ソフトバンクのAQUOS zeroが7月5日より2万円値下げでSIMフリー版より安くなっちゃった!

ソフトバンクのAQUOS zeroが2万円値下げ

2018年12月21日に発売されたソフトバンクの高性能機のAQUOS zero(シャープ製)の販売価格が2019年7月5日より端末代金が税抜きで2万円値下げされました。(税込86,400円税込64,800円

ソフトバンクのアクオススマホは現在、AQUOS R3が最新機種ですが、このAQUOS R3と比べてもAQUOS zero は発売してから半年程度しか経っていない機種ということもあり、それほど劣ってない高性能モデルです。

今回の値下げにより、2019年4月から一部MVNO系の携帯会社で取り扱いが始まったSIMフリー版のAQUOS zero SH-M10の販売価格よりも安くなり非常にお買い得な機種になりました。

ソフトバンクで安い高性能機種を探している方は、非常に狙い目の機種なので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

AQUOS zero(ソフトバンク)

AQUOS zero

「世界最軽量※1モンスター」

2018年12月21日よりソフトバンクで取り扱いが開始となったシャープ製「AQUOS zero」です。

※1:世界最軽量の定義

2018年11月30日段階で画面サイズ6インチ以上電池容量が3000mAhを超える(公称値)防水(IPX5以上)対応のスマートフォンにおいて世界最軽量(約146g)でした。※シャープ調べ

※この後に登場する「世界最軽量」もこの定義内容になります。

AQUOS zero CONCEPT MOVIE
AQUOS zero 商品紹介ムービー
発売日 2018年12月21日
製造メーカー シャープ
端末価格
(税抜)
  • 発売当時:80,000円
  • 2019年7月5日以降60,000円
カラー アドバンスドブラック
OS Android 9 Pie
ディスプレイサイズ 約6.2インチ ワイドクアッドHD+
重さ 約146g
CPU Qualcomm Snapdragon 845
2.6GHz×4コア+1.7GHz×4コア
RAM 6GB
ROM 128GB
メインカメラ画素数 約2,260万画素

主な特徴

世界最軽量、長時間使用も快適
  • こだわり素材で、世界最軽量と強度を両立【有機EL&アラミド繊維背面パネル&マグネシウム合金フレーム】
  • 繊細な凹みがもたらす、快適な持ちやすさ【ホールド性のある形状】
  • 性能に裏づけされた、独自のデザイン性【全体曲面ディスプレイ】
臨場感溢れる映像体験
  • AQUOSスマートフォン初採用シャープ製有機EL6.2インチWQHD+の大画面を実現。【6.2インチWQHD+有機ELディスプレイ】
    コントラスト比1,000,000:1 高精細538ppi
  • 液晶テレビAQUOSから継承した技術に加え多面的アプローチで構築する、鮮やかで美しい高画質表現【リッチカラーテクノロジーモバイル】
表現力を次のレベルに
  • 豊かな色彩リアリティー溢れるプロの映像表現をそのまま体験。【HDR映像技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」】
大迫力のサウンドを楽しめる
  • まるで動画の中にいるかのようなリアルな臨場感迫力あるサウンド体験【立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)&ステレオスピーカー】【ハイレゾ対応】
限界に挑むパフォーマンス
  • 最新(2018年10月時点)CPUが、やりたいこと全部を高速処理して快適スムーズ【Snapdragon845】
  • AQUOS史上最大容量のRAM/ROM複数アプリの同時動作も処理落ちしにくい【RAM6GB/ROM128GB】
  • 充電しながらゲームをしても発熱を抑えるパラレル充電あんしん快適【放熱設計とパラレル充電】
  • 速いタップ操作が必要なゲームでもしっかり反応するチューニング【タッチチューニング】
広く、そして美しく撮る
  • うす暗い場所でもノイズがのらずにきれいな写真が撮れる広角&高画質カメラ【約2,260万画素広角メインカメラ&画質エンジン】
  • 光学式手ブレ補正
  • 寄っても撮れるマクロ
  • AIオート
  • 4K動画撮影
  • きれいに撮れるから、より楽しめるセルフィー体験約800万画素広角サブカメラ
  • アイキャッチセルフィー
  • AQUOS beauty
あなたが調べなくても、気になる情報をお話ししてくれる
  • COCORO EMOPA【エモパー(シャープ独自の音声アシスタント)】
  • 外でもエモパーから通話スタイルでお話し
  • クルッと振り向く充電台「ロボクル」に対応(別売)
さまざまなあんしん・定番機能を搭載
  • 指紋認証&顔認証
  • 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)
  • OSバージョンアップ

