ソフトバンクに乗り換え『キャッシュバック』で違約金を相殺せよ!MNPガイド

違約金請求に悩む人

ソフトバンクに乗り換え(MNP)をお考えの皆さん!

魅力的な新機種が発売された時などに「今すぐ乗り換えして新機種を手にしたい!」と物欲が頂点に達する時があるかと思います。

そんな時、悩みどころなのが「違約金」をはじめとする乗り換えの諸費用。

じゃあ違約金を払ってもいいから、ソフトバンクへ乗り換えた際にキャッシュバックをがっつりもらって相殺すれば良いだけじゃない?というのが今回のお話。

逆にいえば、せっかくMNPするのにキャッシュバック特典を受け取らないのは、エジプトに旅行してピラミッドを見ないのと同じくらい?もったいない事なのです。

後悔する女性

更新月(違約金のかからない期間)に乗り換えすればベストですが、違約金を請求されるのが怖いから更新月まで我慢。。というのも少々馬鹿らしい気がします。

高額のキャッシュバックがあれば、手数料や違約金が発生しても負担が最小限で済みます。

乗り換え時に「差」がでるポイント

当然ですが、同じソフトバンク契約であれば、どのショップで手続きしても料金プランの内容自体は同じです。

もちろん、キャリアが提供している「乗り換えが対象」の割引やキャンペーンに関しても、どのショップで手続きしても平等に受けることができます。

では、乗り換えの際に大きな差が出るポイントは何なのでしょう?

それはキャリアではなくショップ側。つまり携帯販売代理店からのMNP特典(キャッシュバックなど)です。

これは各ショップが「独自の判断」で出している特典になります。もちろんキャッシュバックの金額も店舗によって異なりますし、全く出していない店舗も多いです。

ですので、お得に乗り換えるためには契約時にショップが出しているキャンペーン、つまりキャッシュバックをもらえるか否かが非常に重要となります。

キャリアの特典とショップの特典

さらにキャリア3社で比較した場合でも、乗り換えの際、ショップ側からキャッシュバックを多くもらえる傾向にあるのがソフトバンクなのです。

さらに言うと、希望の端末が「一括0円」になるショップであればベスト。端末代金をショップ側が負担してくれるので、その分、月々支払う携帯料金が安くなります。

高額キャッシュバック・一括0円端末のある携帯ネットショップ

乗り換えの違約金・手数料

携帯電話で言うところの「違約金」とは2年契約時の途中で解約した場合に、それまで契約していたキャリアに対して支払わなければならない料金です。

一般的に「契約解除料」などとも呼ばれます。

普通キャリアの携帯電話に加入すると通常は2年契約(2年縛り)に加入します。つまり「2年間はうちの会社を使い続けてよ!」ということです。もちろん3大キャリアだけでなく格安スマホの場合にも縛りは存在します。

2年契約に加入し「2年間は使うよ~!」と契約したのにもかかわらず、2年以内に解約してしまうと違約金がかかってしまいます。

更新月とは?

更新月とは、2年契約に加入している場合、解約しても違約金がかからない期間のことです。その月は契約して2年後に訪れます。期間は2か月間のみ。

またこの2ヶ月間を過ぎてしまった場合は次の更新月が訪れるまで2年待たなければなりません。(下図参照)

更新月の概要

2年契約に入らない。という手もありますが、その場合は基本料金がべらぼうに高くなってしまうため、大半の人がこの2年契約に加入するのです。

「2年契約」解約時の違約金は?

キャリアの違約金
違約金(契約解除料) ドコモ 9,500円
au
ソフトバンク

3大キャリアに限って言うと、ソフトバンク・ドコモ・auとも2年契約時の違約金(契約解除料)は9,500円で統一されています。

違約金以外にかかる手数料など

MNPに必要な手数料は以下の3点。こちらは更新月に関係なくかかる料金です。

その他かかる費用(3大キャリア)
種類 支払先 キャリア 料金
1.MNP転出手数料 ※必須 転出する会社 ドコモ 2,000円
au・ソフトバンク 3,000円
2.契約事務手数料 ※必須 転入する会社 共通 3,000円
3.端末本体の残金
※支払いが残っている場合
転出する会社 支払い状況による

転出する会社転入する会社(ソフトバンク)にそれぞれ支払う必要があります。

違約金や端末代の支払いがない場合でも5,000~6,000円の手数料はかかるということ。

違約金は怖くない!

