最大110Mbps)、2代目(下り最大261Mbps)と比べ通信速度が高速化されています。

ターミナルの端末にはLANポートが付いていますので、家のパソコンなどとの接続はLAN接続はもちろんできます。

初期費用(SoftBank Air)

SoftBank Airはターミナルをコンセントに刺すだけなので工事費用がかかりません。ただし、事務手数料の3,000円だけは最初の1回必要になります。

●事務手数料(税抜)
契約事務手数料 3,000円
月額利用料金(SoftBank Air)

毎月利用の月額利用料金はほかの光回線のサービスと同様にマンションか一戸建てかで月額料金が変わります。(おうち割を適用するかどうかで一部割引の適用内容が変わるものがあるため、両方のパターンで料金を出しています)

●Airターミナルを購入する場合(税抜)
SofBank Airのみ SofBank Airのみ
+おうち割 光セット
基本料金 4,880円
Airターミナル割賦金
(36回分割払い)
実質0円※厳密には1,500円×36回払いだが、月月割で同じ金額を割引
はじめようSoftBank Air割(24ヶ月目まで) -1,080円 -580円
合計(24ヶ月目まで) 3,800円 4,300円
合計(25ヶ月目以降) 4,880円
●Airターミナルをレンタルする場合(税抜)
SofBank Airのみ SofBank Airのみ
+おうち割 光セット
基本料金 4,880円
Airターミナルレンタル料 490円
はじめようSoftBank Air割(24ヶ月目まで) -1,080円 -580円
合計(24ヶ月目まで) 4,290円 4,790円
合計(25ヶ月目以降) 5,370円

※Softbank Airは2年契約(自動更新)になるため、更新月以外での解約の場合、9,500円の契約解除料が必要になります。

ソフトバンク光のマンションタイプと比べるとそれほど金額メリットが多くなさそうに見えますが、一戸建てタイプと比べると料金は割安な感じになっています。

SoftBank Airの公式キャンペーン

ソフトバンクAirの公式キャンペーンは以下のようなキャンペーンを展開しています。

●「Softbank Air」公式のキャンペーン
公式キャンペーン名 概要
あんしん乗り換えキャンペーン 乗り換え時の他社へのプロバイダ違約金・撤去工事費最大10万円まで還元※ソフトバンクと提携しているケーブルライン取り扱いCATV事業者のブロードバンド回線利用者は対象外
公式サイト限定!総額200万円分プレゼントキャンペーン
(2019年3月31日まで)
SoftBankの公式サイトからの申込み限定

Softbank光、Softbank Airの申込者のなかから抽選で10万円分の普通為替が毎月10名にあたるキャンペーン

はじめようSoftBank Air割 最初の24ヶ月間の間、月額料金を1,080円または580円割引するキャンペーンです。※「おうち割 光セット」適用する場合は580円割引のほうになります。
申込みは代理店経由がおすすめ

SoftBank Airの申込みを考えている人はソフトバンクショップやSoftbank Airの公式ページでと考えるところですが、ソフトバンク光と同様に代理店経由で申し込むことをオススメします。代理店独自の特典もあわせて手に入れることができるためです。

ソフトバンク Airの代理店を、広告バナーですがキャッシュバック金額なども記載しているものでご紹介します。

●「SoftBank Air」を取り扱う代理店
代理店名 広告バナー
(キャッシュバック金額表記付き)
株式会社NEXT

※先ほどのソフトバンク光でご紹介している代理店でも取り扱いがあったりしますが、Softbank Airのバナーが確認できたところでご紹介しています。

新規加入申込みが終了した対象固定通信サービス・割引期間

現在、新規加入申込みが終了してしまった固定通信サービスでソフトバンクのおうち割光セットを適用できる対象サービス4つあります。

▼おうち割光セットの割引期間:永年

▼おうち割光セットの割引期間:2年間

メリット

ソフトバンクのおうち割光セットのメリットは、特定のプランと固定通信サービスを利用することで月額料金を契約している台数分割引が適用される点に尽きます。

また、「ウルトラギガモンスター+」を選択した場合に利用できる家族割サービスの「みんな家族割+」とのキャンペーンとの併用もできるため、家族まとめて、固定通信サービスもまとめてで契約すると、大きな割引になり、月額料金もかなり抑えることができるようになります。

デメリット

ソフトバンクのおうち割光セットのデメリットはキャンペーンを利用することによる大きなデメリットは特にはありませんが、セットとする固定通信サービスは指定されているため、対象外の固定通信サービスが選択できない点と、ほかの固定通信サービスからソフトバンク指定のソフトバンク光などの固定通信サービスに乗り換える際に、解約や申込などの手間がある点はデメリットと考えても良さそうです。

ただ、固定通信サービスは長期利用による特典が基本的になく、長期利用のメリットがないサービスなので、どうしてもそのサービスでなければ駄目といった理由がないかぎりは乗り換えのキャンペーンによるキャッシュバックなどの特典をもらって、この機会にソフトバンク光やAirに乗り換えてみるのも通信費用の削減のひとつの手段として検討しても良いかもしれません。

まとめ

ソフトバンクの「おうち割光セット」はソフトバンクのスマホ・携帯電話とソフトバンク指定の固定通信サービスをセットで利用することでスマホ・ケータイ1台あたり月額で1,000円または500円の割引を受けられるキャンペーンです。

組み合わせる固定通信サービスの主なものは「SoftBank光」または「SoftBank Air」ですが、ソフトバンクショップや公式サイトで申し込むより、代理店を経由しての申込みの方が独自の特典もあわせてもらえるのでオススメです。

いかがでしたでしょうか?
次回もまたお楽しみに!

↓ソフトバンクを利用したくなった人はこちら
ソフトバンクオンラインショップ
↓ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもおすすめ
おとくケータイ
スマホ乗り換え.com

おすすめの関連記事

MNPの手順と得する携帯ショップの選び方

MNP(乗り換え)の手順と得する携帯ショップの選び方。すべて教えます!
現在3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を契約中で、他社に乗り換え(MNP)したいけど手順がわからない!どのお店で契約すれば得するの?...

ソフトバンクの料金プラン解説(初心者向けガイド)

携帯料金の見直し!携帯・スマホ料金プランの仕組みが全く分からない人向けガイド
普段から使っている携帯電話やスマートフォン。とても便利で生活に欠かせないものだけど毎月支払う携帯代が高い(気がする)。だから、違う携帯会社に...