2019年12月6日開始のソフトバンク「SoftBank学割」解説。特典内容や前回の学割との違いは?

2019年-2020年の学割「SoftBank学割」徹底解説

今年も「学割」の季節がやってきました。2019年11月からauが「auの学割」を発表したことを皮切りにドコモ、ワイモバイル、UQモバイルが続き、最後にソフトバンクでも「SoftBank学割」を発表しました。キャンペーン期間は2019年12月6日から2020年の6月1日までです。

先生

今回のSoftBank学割の終了日は少し前に学割を発表したワイモバ学割と同じ6月1日と、よくある5月31日ではなく1日延長した期間になっています。

今回は2019年から2020年にかけてソフトバンクが実施する「SoftBank学割」について徹底的に解説していきたいと思います。学割の内容や対象者・特典の条件や前回の学割との違いなどについてできるだけ分かりやすくお伝えできればと思います。

ソフトバンク以外の携帯会社の学割記事を見たい方はこちらの記事をどうぞ

受付期間はいつからいつまで

「SoftBank学割」の受付期間2019年12月6日(金)から2020年6月1日(月)までです。

先生

ほかの携帯会社の学割と比べると開始する時期が遅いですが、前回のソフトバンクの学割「学割放題」(2018年12月21日から2019年5月31日まで)と比べると約2週間ほど早く学割が始まっています。

特典内容・対象者

まずは本題となる2019年~2020年の「SoftBank学割」の特典内容から説明していきます。

特徴

今回の「SoftBank学割」は既に発表しているほかの携帯会社の学割とは少し路線を変え、一定期間の割引だけではなく、契約するプランにより複数の特典を付け、複合技でアプローチしています。

ほかの携帯会社では月額料金の割引のみの展開をしていますが、今回のソフトバンクの学割については、期間限定のデータ増量といった独自の特典を打ち出しています。

ただ、複数の特典があるためか、対象年齢も3大キャリアでは定番だった25歳以下ではなくなり、少し対象を絞っているのも今回の学割の特徴です。

特典は4種類

2020年の「SoftBank学割」の特典内容は以下の4種類が用意されています。ただし、すべての特典が利用できるわけではなく、選択するプランによって利用できる特典が変わりますが、プランによっては複数の特典が利用できます

  1. 割引
  2. ギガ使い放題
  3. 追加1GB
  4. でんき

それでは、それぞれの特典内容について解説します。

特典1:割引

ウルトラギガモンスター+、ミニモンスターが対象プラン

1つ目の特典の「割引」は、以下の条件を満たすことで基本料金である「基本プラン(音声)」の月額料金980円が6ヶ月間無料になります。
※無料期間は学割を申し込んだ翌月から6ヶ月間

SoftBank学割 特典(割引)の適用条件

  • 対象プランデータプラン50GB+ または データプランミニ
    ※言いかえるとウルトラギガモンスター+またはミニモンスターが対象プランです。
  • 対象年齢:5歳から22歳まで(25歳までで無い点には注意)
    ※対象年齢であれば学生である必要はありませんが、学割対象者の本人確認書類は必要です。
    ※学割申込時点の年齢のため、特典適用期間中に23歳になっても特典は継続します。
  • 新規契約MNP(ワイモバイルからの番号移行含む)機種変更3G通信契約と4G通信契約との間の契約変更(古いガラケーやみまもりケータイのプランから上記の対象プランに変更する など)

※SoftBank学割は自動適用ではないため、申し込みが必要です。

スマホ以外にケータイでも割引適用は可能

割引適用となる対象プランがデータプラン50GB+またはデータプランミニのため、同じ基本プラン(音声)を利用する4Gケータイの場合でも割引特典の適用は可能です。
※ただし、ケータイは大容量データを使うのは非常にレアケースなので利用者はほとんどいないとは思いますが・・・

ただし、通話機能のないタブレットやPocket WiFiについては、データプラン50GB+やデータプランミニを選択できるものの、基本プランが「基本プラン(データ)」になってしまうため割引の対象外になります。

