ソフトバンクの「テザリングオプション」料金解説!設定や申込方法や解約方法も紹介

スマホにはテザリングという機能が付いています。テザリングはパソコンやタブレットなどをスマホの回線を利用してインターネット接続する機能ですが、他社では無料で利用できる機能であるところが多いですが、ソフトバンクのテザリング機能は有料のオプションサービスという位置付けでした。ただ、2021年の新プランからは、他社に合わせ、無料で利用できる機能に変わってきました。

今回はソフトバンクの「テザリングオプション」の利用料金や、テザリングの基本的な知識申込方法・解約方法について初心者の方向けにわかりやすく解説していきたいと思います。

利用料金

ソフトバンク「テザリングオプション」の料金は、無料のプラン月額550円(税込)のプラン最初の2年間のみ無料(3年目以降は月額550円)のプランの大きく3つに分かれています。

利用についてはLINEMOを除き、無料のプランでも申し込みが必要です。

ひと昔以前のプランを利用している人は一度オプション・プランの見直しをしよう

過去の一部のデータ定額プランを利用している方はこの有料化に気がつかず、利用されている方もいるのではないでしょうか?

過去に1度だけ(2018年6月)元々無料だったテザリングオプションが月額550円の有料に切り替わったプランもあります。

実際にテザリングの機能を活用されている方であればまったく問題ないのですが、テザリング機能を活用しないで、無料時代からの流れでそのままサービス加入を続けている場合には、料金の無駄になりますので、いまいちど、自分にはテザリングが必要なのか?を見直してみてはいかがでしょうか。

無料のプラン

テザリングオプションの月額利用料がかからないプランは以下のプランです。

2021年3月から開始したスマホ向けプランは他の携帯会社に合わせ、追加料金なしでテザリングオプションを利用することができます。

  • データプランメリハリ無制限
    ※別名:メリハリ無制限
  • データプランミニフィット+
    ※別名:ミニフィットプラン+
  • データプラン50GB(データ通信)
  • データ定額ミニ 1GB/2GB
  • データ定額(おてがるプラン専用)
  • データ定額 5GB
  • データ定額S(4Gケータイ)
LINEMOはテザリングオプション不要でテザリング利用可能

LINEMOだけは少し特殊でテザリングオプションを付ける必要もなく、無料でテザリング機能を利用することができます。(LINEMOの場合は申し込みも不要…)

月額550円のプラン

テザリングオプションの月額料金が550円(税込)となるプランは以下のプランです。

2018年から2020年の主力となっていたプランが主な対象になっていて、対象となる多くのプランについては新規申込受付が終了しているプランです。

最初の2年間のみ無料になるプラン

最後にテザリングオプションの月額料金が最初の2年間は無料で、3年目以降は月額550円(税込)になるプランですが、この対象プランはいままでに出てきていないプランが対象になります。(新規申込受付も終了しているような古いプランが対象になっています。)

「テザリングオプション」の申し込み月、解約月の料金計算について

ソフトバンクの「テザリングオプション」の申込月、もしくは解約月の月額料金の計算は日割り計算になります。

今さら聞けないテザリングの知識

少し話が変わりますが、そもそも「テザリング」って何?という方もいらっしゃると思いますので、簡単にテザリングについて説明します。テザリングとは英語で「Tethering(繋ぎ止める)の意味。機器同士を通信でつなげるための機能。ということでしょうね。

先生

ちなみに「デザリング」ではなく「テザリング」ですのでお間違えなきよう。。

手持ちのソフトバンクのiPhoneやAndroidスマホでWiFi環境を作り出すことができます。

この機能があればお使いのスマホをモバイルルーター代わりに利用することができます。

「テザリング」の概要

例えば、外出先でノートパソコンからメールを送りたいけどネットにつながってない。。といった場合、テザリングに対応しているスマホがあれば、そのスマホがアクセスポイントとなりノートパソコンをネットにつなげることができます。

テザリングの接続方法は3種類ある

実はテザリングには接続方法が3種類あり、それぞれメリット・デメリットがあります。その中には有線(USB)で接続する方法もあります。

テザリングの接続方法は下記の3通り

Wi-Fiテザリング

一般的なテザリングの方法。接続方法も簡単で速度も比較的速いがバッテリーや通信容量の消費が多いのが難点。

Wi-Fiテザリング
先生

筆者もノートパソコンをこの手法を使ってインターネット接続し、記事を書いていることもあります。

Bluetoothテザリング

Wi-Fiテザリングほど知られてはいないけど、非常に便利な接続方法。速度は遅めだが、バッテリー消費が少ないため常時接続させておくこともできます。

Bluetoothテザリング

USBテザリング

速度も速く電源を供給しながら通信を行うため、バッテリー消費の心配も少ない。USBケーブルとUSBコネクタが必要となるので接続しやすさという点では少し不便。

USBテザリング

それぞれのメリット・デメリットをまとめたのが下表になります。

種類接続方法特徴
Wi-Fiテザリング無線通信速度:速い
バッテリー:消費が激しい
※データ容量の消費も激しい
Bluetoothテザリング無線通信速度:遅い
バッテリー:消費が少ない
※一度ペアリング設定すれば次回からは接続が楽
USBテザリング有線通信速度:速い
バッテリー:消費が少ない
※充電しながら通信が可能

接続方法にはバッテリー消費や通信速度の面で一長一短あります。

USBが使える環境であればUSBテザリングがメリットが高いといえます。そうでない場合、速度優先でWi-Fiにするか、バッテリーの持ちや接続の簡単さでBluetoothにするかは状況に応じて使い分けていくのが賢明かと思います。

iPhoneやAndroidスマホへのテザリング接続&設定方法

テザリングの接続方法はiPhoneとAndroidで設定方法が違います。このページだけで説明しようとすると膨大になるのでソフトバンクの公式ページにテザリングの設定方法の解説ページがありましたので、リンクをご紹介します。

ソフトバンク公式:テザリングの設定(iPhone)
ソフトバンク公式:テザリングの設定(Android)

「テザリングオプション」を継続する?解約する?

