nuroモバイルの0SIM(ゼロシム)は使えるか?プラン内容を徹底解説。

料金イメージ図

0 SIM(ゼロシム)とは?

「0円」という響きのインパクトは大きいですね。

0SIMは雑誌「デジモノステーション」2016年02月号の付録として登場。発売直後から大きな話題となり、書店で売り切れが続出しました。

「0 SIM(ゼロシム)」とはデータ通信料が従量制、つまり0円”から”使える格安SIMのことです。この”から”の部分が重要で、0円になるのはデータ通信専用SIMであること、かつ月の通信料が500MB未満の場合に限られます。

メインで使用する場合、一般的なユーザーだと月の通信料が500MB未満で足りる人はかなり限定されそうですね・・。
しかし一番安いSIMであることに変わりはないので、うまく使えば通信費が大幅に節約できるかと思います。

「0 SIM(ゼロシム)」のタイプには3種類あります。

  • データ専用SIM(データ通信のみ可能)
  • SMS付きデータ専用SIM(データ通信+SMSが可能)
  • 音声通話付きSIM(データ通信+SMS+音声通話が可能)

音声通話付きSIMデータ専用SIM

0円になるのはデータ通信専用SIMのみです。

0 SIM(ゼロシム)の特徴

0円から使える

事務手数料として3,000円かかりますが、SMSなしのデータ通信専用SIMで、月の通信料が500MB未満なら基本使用料0円となります。

データ100MBごとに100円づつ加算

500MB未満は0円、600MB未満は100円、700MB未満は200円と、100MBごとに100円づつ増えていく(2GBまで)ので計算がしやすい料金体系になっています。

2GB以上~5GBまでは1,600円の定額料金

2GB以上になると5GBまで一律1,600円の定額料金となります。5GB以上になると通信制限がかかりますが、データをチャージすることが可能です。
figure-zerosim-guide

どこで申し込める?

0 SIMを提供していたSo-net(ソネット)が2016年10月1日付で新たに「nuro(ニューロ)モバイル」として再出発。
現在はnuroモバイルのウェブサイトから申し込みが可能です。

ただし!

ご注意ください。0SIMは申し込める日が限定されています。
「0」が付く日限定で申し込みが可能です(0SIMだけに)

お申し込みが可能な日(2016年10月時点)

2016年
9月:9月10日、9月20日、9月30日
10月:10月10日、10月20日、10月30日
11月:11月10日、11月20日、11月30日

※12月以降の申し込み日に関しては現在調整中

0SIM料金表

2GBまでは100MBごとに100円加算されます。

(1,000MB=1GB)

データ専用SIM データ専用SIM
SMS付き
音声通話SIM
データ容量 月額料金 データ容量 月額料金 データ容量 月額料金
0~499MB 0円 0~499MB 150円 0~499MB 700円
500~599MB 100円 500~599MB 250円 500~599MB 800円
600~699MB 200円 600~699MB 350円 600~699MB 900円
700~799MB 300円 700~799MB 450円 600~699MB 1,000円
800~899MB 400円 800~899MB 550円 800~899MB 1,100円
900~999MB 500円 900~999MB 650円 900~999MB 1,200円
1,000~1,099MB 600円 1,000~1,099MB 750円 1,000~1,099MB 1,300円
1,100~1,199MB 700円 1,100~1,199MB 850円 1,100~1,199MB 1,400円
1,200~1,299MB 800円 1,200~1,299MB 950円 1,200~1,299MB 1,500円
1,300~1,399MB 900円 1,300~1,399MB 1,050円 1,300~1,399MB 1,600円
1,400~1,499MB 1,000円 1,400~1,499MB 1,150円 1,400~1,499MB 1,700円
1,500~1,599MB 1,100円 1,500~1,599MB 1,250円 1,500~1,599MB 1,800円
1,600~1,699MB 1,200円 1,600~1,699MB 1,350円 1,600~1,699MB 1,900円
1,700~1,799MB 1,300円 1,700~1,799MB 1,450円 1,700~1,799MB 2,000円
1,800~1,899MB 1,400円 1,800~1,899MB 1,550円 1,800~1,899MB 2,100円
1,900~2,047MB 1,500円 1,900~2,047MB 1,650円 1,900~2,047MB 2,200円
2,048MB~ 1,600円 2,048MB~ 1,750円 2,048MB~ 2,300円

0SIMがおすすめな人は?

上で述べたように、ネットや動画を利用する一般的なユーザーの場合、月の通信料を500MB未満で済ませることは難しいと思われます。

例えば下記のような人であれば0SIMを検討する価値はあります。

  1. メールは使うけどWEBや動画はほとんど見ない方。
  2. ごくたまにしか通信しないけど、サブ機として持っておきたい方
  3. 月によってデータを使う時と使わない時の差が激しい方

1の場合、使用するのはメールのみ、WEBも頻繁には見ない。という方なら500MBでも大丈夫です。

2の場合、0SIMはサブ機としての利用がオススメです。普段は持ち歩かないけどイザという時のためにもう一台持っておきたい場合に重宝します。

3の場合、まったく通信しない月もあるけど、がっつり使用する月もある。という方は使った分に応じて料金が変動する従量制の0SIMのほうが定額のプランよりも月平均で安くなります。

0SIMは899MBまでが最安!

データ1GBプランだと主要なMVNO業者だとDMM mobileとイオンモバイルの480円が最安になります。(2016年10月現在)
ですので、月0~899MBまでのデータ量であれば0SIMが一番安いことになります(下表を参照)

データ容量 OSIM(ゼロシム) DMM mobile
イオンモバイル
0~499MB 最安→ 0円 480円
500~599MB 最安→ 100円 480円
600~699MB 最安→ 200円 480円
700~799MB 最安→ 300円 480円
800~899MB 最安→ 400円 480円
900~999MB 500円 最安→ 480円

(料金は税抜)

ちょっと待った!申し込む前に注意点!

便利に使えそうな0SIMですが、思わぬ落とし穴があります。理解したうえで検討してみてください。

  • 500MB未満は0円だが、3か月間全くデータ通信しないと自動的に解約されてしまう。
  • 音声通話付プランの場合は1年間の最低利用期間がある。期間中に解約してしまった場合は違約金が5,200円。期間中・期間後にかかわらず他社へMNPする場合、転出手数料が7,000円かかる。
  • データ通信料が2MB~5MB未満までは1600の定額だが5MBを超えると速度制限がかかってしまい、快適な通信ができなくなる。(チャージすることで速度制限の解除が可能)
    【チャージ料】100MB:500円、500MB:2,100円、1GB:3,800円

まとめ

いかがだったでしょうか?きちんと内容を理解して、うまく使うことができればかなりお得なSIMではないでしょうか。
使用する環境や過去の利用状況を振り返って自分に合ったプランをじっくり選ぶことが大切だと思います。
それではまた~。

こちらも併せてご覧ください。
【データ容量別】格安SIM最安値プランはこれだ!