特典2:ギガ使い放題

ウルトラギガモンスター+が対象プラン

2つ目の特典の「ギガ使い放題」は、以下の条件を満たすことで最大1年間実質無制限プランになり、データ使い放題になります
※混雑時間帯での動画視聴については通信制御で速度が落ちる場合もあるようです。(通信制限ではないため、最大128kbpsまで落とされるというわけではなさそうです。)
※契約形態によって、学割申し込みの初月から適用(新規契約またはMNPの場合)されるか、翌月から適用(新規契約、MNP以外の場合)されるかが異なります。(初月から適用の場合で、月半ばに申し込んだ場合、初月は丸1ヶ月の期間にならないので最大1年間となっています)

SoftBank学割 特典(ギガ使い放題)の適用条件

  • 1の「割引」特典が適用されていること
  • 対象プランデータプラン50GB+ または データプラン50GB+(データシェアプラス)
    ※言いかえるとウルトラギガモンスター+(もしくは親回線のプランがウルトラギガモンスター+で子回線でデータシェアを付けている)が対象プランです。

※SoftBank学割は自動適用ではないため、申し込みが必要です。

ギガ使い放題期間中のプラン変更は注意

SoftBank学割を申し込んだ時点でウルトラギガモンスター+の場合には、ギガ使い放題特典が付いてきますが、特典期間中にミニモンスターなどほかのプランに変更してしまうと、ギガ使い放題特典が終了してしまいます。
また、学割申込時点ではミニモンスターだった人が途中からウルトラギガモンスター+に変更してもギガ使い放題特典は適用されないので、ギガ使い放題特典を受けたい人は学割申し込み時点ではウルトラギガモンスター+にして、特典の期間中はほかのプランに変更しないよう注意しましょう。

「ギガ使い放題」と「動画SNS放題」は別物です

ウルトラギガモンスター+(プラス)といえば、TwitterやYouTubeなど一部のアプリ・サービスのデータ消費カウントがされなくなる「動画SNS放題がありますが、「ギガ使い放題」については、国内のすべてのデータ通信(SMS(携帯番号宛のメール)の送受信は除く)の消費カウントがなくなる特典で別物です。

国内のあらゆる通信のデータ消費カウントが無いので、auのデータ無制限プランの「auデータMAXプラン Netflixプラン」や「auデータMAXプランPro」のようなものが1年間利用できる大容量プランと考えると分かりやすいかもしれせん。
※auデータMAXプラン2種についても動画視聴については通信制御されている点はあるので、この点でもauに負けていません。

1年間の「ギガ使い放題」特典が終了しても、「動画SNS放題」が残るので、カウントフリーになるアプリ・サービスを利用する人は上限の50GBを超える高速データ通信も可能です。

先生

ギガ使い放題は2019年9月までウルトラギガモンスター+で行っていたキャンペーンでしたが、今回の学割対象者にのみ特典受付を開放した感じになっています。

特典3:追加1GB

スマホデビュープランが対象プラン

3つ目の特典の「追加1GB」は、以下の条件を満たすことで1年間、追加データ(1GB)の購入金額が毎月1回まで無料になり、つまり1GB多く高速データ通信ができるようになります。
無料で購入できる期間は学割を申し込んだ翌月から12ヶ月間学割を申し込んだ初月は、追加データ1GB無料にならない点は注意しましょう。)

SoftBank学割 特典(追加1GB)の適用条件

  • 対象プラン(基本プラン)基本プラン(音声)であること
    ※特典「割引」と同じように基本プラン(データ)は対象外
  • 対象プラン(データプラン)データプラン1GB(スマホ) または データプラン1GB(ケータイ)であること
    ※言いかえるとスマホデビュープランが対象プランです。
  • 対象年齢:5歳から15歳まで(特典「割引」より年齢幅が狭い点には注意)
    ※対象年齢であれば学生である必要はありませんが、学割対象者の本人確認書類は必要です。
    ※学割申込時点の年齢のため、特典が適用されている期間中に16歳になっても特典は継続します。
  • 新規契約MNP(ワイモバイルからの番号移行含む)機種変更

