ソフトバンク「最安」のスマホ料金プランは?失敗しないために知るべきこと

安ッ!

相変わらず携帯の料金ってわかりづらい。。

ソフトバンクも同様で条件や制限が多すぎて、どの料金プランを選べば安くなるのか迷いますよね。

ショップに行って、内容が良くわからないまま店員の勧めで高いプランに加入させられた!なんて経験がある人も多いのではないでしょうか?

乗り換えで失敗しないためにも基本的な料金のしくみも知っておきたいところです。

ここではソフトバンクのスマホを利用する場合に必要な知識、そして条件ごとに「最安」となる料金プランと割引キャンペーンをご紹介します。少しでも月々の維持費を安くするための参考になれば幸いです。

それではいってみましょう!

高額キャッシュバックで最新機種も無料に!?

ソフトバンクの料金のしくみ

自身のスマホ料金を最安にするために、まずソフトバンクの料金のしくみから知っておいたほうが良いでしょう。ポイントを押さえれば意外とカンタン。毎月の料金の内訳がグッと分かりやすくなりますよ。

ポイント:スマホの料金は下記の項目で成り立っている。

最終的にスマホの月額料金を決める要素(料金プラン)は下図の通りです。

携帯電話料金

それではそれぞれ見ていきましょう!

①通話料とは

一般的に「基本料金」と呼ばれます。通話にかかるプランになります。

通話料=基本料

ソフトバンクでは基本的に定額で利用できる「スマ放題/スマ放題ライト」従量制(話した分だけ料金がかかる)の「ホワイトプラン」の2種類があります。

基本料金(通話)プランの種類
プラン名 料金 プラン内容
定額 スマ放題
(通話定額基本料)
¥1,836/月 完全に通話がし放題
スマ放題ライト
(通話定額ライト基本料)
¥2,916/月 5分以内の通話がし放題
従量 ホワイトプラン ¥1,008/月 ソフトバンク同士の1:00~21:00までの通話がし放題、それ以外の時間や他社端末への通話は20円/30秒

※この記事ではホワイトプランは割愛し、スマホ向けの定額プラン(スマ放題/スマ放題ライト)での最安料金をご紹介します。

②データ通信料とは

スマホには欠かせない料金の「データ通信料」は、ネットやメール、アプリなどの使用時にデータをやりとりするためにかかる料金です。

スマホのデータ通信

データ通信プランの種類
データ定額
※スマ放題/スマ放題ライト向け
30GB※ギガモンスター
20GB※ギガモンスター
20GB(U18)※学割モンスター
5GB
2GB
1GB
パケット定額
※ホワイトプラン向け
パケットし放題 for 4G
パケットし放題フラット for 4G

ひと月にデータ容量分を使い切ると通信速度が極端に遅くなります。つまり「●GB」とは高速で利用できる月の上限量ということです。

ソフトバンクでは1GB~30GBまで容量ごとに通信定額プランがあり、当然容量が多いほど料金も高くなります。

最近よく目にする「ギガモンスター」とは、20GB/30GBのプランのことを指します。

③ネット接続料とは

ネットを使用するのに必須の料金です。

接続

固定でかかる料金の「ネット接続料」。これはあまり深く考えず「スマホを使うなら必要な料金」と覚えておけば良いです。(¥324円/月)
※ソフトバンクの場合は「ウェブ使用料」、ドコモは「spモード」、auは「LTE NET」などと呼ばれています。

④機種代金

端末を分割で購入した場合は、毎月分割金の支払いが必要になります。

機種代金

新スーパーボーナス加入時に月月割が適用され、端末に応じ毎月一定額の割引があります。
※新スーパーボーナスとは端末の分割購入を可能にするソフトバンクのローン契約のようなものです。

iPhone7(32GB)の支払い本体代金
端末代支払い総額 月月割
有り 無し
¥87,840 ¥450/月 ¥3,660/月

端末代金から月月割の割引分を差し引いた場合、¥3,660/月のiPhone7端末代が¥450/月で利用可能となります。

⑤割引

最安の料金にするために是非とも利用したいのが割引キャンペーンです。

割引

割引が適用される条件はさまざまです。この適用条件が携帯・スマホの料金が複雑にしているといっても過言ではありません。

さまざまな割引条件

割引の対象となる条件の一例

・契約種別(新規契約・機種変更・MNP)
・契約者の年齢
・加入時期
・通話プランやデータ通信プランの内容
・購入する機種

などの条件が設定されています。

ソフトバンクの3大割引キャンペーン

最安にするためのカギとなるのがソフトバンクの3大割引(?)である、

  • 月月割
  • スマホデビュー割
  • 学割(2017年)

をいかに利用するかが重要。その他にも「下取り割」「おうち割」など条件によって割引がありますので、うまく組み合わせる必要があります。

スマホ料金を最安にするには?

