VR対応「HTC U11」がソフトバンクとauから発売。価格やカメラ性能は?

HTC U11 ラインナップ

ソフトバンクとauからVR対応スマホ「HTC U11」が発売されました。(au版は7/14から)

HTC U11(エイチティーシー・ユーイレブン)は、台湾を拠点とするスマホ端末メーカーであるHTCのフラッグシップモデルとして登場。

その大きな特長は、現時点で世界最高評価のカメラを搭載していること。そしてVRヘッドマウント(6DoF)に対応しているという点です。

日本ではauとソフトバンクの2社から発売され、機能・スペックは両社とも同じです。ここでは「HTC U11」の特長や価格、月額料金の一例はもちろん、対応のVRヘッドマウントディスプレイ「LINK」もご紹介します。

HTC U11のカラーは全部で4種類

ソフトバンクは3色、auは2色のラインナップ

HTC U11のソフトバンク版(型番:601HT)とau版(型番:HTV33)を比較すると機能・スペックの違いはなく、カラーバリエーションのみ異なります。ソフトバンクは3種類、auは2種類のラインナップとなります。

  • HTC U11 アメイジング・シルバー
    アメイジング・シルバー(ソフトバンク)
  • HTC U11 サファイア・ブルー
    サファイア・ブルー(au)
  • HTC U11 ブリリアント・ブラック
    ブリリアント・ブラック(ソフトバンク/au)
  • HTC U11 アイス・ホワイト
    アイス・ホワイト(ソフトバンク)

色的に比較的クールなイメージのラインナップですね。

HTC U11のデザイン

HTC-U11のデザイン

HTC-U11はエッジ部分が適度に湾曲しており、しっくりと手になじむ形状。ものすごく光沢のある鏡面仕上げが目を引きます。

また「3Dガラス」と呼ばれるガラスを熱で湾曲させる高度な技術を前面と背面に採用することで見た目にも美しく、どの角度からでも気持ちよく持つことができます。

側面デザイン

リキッド・サーフェイスと呼ばれる背面部は、希少な素材を何層にも重ねて表現されており、見る角度(光の当たる角度)により色が変化。言葉では表しにくい非常に複雑な色合いを楽しむことができます。

しかし気になるのは「指紋の付着」。かなり目立ちそうです。

カメラ性能

HTC U11で特筆すべき点はやはりカメラでしょう。F値1.7の明るいレンズで暗所でも高精細な撮影が可能です。

DxOMark「90」スコア

グローバルな評価サイトで最高評価スコア

HTC U11のカメラ性能は「DxOMarkモバイル部門」でのスコアが「90」。Google Pixelを抜いて単独トップとなっています。つまり現時点(2017年6月)でスマホでは世界最高の評価が与えられているということになります。

DxOMarkのカメラスコアランキング

※ちなみにiPhone7の場合、スコアは「86」となっています。

DxOMarkとは?

イメージセンサーやレンズなどの性能を数値で評価するグローバルな評価機関。プロ向け一眼レフカメラの評価はもちろん、スマホのカメラについても分析・評価しています。

VRに対応!

VRヘッドマウントディスプレイ「LINK」

「LINK」とはHTC U11の周辺機器としてHTC NIPPONから発表された日本限定発売VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。

ヘッドマウントディスプレイ「LINK」

※HTC U11を購入しても「LINK」は付いてきません。あくまで別売りですのでご注意を!

ディスプレイは「LINK」本体に搭載

勘違いしやすい点としては、スマホ(HTC U11)の画面をそのままVR用に使用するのではなく、元からLINK本体に高性能なディスプレイが組み込まれているということです。

LINKには高性能の有機ELディスプレイが両目それぞれ一つ、計2つ備わっており、HTC U11とUSB-Cで接続することにより、仮想空間を自由に歩き回ることが可能となります。

一般的なVRよりもさらに動きの自由度の高い(6DoF)体験ができるのが特長です。

「LINK」商品情報
発売日 2017年7月下旬以降発売予定
価格 未定
付属品 HMD用LEDマーカー×1
ステレオカメラ(トラッキング用センサー)×1
専用コントローラー×2
コントローラー用ストラップ×2
アルカリ単4電池×4
イヤホン×1

その他の機能・特長

握るだけ!「エッジ・センス」

HTC U11のユニークな機能の一つがこの「エッジ・センス」です。これはスマホを軽く握るという動作によって様々な機能やアプリを割り当てることができます。

エッジ・センス

例えば自撮りをする際にぎこちない持ち方をしなくても、スマホを少し握るだけでシャッターを切ることができたり、スリープ状態から瞬時に起動・撮影することが可能です。

割り当てる機能は自分でカスタマイズできるので、良く使う機能やアプリを設定しておけば利便性が格段に向上します。

ディスプレイ

HTC U11のディスプレイは5.5インチ。フルHDを超える2560×1440ドットの「ワイドクアッドHD」を採用。さらに表面には1.6mの落下にも耐えうる高強度ガラス「ゴリラガラス5」を搭載しています。