※SoftBank学割は自動適用ではないため、申し込みが必要です。

スマホデビュープラン(新規契約で学割対象者のみの特例)
スマホデビュープランについて

通常であれば、スマホデビュープラン現在ケータイ(ガラケー、みまもりケータイ、キッズ向けケータイなど)を使っている人が契約できる料金プランで、ケータイを持っていない新規契約者については契約できない料金プランですが、今回のSoftBank学割期間中で学割適用対象者(5歳から15歳まで)については、新規契約の場合でも特例でスマホデビュープランで契約することができるようになっています

初めて子供にスマホを試しに与えてみたいという人には「スマホデビュープラン」は料金が安くお手軽なプランなので、今回の学割を機会に検討しても良いかもしれません。

特典4:でんき

ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター、スマホデビュープランが対象プラン

でんきとセットで学割がさらにおトク

4つ目の特典の「でんき」は、以下の条件を満たすことで6ヶ月間電気料金が10%割引(エリアによっては1,000円割引)になります。
※割引の開始時期はエリアや請求締め日によって異なりますが、割引適用を開始した月から6ヶ月間割引されます。(最短でも2020年3月以降からの割引適用開始になっています。)

対象エリア 割引額(税抜)
・北海道電力エリア
・東北電力エリア
・東京電力エリア
・中部電力エリア
・関西電力エリア
・中国電力エリア
・四国電力エリア
・沖縄電力エリア

電気代の10%相当割引 × 6ヶ月間

・北陸電力エリア
・九州電力エリア
1,000円割引 × 6ヶ月間

SoftBank学割 特典(でんき)の適用条件

  • 1の「割引」、または3の「追加1GB」の特典が適用されていること
  • 学割キャンペーン期間中に「おうち割でんきセット(M)」に新規加入すること
    ※「おうち割 北陸電力 でんきセット(M)」、「おうち割 九州電力 でんきセット(M)」でもOK
    2020年8月31日までにおうち割でんきセットの適用が開始されていること。
「おうち割でんきセット」について

おうち割といえば、家のネット回線をソフトバンク光やソフトバンクエアーなどのセット割で適用できる「おうち割光セット」が代表例ですが、普段利用している電気会社をソフトバンク「おうちでんき」にすると利用できるセット割の「おうち割でんきセット」もあり、今回の学割で初めて「おうち割電気セット」が学割特典の対象に加わっています。

おうち割でんきセットでは、上記学割による割引適用もありますが、それ以外に通常期間でも、2年目まではスマホ・ケータイ代が1回線につき毎月100円割引に、3年目以降も1回線につき50円割引になる特典および従量料金部分が毎月1%割引になる特典が付いています。

※電気会社で契約しているプランからおうちでんきに変更した場合、一部のプラン(例:電化上手)については変更した場合、電気代が高くなるものもあるため、現在の電気代がおうちでんきにすることで料金がどのくらい変わるかは、申し込みの前に必ず確認しておきましょう。

↓おうち割でんきセットについて詳しくは
ソフトバンク公式:おうち割でんきセット

対象プラン別の特典比較をまとめると

SoftBank学割を対象プラン毎に特典内容を比較すると以下の表のようになります。

対象プラン別「SoftBank学割」特典内容比較表

  ウルトラギガモンスター+ ミニモンスター スマホデビュープラン
特典1
割引
適用可能 適用可能 適用不可
特典2
ギガ使い放題
適用可能 適用不可 適用不可
特典3
追加1GB
適用不可 適用不可 適用可能
特典4
でんき
適用可能 適用可能 適用可能
対象年齢 5歳から22歳  5歳から15歳
高速データ通信上限/月 50GB
※完全定額
50GB
※4段階制定額
1GB
※完全定額
※特典3適用で+1GB
先生

一番特典が厚いのは大容量データ定額プランの「ウルトラギガモンスター+(プラス)」です。

前回の学割「学割放題」との違い

前回のソフトバンクの学割は「学割放題」でしたが、前回の学割は「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」の月額料金が3ヶ月間割引になるものでした。