月額無料の新しいプランを利用している人は気にしなくても良いですが、月額550円の別料金を払っている人にとっては、テザリングを「継続」するか「解約」するかが悩むかもしれません。

もちろん一切利用しないのであれば問答無用で解約して良いかと思いますが、たまに使う程度のユーザーにとっては悩みどころです。

解約してモバイルルーターにする手もあるが…

格安でモバイルルーターに移行する方法として、中古のモバイルルーターを購入し格安データSIMを挿して利用するという方法もありますが、こちらもルーター本体代に加え、最低限の通信でも毎月約500円程度の料金はかかります。

解約方法

テザリング機能を利用しないならすぐ解約しよう

よく考えたらテザリングなんて使わないです!という方はテザリングオプションの解約を今すぐ行いましょう。(最初から未加入の方は大丈夫です)

現在加入中の「テザリングオプション」を解約する方法は下記の3つの方法があります。

A. ネット(MySoftBank)から「テザリングオプション」を解約

  1. MySoftBankにログイン
  2. 「契約確認」を選択 ※パソコンの場合は「契約・オプション管理」を選択
  3. タブの「オプション」を選択
  4. 「テザリングオプション」「変更」を選択
  5. 変更内容を確認、「次へ」を選択
    ※「テザリングオプションの解除」が表示されない場合は、MySoftbankからでは解除ができないため、カスタマーサポートに電話またはソフトバンクショップで手続きしてください。。。
  6. あとは指示通りに進んで申込みを完了すればOKです。
    「同意する」にチェック→「申込」を選択→完了画面が表示

B. カスタマーサポートに電話して「テザリングオプション」を解約

まず、ソフトバンクカスタマーサポートに電話しましょう。
受付時間は9:00〜20:00(年中無休)

  • ソフトバンクの携帯電話からは:157
  • 一般電話からは:0800-919-0157

にダイヤルします。(どちらも通話料無料)

  1. 音声ガイダンスが流れるので指示に従い数字を入力します。
    「4」を選択→「1」を選択→「4」を選択→「1」を選択
  2. 4ケタの暗証番号をプッシュ。
    ※暗証番号がわからない場合は、入力せずに待っていればオペレーターに繋がります。
  3. オペレーターにつながりますので「テザリングオプション」を解約したい旨を伝えると手続きを行ってくれます。

C. ソフトバンクショップに来店して「テザリングオプション」を解約

近くのソフトバンクショップに直接出向いて変更手続きができますが、確認書類が必要な点や待ち時間を考慮すると、この方法はあまりオススメできません。

テザリングオプションの解約手続きに必要なもの(個人契約の場合)

※契約者本人が来店する必要があります。

申し込み手続き方法

いまはテザリングオプションを使っていないけど、逆に使いたいといった人もいると思いますので「テザリングオプション」の申し込み方法についても解説します。

「テザリングオプション」の申し込み手続きをする場合も3つの方法があります。

A. ネット(MySoftBank)から「テザリングオプション」を申し込む(個人契約)

  1. MySoftBankにログイン
  2. 「契約確認」を選択 ※パソコンの場合は「契約・オプション管理」を選択
  3. タブの「オプション」を選択
  4. ページ上部のサービスバナー一覧から「テザリングオプション」を選択
  5. サービス内容を確認、「次へ」を選択
  6. あとは指示通りに進んで申込みを完了すればOKです。
    「同意する」にチェック→「申込」を選択→完了画面が表示

B. ソフトバンクカスタマーサポートに電話して「テザリングオプション」を申し込む

ソフトバンクカスタマーサポートに電話しましょう。
受付時間は9:00〜20:00(年中無休)

  • ソフトバンクの携帯電話からは:157
  • 一般電話からは:0800-919-0157

にダイヤルします。(どちらも通話料無料)

  1. 音声ガイダンスが流れるので指示に従い数字を入力します。
    「4」を選択→「1」を選択→「4」を選択→「1」を選択
  2. 4ケタの暗証番号をプッシュ。
    ※暗証番号がわからない場合は、入力せずに待っていればオペレーターに繋がります。
  3. オペレーターにつながりますので「テザリングオプション」を申し込みたい旨を伝えると手続きを行ってくれます。

C. ソフトバンクショップに来店して「テザリングオプション」を申し込む

近くのソフトバンクショップに直接出向いて変更手続きができますが、確認書類が必要な点や待ち時間を考慮すると、この方法はあまりオススメできません。

「テザリングオプション」の申し込み手続きに必要なもの(個人契約の場合)

※契約者本人が来店する必要があります。

まとめ

ソフトバンクのテザリングオプションは無料~月額550円といった利用プランによって大きく3つに料金が分かれているオプションサービスです。

テザリングオプションが無料のプラン、有料のプランが混ざっていることもあったり、一部の有料となるプランでも昔は無料だったプランもあり、現在は有料化していることに気がついていない人もいるのではないでしょうか?そのような方にとっては「使っていないのに毎月550円支払っていた!」という事態も予想されます。テザリング機能は非常に便利な機能ですが、利用しないのに無駄な料金を払う必要はありません。

まずはMySoftBankなどで自分のデータ定額プランやテザリングオプション加入状況を調べて、判断することが大事ですね。

いかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

おすすめの関連記事
ソフトバンク関連の注目記事まとめ「メリハリ無制限」徹底解説「LINEMO(ラインモ)」徹底解説