最安にするためには、端末価格はもちろんですが、「通話プラン」「データ通信プラン」との組み合わせ方と割引キャンペーンをうまく適用させられるかどうかが重要になってきます。

単に一番安いプラン同士を組み合わせれば最安になるというわけではありません。

「この通話プランとこのデータ通信プランは組み合わせできない」といった場合もあります。割引キャンペーンについても「このプランでは適用されない」などの条件や制限があり、そこが料金を複雑にしている要因なのです・・。

ソフトバンク最安の料金プランはコレ!

では実際に月額料金を試算してみましょう。ここでは異なる条件ごとにそれぞれ最安プランを出してみました。

●「スマホ(au/ドコモ)を利用中の方向け」最安プラン
A.最新機種+月月割

●「ガラケー(au/ドコモ)を利用中の方向け」最安プラン
B.最新機種+スマホデビュー割
C.特別価格機種の購入+スマホデビュー割

●「学割を適用する方向け」最安プラン
D.最新機種+学割モンスターU18※キャンペーン終了

●「割引の条件を全て満たせる方向け」最安プラン
E.特別価格機種の購入+スマホデビュー割+おうち割光セット+でんきセット

スマホ(au/ドコモ)を利用中の方向け

格安度★★☆☆☆

他社スマホからソフトバンクの最新スマホ(iPhone7)にMNPした場合の最安プランです。

月額¥7,270
●基本使用料(通話料)
通話定額基本料(スマ放題)
¥2,916
ウェブ使用料 ¥324
●データ通信料
データ定額2GB
¥3,780
●購入端末
iPhone7(32GB)
(24回)¥3,660
月月割 -¥3,210
下取りプログラム -¥200

通話プランはスマ放題。通信プランはデータ定額2GBを選択し、下取りプログラムを利用。(表記は下取りの最低価格。)

※データ定額1GBを選択すると「月月割」が利用できないし、通話プランがスマ放題ライトの場合は2GBが選択できないので、この場合スマ放題を選択したほうが安くなります。

ガラケー(au/ドコモ)を利用中の方向け

格安度★★★☆☆

他社ガラケーからソフトバンクの最新スマホ(iPhone7)にスマホデビュー割でMNPした場合の最安プランです。

月額¥6,484
●基本使用料(通話料)
通話定額ライト基本料(スマ放題ライト)
¥1,836
ウェブ使用料 ¥324
●データ通信料
データ定額1GB
¥3,132
●購入端末
iPhone7(32GB)
(24回)¥3,660
月月割 適用不可※スマホデビュー割と併用不可
スマホデビュー割 -¥2,268
下取りプログラム -¥200

通話プランはスマ放題ライト。通信プランはデータ定額1GBを選択し、スマホデビュー割を適用+下取りプログラムを利用。(表記はガラケー下取りの場合)

他社ガラケーからのMNPであれば「スマホデビュー割」が適用可能。ただし「月月割」は併用できなくなります。

月月割はデータ定額1GBを選ぶと割引が適用できませんが、「スマホデビュー割」なら1GBの場合でも割引があります。

格安度★★★★☆

他社ガラケーからソフトバンク指定のスマホ(DIGNO F)にスマホデビュー割でMNPした場合の最安プランです。

月額¥2,904
●基本使用料(通話料)
通話定額ライト基本料(スマ放題ライト)
¥1,836
ウェブ使用料 ¥324
●データ通信料
データ定額1GB
¥3,132
●購入端末
DIGNO F
(24回)¥80
月月割 適用不可※スマホデビュー割と併用不可
スマホデビュー割 -¥2,268
下取りプログラム -¥200

通話プランはスマ放題ライト。通信プランはデータ定額1GBを選択し、スマホデビュー割を適用+下取りプログラムを利用。(表記はガラケー下取りの場合)

スマホデビュー割の対象機種を購入した場合は一気に月額料金が下がります。対象の機種は最新ではないですが、とにかく月額料金を安くしたいという方にはこの方法がオススメです。

DIGNO F以外にもiPhoneSEなど様々な機種が対象となっています。

↓くわしくはこちら

『スマホデビュー割』とは?ソフトバンクの最強キャンペーンを解説!
『スマホデビュー割』とは?ソフトバンクの最強キャンペーンを解説!
2017/6/1追記:スマホデビュー割は6月1日から仕様が変更されました。今まで端末代が特別価格にて購入可能でしたが、その割引分が別途「特別...