  SoftBank学割
(「割引」特典のみ)
学割放題
※2019年5月31日で新規受付終了
ウルトラギガモンスター+ 980円×6ヶ月間 割引
(5,880円分)
※5歳から22歳まで
4,500円×3ヶ月 割引
(13,500円分)
※25歳以下
ミニモンスター 980円×6ヶ月間 割引
(5,880円分)
※5歳から22歳まで
2,980円×3ヶ月間 割引
(8,940円分)
※25歳以下
スマホデビュープラン 割引対象外
※5歳から15歳まで
※追加1GBやでんきなどの別特典はあります
割引対象外

前回の「学割放題」と今回のSoftBank学割の「割引」特典だけで比較をすれば、学割放題の方が割引総額は多いですが、ギガ使い放題やでんきなどのほかの特典を加味すると、学割放題よりも厚い特典になる人もいます。

学割適用時の利用料金例

ソフトバンクの対象プランへ新規契約・MNP・機種変更と一緒に「SoftBank学割」に加入した場合、毎月支払う月額料金はどのように変わるのか多くの方は分からないはずです。契約後、時間が経過するについれ、どのように料金が変化していくかを表にまとめてみました。

※スマホ・ケータイの機種代金、ユニバーサルサービス料(毎月数円程度)は入れていません。
「でんき」の特典による割引は開始時期や割引金額がエリアや支払い締め日によって変わるため利用料金例には含めていません

「ウルトラギガモンスター+(プラス)」は「みんな家族割+」の割引適用ができます。これは、家族割を適用させる家族人数が何人いるかで割引金額が変わってくるため、家族人数ごとでまとめています。

「ミニモンスター」は「みんな家族割+」は適用されません。月に使用したデータ容量に応じて毎月の利用料金が変わってきます。そのため、データ容量ごとでまとめています。

「スマホデビュープラン」はミニモンスターと同様に「みんな家族割+」は適用されません。高速データ通信ができる上限は通常1GB(学割期間は2GB)までで料金は変わりません。また、通話オプションを利用した場合に適用可能な「1GB専用割引」が利用できる特徴があり、1回5分以内の国内通話かけ放題の「準定額プラン」を利用した場合、割引額の方が大きいため、通話オプション(準定額オプション)を付けた方が月額料金が安くなります。通話タイプごとでまとめています。

契約した初月

SoftBank学割の「割引」特典と「1年おトク割(新規契約・MNP・機種変更で1年間1,000円引き)」と「1GB専用割引(スマホデビュープランで利用できる割引)」は2ヶ月目から適用されます。残りの料金は日割計算になるため、契約した日によって料金が変わってきます。

おうち割光セット(ソフトバンク指定(ソフトバンク光など)の家のネット回線の契約もある場合のセット割も適用できる場合の1,000円引き(回線の種類によって2年or永年))」についても月初の回線開通確認ができてからの適用となるため、初月の段階ではまだ割引対象に含まれません
※おうち割光セットは「スマホデビュープラン」は割引対象外です。

また、新規契約・MNP・機種変更の場合、契約した初月には以下の表の料金とは別に事務手数料3,000円が発生します。

契約した初月(ウルトラギガモンスター+)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

家族割の
対象回線数
1回線 2回線 3回線 4回線以上
基本プラン
(音声)
980円
データプラン 50GB+ 6,500円
みんな家族割+ 適用なし -500円 -1,500円 -2,000円
合計 7,480円の
日割計算
6,980円の
日割計算 
5,980円の
日割計算 
5,480円の
日割計算 

※全割引を適用した場合は5,480円(税抜)~の日割計算+契約事務手数料で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(ミニモンスター)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

データ使用量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
基本プラン
(音声)
980円
データプランミニ 3,000円 5,000円 6,500円 7,500円
合計 3,980円の
日割計算
5,980円の
日割計算 
7,480円の
日割計算 
8,480円の
日割計算 