今すぐ乗り換え(MNP)したい!という場合は、キャリア&ショップがそれぞれ行っているキャンペーンを利用しない手はありません。

1.ソフトバンクが行っているMNP向けキャンペーン
月額料金の割引・端末購入割引・手数料無料など、機種変更と比べても比較的優遇された特典内容のものが多い。
2.携帯販売代理店が独自で行っているMNP向けキャンペーン
一括0円端末・キャッシュバックなど、手続きする店舗の選択しだいでMNPの料金負担が大幅に抑えられる。

1:キャリアのキャンペーンを利用する

●違約金&手数料無料の公式キャンペーンがあれば利用しよう

まずは手数料無料のキャンペーンなどを行っていないかチェックしてみましょう。キャリアが期間限定で違約金などの手数料が無料になるキャンペーンを行っている場合があります。

たとえば今ならワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え限定のキャンペーンがあります。

ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム
ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム

ソフトバンク公式:ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム

↓このプログラムを併用したショップのキャンペーンも。維持費が格安です。。

Y!mobileガラケーからの乗り換え限定キャンペーン

Y!mobileガラケー/PHSからのMNPで維持費が月々544円!&諸費用ゼロ。
Y!mobileガラケー/PHSからのMNPで維持費が月々544円!&諸費用ゼロ。
当サイトでたびたび紹介している「おとくケータイ.net」さんから、今回はY!mobileユーザー限定のキャンペーンのお知らせが届きました。 ...
●キャリアの下取りキャンペーンを利用しよう

旧端末が不要な場合はキャリアに下取りに出す中古業者に買い取ってもらいましょう。

ソフトバンクの「のりかえ下取りプログラム」は毎月の料金から下取りした端末に応じて一定額を割り引いてくれるキャンペーンです。

↓ソフトバンクの「のりかえ下取りプログラム」

ソフトバンクの『のりかえ下取りプログラム』とは?特典と手順をカンタン解説。
ソフトバンクの『のりかえ下取りプログラム』とは?特典と手順をカンタン解説。
ソフトバンクの『のりかえ下取りプログラム』は、他社キャリアから乗り換え(MNP)する際に、他のキャリアで利用していた機種を下取りし、下取り金...

乗り換え完了後に中古販売業者に買い取ってもらうのもアリ。その場合、端末本体の支払いが残っている場合は、なるべく一括で支払っておくことをおすすめします。

下取り後も割賦で支払いを継続して完済すれば問題ないのですが、万一支払いが滞った場合端末にロックがかけられてしまいます(赤ロム化)。その場合、業者から損害賠償を請求されますのでくれぐれもご注意を。

大手で言えばゲオブックオフなどがありますが、「携帯電話 買取」などで検索すればさまざまな業者がありますので、買取価格や利便性などを考慮して探してみて下さい。

2:ショップのキャッシュバック

一部のショップが出しているキャッシュバックを利用することで違約金や手数料分を払ってもおつりがきます。

キャッシュバック

各ショップでは乗り換えの契約に限りキャッシュバックを出しているところがあります。総務省の通達により最近はめっきり少なくなりましたが、現在でもキャッシュバックはひっそりと行われています。

たとえば一部のネットショップは実店舗を持たない分、浮いたコストをキャッシュバックという形でユーザーに還元しています。

高額キャッシュバックで違約金を相殺&さらにお得に

違約金を相殺

おとくケータイ.netはMNPの特典をガッツリ使って安心・確実にトクして最新機種を購入できる鉄板のショップ。

他社(ワイモバイルを除く)からソフトバンクへの乗り換え(MNP)限定になりますが、数万円の高額キャッシュバックでMNPの費用や本体代金もまかなうことができます。

さらに「一括0円」の対象機種であれば本体代金をショップが全額負担してくれるので月額料金が大幅ダウン。

開通までの全手続きをネット(PCやスマホなど)から簡単に済ませることが可能です。

おとくケータイ.netおとくケータイ.netトップページ

以前に管理人がおとくケータイで乗り換えた時の体験レポです。ぜひ参考にしてみて下さい。

↓管理人のMNP体験記

おとくケータイ.netでiPhone乗り換え体験記。MNPの手順を大公開!
おとくケータイ.netでiPhone乗り換え体験記。MNPの手順を大公開!
先日、キャッシュバックで有名な「おとくケータイ.net」でソフトバンクに乗り換え(MNP)したので、その体験レポートです。 私の場合、...

実際どれぐらい出るの?

キャッシュバックの金額については時期や機種などによっても異なるようなので、ハッキリとは言えません。

おとくケータイ.netのお問い合わせフォームなどで希望の機種やプランを伝えると最適なプランとキャッシュバック額を提示してくれるので、それから検討するのも手かと思います。

管理人の質問文問い合わせ内容

ソフトバンクへの乗り換え(MNP)に限られることや、ガラケーへの乗り換えは対象外などキャッシュバックの適用には条件があります。興味がありましたら下記の「体験記」を参考にしてみて下さい。

まとめ

更新月に乗り換えがベストなのは間違いありませんが、乗り換え(MNP)の場合、キャリア(ソフトバンク)とショップ(携帯販売店)の特典で優遇してくれるため、違約金や手数料を差し引いても結果的にお得になるキャンペーンが多くあります。

あまり違約金や手数料の支払いだけにとらわれず、割引キャンペーンやキャッシュバックなどを活用した場合、トータルでお得になるかどうかを判断し、自分にとってお得な店舗で乗り換えすることをオススメします。