注目すべき点

AQUOS zeroで注目したい点は大きく2つあると思います。

とにかく軽い

近年のスマホは大型で比例して重量も重くなりがちですが、このAQUOS zeroは世界最軽量と謳われるように約146グラムと非常に軽く作られているのは、日頃スマホを持ち歩くうえで、かなり大きなメリットではないでしょうか。

高性能CPU搭載(Snapdragon845)

スマホの頭脳(計算処理)にあたるSnapdragon845は高性能スマホで搭載されている800番台のCPUで2018年の段階では一番処理の速いタイプのCPUでした。現在は後継のSnapdragon855(最新モデルのAQUOS R3にも搭載)が登場していますが、AQUOS zeroのコストパフォーマンスは下手な格安スマホやミドルクラスのスマホとコストパフォーマンスと比較しても非常に良い機種になったといえます。

ソフトバンクの最安値の格安スマホは3万円でAQUOS zeroの半額で安いですが、CPUやRAM/ROMは快適レベルのものではないので、安くて良いものとなるとAQUOS zeroの方が良い選択になると思います。
(アプリはほとんど使わず、電話、メール程度しかしないようであれば、3万円のスマホで十分ではありますが・・・)

速いCPUが搭載されているということはさまざまなアプリの動作が高速になるため、スマホ利用が非常に快適になります。非常に負荷のかかる3Dグラフィックを駆使するようなゲームなどもこのCPUであれば快適に動作します。

最新モデルAQUOS R3との比較

最後に今回値下げになったAQUOS zeroと最新モデルのAQUOS R3の価格・性能の比較表をまとめてみました。細かく見ると性能の違いはあるものの、値段とのコストパフォーマンスを比較すると、AQUOS R3の約半額程度のAQUOS zeroは非常に魅力的に見えるのではないでしょうか。

AQUOS zero と AQUOS R3との価格・性能比較

端末名  AQUOS zero AQUOS R3
発売日 2018年12月21日 2019年5月24日
端末価格
(税込)
64,800円 113,760円
※税抜価格だと端数になるので税込で表記しています。
カラー アドバンスドブラック エレガントグリーン
OS Android 9 Pie Android 9 Pie
ディスプレイサイズ 約6.2インチ ワイドクアッドHD+
(有機ELディスプレイ)
約6.2インチ クアッドHD+
(Pro IGZOディスプレイ) 
重さ 約146g 約185g
CPU Qualcomm Snapdragon 845
2.6GHz×4コア+1.7GHz×4コア
Qualcomm Snapdragon 855
2.8GHz×4コア+1.7GHz×4コア
RAM 6GB 6GB
ROM 128GB 128GB
メインカメラ画素数 約2,260万画素 約1,220万画素+約2,010万画素
電池容量 3,130mAh 3,200mAh
最大通信速度(下り) 774Mbps 988Mbps
テレビ機能 なし フルセグあり
外部メモリ 非対応 microSDXC(最大512GB)対応

半額サポートを利用すれば最大半額支払い免除に

ソフトバンクでは、端末の購入サポートで「半額サポート」というサービスがあります。

こちらは48回の割賦契約で機種を購入し、後日の機種変更をする際に、旧機種(AQUOS zero)の回収が必要になりますが、25カ月目以降に機種変更をすると、以降の残割賦代金の支払いがなくなります。つまり25カ月目に機種変更する場合、48回中24回分の支払いのみ(AQUOS zeroであれば3万円分の費用負担)で済む形になります。

ただし、25カ月目以降に機種変更せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、月を経るごとに、免除される金額が減っていきます。(免除額=端末代支払いの残金のため)

半額サポートの適用条件

半額サポートに関する記事を見たい方はこちら

AQUOS zeroのさらに詳しい機種情報
AQUOS zero(シャープ)
AQUOS zero(ソフトバンク)

AQUOS zeroを購入したくなった人はこちら

ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもすすめ

おすすめの関連情報
MNPの手順と得する携帯ショップの選び方ソフトバンクの料金プラン解説(初心者向けガイド)ソフトバンク関連の注目記事まとめ