※最低利用料金となる1GBまでのデータ利用で3,980円(税抜)~の日割計算+契約事務手数料で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(スマホデビュープラン)
※税抜・1回線あたりの料金

通話タイプ 1回5分以内の
国内通話かけ放題
国内通話が
24時間いつでも
かけ放題
1回の国内通話が
30秒につき20円の
従量課金型
基本プラン
(通話)
980円
データプラン1GB
(スマホ)
1,500円
通話オプション 準定額オプション
500円
定額オプション
1,500円
なし
合計 2,980円の
日割計算
3,980円の
日割計算
2,480円の
日割計算

※1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション」利用の場合は2,980円(税抜)~の日割計算+契約事務手数料で利用できます。

2ヶ月目から7ヶ月目

契約の2ヶ月目からSoftBank学割の「割引」特典、「1年おトク割」「1GB専用割引」「おうち割光セット」の割引が始まります

契約した初月(ウルトラギガモンスター+)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

家族割の
対象回線数
1回線 2回線 3回線 4回線以上
基本プラン
(音声)
980円
データプラン 50GB+ 6,500円
1年おトク割
※1年間
-1,000円
SoftBank学割の
「割引」特典
※半年間
 -980円
みんな家族割+ 適用なし -500円 -1,500円 -2,000円
合計
(おうち割光セットなし)
5,500円 5,000円 4,000円 3,500円
おうち割光セット -1,000円
合計
(おうち割光セットあり)
4,500円 4,500円 3,000円 2,500円

※全割引を適用した場合は2,500円(税抜)~で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(ミニモンスター)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

データ使用量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
基本プラン
(音声)
980円
データプランミニ 3,000円 5,000円 6,500円 7,500円
1年おトク割
※1年間
-1,000円
SoftBank学割の
「割引」特典
※半年間
 
-980円
合計
(おうち割光セットなし)
2,000円 4,000円 5,500円 6,500円 
おうち割光セット -1,000円
合計
(おうち割光セットあり)
 1,000円 3,000円  4,500円  5,500円 

※最低利用料金となる1GBまでのデータ利用で全割引を適用した場合は1,000円(税抜)~で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(スマホデビュープラン)
※税抜・1回線あたりの料金

通話タイプ 1回5分以内の
国内通話かけ放題
国内通話が
24時間いつでも
かけ放題
1回の国内通話が
30秒につき20円の
従量課金型
基本プラン
(通話)
980円
データプラン1GB
(スマホ)
1,500円
通話オプション 準定額オプション
500円
定額オプション
1,500円
なし
1年おトク割
※1年間 
-1,000円
 1GB専用割引 -1,000円 割引対象外 
合計 980円 1,980円 1,480円

※1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション」利用の場合は980円(税抜)~で利用できます。

先生

スマホデビュープランは準定額オプションを付けた方が、通話オプションを付けない基本プラン(通話)のみよりも月額料金が安くなります。

また、学割の「追加1GB」特典適用期間中(1年間)は1GBのデータ容量を使いきっても、毎月1回だけ追加データ(1GB)の購入が無料でできます。

学割の「割引」特典やおうち割光セットについてはスマホデビュープランは割引対象外となる点には気をつけましょう。

8ヶ月目から13ヶ月目

ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター利用の人はSoftBank学割の「割引」特典が終了します。

契約した初月(ウルトラギガモンスター+)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

家族割の
対象回線数
1回線 2回線 3回線 4回線以上
基本プラン
(音声)
980円
データプラン 50GB+ 6,500円
1年おトク割
※1年間
-1,000円
みんな家族割+ 適用なし -500円 -1,500円 -2,000円
合計
(おうち割光セットなし)
6,480円 5,980円 4,980円 4,480円
おうち割光セット -1,000円
合計
(おうち割光セットあり)
5,480円 4,980円 3,980円 3,480円

※全割引を適用した場合は3,480円(税抜)~で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(ミニモンスター)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

データ使用量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
基本プラン
(音声)
980円
データプランミニ 3,000円 5,000円 6,500円 7,500円
1年おトク割
※1年間
-1,000円
合計
(おうち割光セットなし)
2,980円 4,980円 6,480円 7,480円 
おうち割光セット -1,000円
合計
(おうち割光セットあり)
 1,980円 3,980円 5,480円 6,480円 