サウンド

ハイレゾ音源の再生に対応

ハイレゾ

通常のCD音源に比べて圧倒的に多くの情報を持つハイレゾ音源。今まで聴き取ることができなかった繊細な音や臨場感を味わうことができます。さらにデジタルノイズキャンセリング機能を搭載し、ハイレゾ再生と同時に利用することが可能です。

ハイレゾ対応・ノイズキャンセリング機能付きイヤフォン付属

HTC U11にはハイレゾ対応&ノイズキャンセリング機能付きイヤホンが付属。ユーザーの耳の中の構造を解析し、最適な音域や音量を自動で調整してくれるので自分にとって最も適したハイレゾ音源を楽しむことができます。

イヤホンが最適な音域や音量を自動で調整

その他機能一覧

  • クリアな音声通話が可能なVoLTEに対応
  • 指紋認証センサー搭載
  • 防水(IPX7)
  • 防じん(IP6X)
  • 4K動画撮影
  • 5軸の光学手ブレ補正
  • おサイフケータイ

※「HTC U11」はワンセグ/フルセグには非対応となっています。ご注意ください。

「HTC U11」のスペック表

型番 601HT(ソフトバンク版)
HTV33(au版)
OS Android 7.1
本体サイズ ヨコ76mm×タテ154mm×厚さ8.3mm(最厚部9.7mm)
本体重量 約170g
CPU MSM8998 最大2.45GHz/1.9GHz(オクタコア)
ディスプレイ 約5.5インチ(2560×1440ドット)ワイドクアッドHD
背面カメラ 画素数:約1200万画素(CMOS)
前面カメラ 画素数:1600万画素(CMOS)
メモリ RAM:4GB
ROM:64GB
メモリーカード microSDXC(最大256GB)
連続通話時間 約20時間(4G LTEの場合)
連続待受時間 測定中
充電時間 約100分
最大撮影サイズ 静止画:4032×3024ドット
動画:3840×2160ドット(4K)

ワンセグ・フルセグは非対応となっています。

ソフトバンク・auの「HTC U11」発売日

・ソフトバンク版は2017年7月7日に発売開始(販売中)
・au版は2017年7月14日に発売開始(現在予約受付中)
となっています。

au契約時の価格・料金

【未定】正式に価格が発表されしだい更新します。

auロゴ

ソフトバンク契約時の価格・料金

HTC U11をソフトバンクで購入した場合の価格と月額料金の一例になります。

ソフトバンクロゴ

本体価格(ソフトバンクで購入時)
種別 総額 分割金 月月割 実質負担額
MNP
(他社から乗り換え)
97,920円 4,080円 -3,630円 450円
新規契約 97,920円 4,080円 -2,200円 1,880円
機種変更 97,920円 4,080円 -2,200円 1,880円

月額料金の一例(他社からMNPの場合)

※金額は全て税込です。

●現在スマホをお使いの方

通話完全かけ放題+データ定額2GB
月額7,669円
●スマ放題(通話定額基本料)
※通話がし放題
2,916円
●ウェブ使用料 324円
●データ定額
データ定額ミニ 2GB
3,780円
●HTC U11端末代 4,080円
●のりかえ下取りプログラム
※古いガラケー下取りの場合
-200円
●月月割 -3,231円

標準的なプラン内容です。

完全に通話し放題の「スマ放題」とデータ定額「2GB」を組み合わせ、古い端末を下取りに出した場合、月々7,669円での運用となります。

●現在ガラケーをお使いの方

5分以内かけ放題+データ定額1GB
月額6,904円
●スマ放題ライト(通話定額ライト基本料)
※5分以内の通話がし放題
1,836円
●ウェブ使用料 324円
●データ定額
データ定額ミニ 1GB
3,132円
●HTC U11端末代 4,080円
●のりかえ下取りプログラム
※古いガラケー下取りの場合
-200円
●スマホデビュー割 -2,268円

比較的ライトユーザー向けのプラン内容。

ガラケーから乗り換えの場合は「スマホデビュー割」の適用が断然おすすめです。5分以内の通話がし放題の「スマ放題ライト」とデータ定額「1GB」を組み合わせ、古い端末を下取りに出した場合、月々6,904円での運用となります。