学割を適用する方向け

2017年6月2日追記:ソフトバンクの学割は5月31日をもって受付が終了しました。

格安度★★★☆☆

2017年の学割である学割モンスターU18を利用し、ソフトバンクの最新スマホ(iPhone7)にMNPした場合の最安プランです。

月額¥5,821~¥7,981
●学割モンスターU18
※基本料・ネット接続料込み。※スマ放題ライトの場合
データ利用3GBまで 5,821円
3GB~4GB 6,696円
4GB~5GB 7,452円
5GB~20GBまで 7,981円
●購入端末
iPhone7(32GB)
(24回)¥3,660
月月割 -¥3,210
下取りプログラム -¥450

学割モンスターU18は他のプランに比べ特殊で、データの利用量に応じて料金が変動する段階制定額のプラン。基本料・データ通信料・ネット接続料がセットになっています。

通話プランはスマ放題ライトを選択+下取りプログラムを利用。(表記はガラケー下取りの場合)

3GB以内の通信量かつ最新機種が欲しい!という場合、「学割」の利用で最安になります。

割引の条件を全て満たせる方向け

格安度★★★★★

他社ガラケーからソフトバンク指定のスマホ(DIGNO F)にスマホデビュー割でMNPし、さらにおうち割(光セット・でんきセット)を適用した場合の最安プランです。

月額¥2,104
●基本使用料(通話料)
通話定額ライト基本料(スマ放題ライト)
¥1,836
ウェブ使用料 ¥324
●データ通信料
データ定額1GB
¥3,132
●購入端末
DIGNO F
(24回)¥80
月月割 適用不可※スマホデビュー割と併用不可
スマホデビュー割 -¥2,268
下取りプログラム -¥200
おうち割光セット -¥500
おうち割でんきセット -¥300

通話プランはスマ放題ライト。通信プランはデータ定額1GBを選択し、スマホデビュー割を適用+下取りプログラムを利用。(表記はガラケー下取りの場合)

さらに、ソフトバンク指定の自宅インターネット回線とスマホの同時利用で「おうち割光セット」を適用。さらに電力サービス「ソフトバンクでんき」との同時利用で「おうち割でんきセット」が適用されます。

ここまで割引をフルに活用すると、端末代込みで月々¥2,104で運用可能となります。

最安料金を知ること

最安プラン

いかがだったでしょうか?割引やプランの組み合わせ次第でここまで月額料金に大きな差が出ることがお分かりいただけたかと思います。

最安といっても、条件に当てはまらない人もいるでしょうし、ネットや動画をたっぷり楽しみたいという方は、これらのプランでは満足できないかもしれません。

しかし、無駄な出費を防ぐためには最安のプランも知っておくのは重要だと思います。最安を知ることで料金のしくみや自分に合ったプランも見えてきます。そこから自分に合うものだけをチョイスしていけば良いのです。

プランが決まったらあとは手続きするショップ選びも重要。ここでもお店しだいで大きな差が出ます。キャッシュバックや一括0円のあるショップであれば、細かい料金プランなど気にならないくらいにお得になりますよ~。

おとく【通常2】

高額キャッシュバックで最新機種も無料に!?

キャッシュバック+一括0円

ソフトバンクに「乗り換え」の方へ! MNPの特典をガッツリ使って確実・お得に最新機種を購入できる鉄板のショップをご紹介します。

通常のショップにはない高額の現金キャッシュバックで、MNPの初期費用や本体代金もまかなうことができ、おつりも来てホクホクです。(複数同時契約で台数分の現金還元)

購入する機種が「一括0円」の対象であれば本体代金をショップが全額負担してくれるので、さらにホクホク・・。

↓有名店なのでご存知の方も多いと思いますが・・

おとくケータイ.net

PCや手持ちのスマホから簡単にすべての手続きが可能。つまり来店不要で全国どこに住んでいても「高額キャッシュバック」&「一括0円」の恩恵を受けられます。

公式キャンペーンとの同時併用で最高にお得に!
問い合わせフォームで希望の機種や要望を記入するとメールで最適プランや還元額を教えてくれます。
おとくケータイ.netトップページ
  • 特徴どこよりも高い現金還元・一括0円機種が豊富・お客様満足度No.1・申込件数20万件の実績と安心・公式キャンペーンも同時利用可・有料オプションへの加入が不要・来店不要で日本全国対応

私も以前MNPに利用しましたが、全ての手続きをPCやスマホから行えるのはうれしい(郵送契約も可)。新規契約の場合もキャッシュバックは出るようです。

シェアする

フォローする