※最低利用料金となる1GBまでのデータ利用で全割引を適用した場合は1,980円(税抜)~で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(スマホデビュープラン)
※税抜・1回線あたりの料金

通話タイプ 1回5分以内の
国内通話かけ放題
国内通話が
24時間いつでも
かけ放題
1回の国内通話が
30秒につき20円の
従量課金型
基本プラン
(通話)
980円
データプラン1GB
(スマホ)
1,500円
通話オプション 準定額オプション
500円
定額オプション
1,500円
なし
1年おトク割
※1年間 
-1,000円
 1GB専用割引 -1,000円 割引対象外 
合計 980円 1,980円 1,480円

※1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション」利用の場合は980円(税抜)~で利用できます。

先生

スマホデビュープランは学割の「割引」特典の対象外のため、2ヶ月目から7ヶ月目と同じ月額料金になります。

14ヶ月目以降

1年おトク割が終了し、期間限定の割引特典が終了します。
※ただし、「おうち割光セット」で組み合わせる家のネット回線の一部のサービスを契約している場合は割引期間が2年間で終了するものもあります(多くの人が利用するソフトバンク光やソフトバンクエアーは永年で割引適用されます)。

契約した初月(ウルトラギガモンスター+)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

家族割の
対象回線数
1回線 2回線 3回線 4回線以上
基本プラン
(音声)
980円
データプラン 50GB+ 6,500円
みんな家族割+ 適用なし -500円 -1,500円 -2,000円
合計
(おうち割光セットなし)
7,480円 6,980円 5,980円 5,480円
おうち割光セット -1,000円
合計
(おうち割光セットあり)
6,480円 5,980円 4,980円 4,480円

※全割引を適用した場合は4,480円(税抜)~で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(ミニモンスター)
※税抜・1回線あたりの料金
※1回の国内通話が30秒につき20円発生する標準の「基本プラン(音声)」の場合の料金です。(家族間通話は24時間かけ放題)

データ使用量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
基本プラン
(音声)
980円
データプランミニ 3,000円 5,000円 6,500円 7,500円
合計
(おうち割光セットなし)
3,980円 5,980円 7,480円 8,480円 
おうち割光セット -1,000円
合計
(おうち割光セットあり)
 2,980円 4,980円 6,480円 7,480円 

※最低利用料金となる1GBまでのデータ利用で全割引を適用した場合は2,980円(税抜)~で利用できます。

通話オプションを付ける場合は

1回5分までの国内通話がかけ放題になる「準定額オプション」を付ける場合は+500円
国内通話が24時間いつでもかけ放題になる「定額オプション」を付ける場合は+1,500円して計算してください。

契約した初月(スマホデビュープラン)
※税抜・1回線あたりの料金

通話タイプ 1回5分以内の
国内通話かけ放題
国内通話が
24時間いつでも
かけ放題
1回の国内通話が
30秒につき20円の
従量課金型
基本プラン
(通話)
980円
データプラン1GB
(スマホ)
1,500円
通話オプション 準定額オプション
500円
定額オプション
1,500円
なし
 1GB専用割引 -1,000円 割引対象外 
合計 1,980円 2,980円 2,480円

※1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション」利用の場合は1,980円(税抜)~で利用できます。

おすすめのプラン

SoftBank学割の対象プランとしては「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」「スマホデビュープラン」が対象となりますが、どのプランにすべきかと迷った場合は、データをどのくらい使うかを基準にしてプラン選択をすると良いと思います。

データをほとんど使わない人はスマホデビュープラン

「スマホデビュープラン」通話+データコミコミ980円/月

はじめて子供に携帯・スマホを持たせたいようなケースで、データ通信は少しだけメールやインターネットをする程度のガラケーに近いような使い方をするスマホライトユーザーは、スマホデビュープランを選択することをオススメします。

