スマホ契約の審査が通らない!そのような時は「SIMのみ契約」を検討してみよう

スマホの審査が通らない場合はSIMのみ契約を検討しよう

スマホ販売をしている知人から、少し興味深い話を聞いたのでご紹介します。

携帯会社をのりかえで契約手続きをしようとしたけど、携帯会社の審査が結構厳しいようで審査が通らず、(毎月のスマホ料金をちゃんと払っていたとしても)契約できない人が最近結構いるそうです。

このような時の対処法としてSIMのみ契約をすると審査が甘くなり、契約できる可能性が高くなるようです。

スマホ契約には2つの審査がある

携帯会社でスマホ購入&プラン契約をする場合の審査は実は2種類あることを知っていますか?ひとつは「分割審査」。もうひとつは「契約審査」です。

それぞれの審査について簡単に解説します。

分割審査

「分割審査」とは、スマホやケータイを携帯会社で購入する場合、24回、36回、48回など分割払いで購入する方が多いと思います。この分割払いはつまりローンになるのですが、このローンの審査には「CIC(CREDIT INFORMATION CENTER 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)」という組織が持っている信用情報が深く関わっています

CICではスマホのみに関わらずさまざまな商品・サービスに関する、各個人の過去のクレジットカード、キャッシング、ローンなどの利用・支払いの実績情報が蓄積されていて過去に何かしらの料金で未払いなど支払いに関する信用が少ない人の場合は審査が通らず、審査に通らない人はこの分割審査で落ちてしまい契約できない場合が多いようです。

自分の信用がどうなっているかについては、CICに問い合わせれば確認することができます
CIC公式ページ:情報開示とは(自分の信用情報を確認)

先生

審査が厳しいのはこの「分割審査」です。

契約審査

「契約審査」とは、携帯会社側でもっている情報から行う審査です。これは過去の携帯料金の支払い状況(滞納)、短期解約や強制解約など、携帯会社利用に関する実績情報を見ているので、他の商品やサービスの未払いといった情報に関しては審査材料には含まず、審査の厳しさは分割審査と比べれば通りやすい審査になります。

普通にスマホを利用して、毎月のスマホ利用料もしっかり支払っていれば特に問題なく審査が通るはずです。

先生

契約審査は判定が厳しい「CIC」の審査はありません。

SIM単体契約の場合は契約審査のみになる

CICで審査が通らない場合の対処法としては、CICを通さない審査にもっていくことが最短の方法です。

つまり「契約審査」のみで行える契約にするということです。

「SIM単体契約」の場合には、スマホをローン購入することはないため、「契約審査」だけで済ませることができ、携帯会社の乗り換えができる可能性が高くなります。

分割購入ではなく一括購入する選択肢も一応ある

どうしても新しい端末を購入した場合は、分割購入ではなく、一括購入でローンにしない形で購入することで「分割審査」を回避する手段も一応あります。
ただ、最近は端末代金が徐々に高くなってきていて、端末代金の割引も以前ほど多くないので、先行しての料金負担が重く圧し掛かってくるのは避けられません。

SIM単体契約の場合の注意点

SIM単体で契約する場合には、端末を持ち込むので現在利用しているスマホを持ち込むか、新たにSIMフリー端末を購入し持ち込むかのいずれかになりますが、2点注意しておくことがあります。

SIMロック解除が必要になる場合がある

SIMロックがかかっている端末を利用していて、利用する携帯会社によってはSIMロックを解除しないとスマホが利用できなくなる場合があります。

現在、日本国内で携帯会社を利用する場合、ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を利用(MVNOも3つのいずれかの回線を使用)していますが、簡単に他社に携帯会社を変えられないようにするため、販売する端末にSIMロックをかけ、特定の携帯会社の回線しか使えないようになっています。

たとえば、ドコモのSIMロックがかかっている端末の場合には、ドコモの回線を利用している携帯会社の回線のみ利用できるようになります。auやソフトバンクの回線を使いたい場合には、ドコモのSIMロックを解除して、SIMフリーの状態にする必要があります。

先生

SIMフリーの端末の場合にはSIMロックがかかっていませんので、SIMロック解除をする必要はありません。

各携帯会社のSIMロック解除のやり方については解説記事があります。SIMロックを解除したい場合にはこちらをご覧ください。

ドコモのSIMロック解除方法auのSIMロック解除方法ソフトバンクのSIMロック解除方法

周波数帯が適合していない端末の場合がある

ドコモ、au、ソフトバンクの各回線は違う周波数帯を使用しています。ドコモからauやソフトバンクにのりかえなど違う回線にする場合には、使用するスマホ端末がその周波数帯で利用できるかを確認しておく必要があります。

先生

特にauは独特な周波数帯を利用しているので、ドコモ・ソフトバンクからauにする場合には周波数帯が対応しているか、チェックしておくことをお勧めします。

↓参考:auの通信方式に適合している端末か

まとめ

スマホの審査に落ちて契約できない場合でも、SIM単体契約にすることで、厳しい審査の「分割審査」を避けることで、契約することができる可能性が高くなります。

端末を持ち込む形になるので、SIMロック解除や端末自体が周波数帯にあっているかの確認するといった注意点はあるものの、審査に落ちて、携帯会社を変えられないといった問題を解消する可能性もあるので、困ったときには検討してみてください。

いかがでしたでしょうか?
また、次回もお楽しみに!

おすすめの関連記事
SIMカードの種類解説MNP(のりかえ)関連の注目記事まとめスマホ料金の見直しと節約方法