何年か使っているうちにデータを多く使うようになった段階でウルトラギガモンスター+などのプランに変更すればよいので、試しに軽くスマホを使ってみたいという場合には最適なプランです。

スマホデビュープランについてはこちらの記事で解説しています。

1GB以上データを使う人はウルトラギガモンスター+

「ウルトラギガモンスタープラス」12ヵ月間3,480円/月~

スマホデビュープランの1GB(最初の1年間は2GB)の高速データ通信容量では収まらなそうな人はウルトラギガモンスター+を選択するのが良いと思います。比較的ライトユーザー向けのミニモンスターという選択肢もありますが、ある程度データ容量を使ってしまうとウルトラギガモンスター+の方が割安になる点、1~2GBの容量であればスマホデビュープランが学割対象者であれば選択できるため、それなりにデータ通信をする人はウルトラギガモンスター+を選択するのがオススメです。

先生

家族割引サービスにあたる「みんな家族割+」はウルトラギガモンスター+の場合利用でき、家族回線数が多いほど、割引効果が大きくなり、大容量プランであるにも関わらず、月額料金がかなり抑えることができます。

また、今回の特典の「ギガ使い放題」によって1年間は実質無制限プランになるため、速度制限を気にせずスマホを楽しむこともできます。

ウルトラギガモンスター+(プラス)についてはこちらの記事で解説しています。 ミニモンスターについてはこちらの記事で解説しています。

auのデータ無制限プランとの比較

ウルトラギガモンスター+でSoftBank学割を適用した場合の「ギガ使い放題」で1年間実質無制限プランになりますが、こうなるとauのデータ無制限プランと比較したい人がいると思います。

auのデータ無制限プランは2種類ありますが、月額料金が安い方の「auデータMAXプラン Netflixパック」と学割適用時を比較すると以下のような感じになります。

ウルトラギガモンスター+とauデータMAXプラン Netflixパック比較
(2ヶ月目から7ヶ月目までの月額料金例 ※最大限割引を適用できる期間)
※税抜。端末代金やユニバーサルサービス料は含まれていません。
※学割や各種割引が適用された場合
※30秒につき20円の通話料が発生する従量課金型の通話タイプの料金です。

  au ソフトバンク
家族契約回線数 2回線以上 2回線 3回線 4回線以上
基本料金 auデータMAXプラン
Netflixパック

8,050円
データプラン(音声)
980円
データ通信料 データプラン 50GB+
6,500円
2年契約 2年契約N
-170円
2年定期契約自体がありません
期間限定割引 学割適用で
割引なし
1年おトク割
-1,000円
※1年間
学割 auの学割
-2,400円
※12ヶ月間
SoftBank学割(割引)
-980円
※6ヶ月間
家族割引 家族割プラス
-1,000円
みんな家族割+
-500円
みんな家族割+
-1,500円
みんな家族割+
-2,000円
合計
※家のネット回線の
セット割なし
 4,480円 5,000円  4,000円 3,500円
家のネット回線の
セット割引
auスマートバリュー
-1,000円 
おうち割光セット
-1,000円
合計
※家のネット回線の
セット割あり
 3,480円  4,000円 3,000円 2,500円
補足 ・学割対象者は25歳以下
・2年の契約期間縛りがある

・データ無制限プラン
・テザリング料金なし
※テザリング等は月2GBまで
・学割対象者は5歳から22歳まで
・2年の契約期間縛りがない

・月50GBまでのプランだが「ギガ使い放題」特典で1年間実質データ無制限プランに
・テザリング料金は月額500円必要
先生

最大限割引を利かせた場合、2回線以下ではauデータMAX Netflixパックの方が安く、3回線以上の場合はウルトラギガモンスター+の方が月額料金が安くなります。

ウルトラギガモンスター+とauデータMAXプラン Netflixパック比較
(14ヶ月目以降の月額料金例)
※税抜。端末代金やユニバーサルサービス料は含まれていません。
※学割や各種割引が適用された場合
※30秒につき20円の通話料が発生する従量課金型の通話タイプの料金です。

  au ソフトバンク
家族契約回線数 2回線以上 2回線 3回線 4回線以上
基本料金 auデータMAXプラン
Netflixパック

8,050円
データプラン(音声)
980円
データ通信料 データプラン 50GB+
6,500円
2年契約 2年契約N
-170円
2年定期契約自体がありません
家族割引 家族割プラス
-1,000円
みんな家族割+
-500円
みんな家族割+
-1,500円
みんな家族割+
-2,000円
合計
※家のネット回線の
セット割なし
 6,880円 6,980円  5,980円 5,480円
家のネット回線の
セット割引
auスマートバリュー
-1,000円 
おうち割光セット
-1,000円
合計
※家のネット回線の
セット割あり
 5,880円  5,980円 4,980円 4,480円
補足 ・2年の契約期間縛りがある
・データ無制限プラン
・テザリング料金なし
※テザリング等は月2GBまで
・2年の契約期間縛りがない
・月50GBまでのプランだが「動画SNS放題」でYoutubeやTwitterなど一部のアプリ・サービスではデータ消費カウントされない
・テザリング料金は月額500円必要
先生

最大限割引を利かせた場合、2回線の場合はauデータMAX Netflixパックの方が安く、3回線以上もしくは家族割引が適用されない1回線の場合はウルトラギガモンスター+の方が月額料金が安くなります。

注意点

SoftBank学割でいくつか注意しておくべきことがあるので、その内容をご紹介します。

SoftBank学割の特典対象外条件

以下の条件に当てはまる場合には、SoftBank学割を利用することができません。

  • 1使用者で2回線以上の学割適用(つまり1利用者1回線まで学割適用ができるということです)
    ※過去の学割を利用したことがある人でもSoftBank学割の適用は可能です。

また、以下の条件のいずれかに当てはまる場合には、前月末の利用分まででSoftBank学割特典が終了してしまいます。

  • 回線契約の解約
  • 譲渡/継承(家族割引名義変更は除く)
  • 休止(電話番号・メールアドレスお預かりサービスへの加入)
  • おうち割でんきセット(M)などの割引対象サービスの解約・解除

併用できないキャンペーンがある

SoftBank学割は対象プランで利用できる一般的な割引特典の大半は利用できますが、以下の特典については特典の併用利用ができません。

  • ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム(特典B)
    ※ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える際の各種事務手数料や月額料金の割引特典です。
  • 学割放題
    ※前回のソフトバンクの学割です。

12歳以下なら「子育て応援クラブ」も活用

子育て応援クラブ

ソフトバンクには「子育て応援クラブ」というサービスがあり、特典のひとつには誕生月の通信料が割引になる特典もあります。

対象者は12歳以下と小学生以下の特典ですが、もし利用していない人はSoftBank学割と一緒に子育て応援クラブも申し込むと少しだけお得になります。

↓子育て応援クラブについて詳しい内容は
ソフトバンク公式:子育て応援クラブ

まとめ

今回の「SoftBankの学割」は2019年12月6日から2020年6月1日までの受付期間のキャンペーンで、ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター、スマホデビュープランを利用する5歳から22歳まで(一部15歳までのものもある)の人が新規契約、MNP(番号移行含む)、機種変更などをすると割引やデータ増量などの特典を期間限定で受けることができます。

選択するプランによっては複数の特典もうけることもでき、ほかの携帯会社と比べ月額料金の期間限定割引以外にも特典をつけている点では、独自のキャンペーンになっています。

SoftBank学割を検討されている方はぜひ参考にしていただき、自分に合った携帯会社で購入・契約してください。

↓SoftBank学割について詳しい内容は
ソフトバンク公式:SoftBank学割

今回はいかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

ソフトバンクを利用したくなった人はこちら

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもすすめ

おとくケータイ.net

スマホ乗り換え.com

おすすめの関連記事
2019-2020年版携帯各社の学割キャンペーン比較ソフトバンク関連の注目記事まとめドコモ・au・ソフトバンクの大容量データプラン比較MNP(乗り換え)の手順と得する携帯ショップの選び方