Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)の楽天回線を数日使ってみて感じたこと

Rakuten UN-LIMITの楽天回線を数日使って感じたこと

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)に契約し、データSIM的な使い方をし始めた筆者ですが、数日使ってみて思った感想をまとめてみました。

あくまで筆者個人の感想なので、人によって思うことは違うはずなので、参考として見てください。

通話・SMSについての感想は書いていません

筆者はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)のSIM2枚刺しができる機種で、データ通信に関するところを楽天モバイルのSIMに当てて使っているため、別のSIMを使っている通話・SMSについての感想は特に書いていません。
(動作テストで1回通話とSMSをやりましたが特に不便な点はなく、普通な感じでした)

2020年6月22日更新

同じメーカー(UMIDIGI)の機種を利用している人の利用レポートのブログやYouTubeを見ていて、SIMカード1を楽天SIMにした方が良いというのを見つけたので、試してみたところ、接続が遅くなる事例は幾分軽減できました。(それでも繋がりにくい局面は時々発生しますが、以前ほどの遅さは感じにくくなりました。)

筆者がRakuten UN-LIMITを開通させた時の記事はこちら…

基地局の絶対数がまだ少なそう

筆者の自宅や仕事場など、幸いなことに楽天回線エリア内にあるため、データ使い放題の恩恵を受けることができます。時々auのローミング回線に繋がることもありますが、それでも基本的には、楽天回線を利用できていることが多いです。

数日使ってみて筆者が思ったことは…

先生

移動中のデータ通信がかなり繋がりにくい。基地局の絶対数が少ない(設置している基地局の密度が薄い?)気がする・・・

楽天回線をしっかり掴んでくれた場合、通信速度はかなり高速で快適なのですが、特に移動中は楽天回線を捕まえてくれないこと(周辺の基地局を頑張って探している感じ)が頻繁にありました。

楽天モバイルの場合
通信速度自体はかなり速い

その場を動かない環境下は快適

何度か、自分が持っているパソコンからテザリング機能を使い楽天回線を利用したりもしましたが、非常に快適に利用することができました。同じ基地局を使い続けられる環境下で楽天回線をしっかり捕まえられている状態であれば、不都合は感じませんでした。

移動中の利用になると繋がりにくい

現在はかなり解消しています(2020年6月22日更新)

楽天SIMをSIM2からSIM1に入れなおしたところ、繋がりにくくなる現象はかなり軽減できました。(これはスマホ機種メーカー由来の不具合?)

同じ楽天基地局を利用し続けられる環境下であれば良いのですが、移動中で他の楽天基地局に移動しながら利用する状況下になると話が変わりました。

データ通信をしても、周辺の基地局を検索しているようで、なかなか繋がらずタイムアウトになり、「再読み込みしてください」のエラーメッセージが何度も発生しました。

外で徒歩等で移動している時は繋がるまでにやや時間がかかる印象がある程度で収まりますが、電車の中という車体という障害物があり高速移動中の環境下になると非常につながりにくくなりタイムアウトも頻繁に発生する感じになりました。

先生

本当につながらずキツイ時はやむを得ず、ワイモバイルのSIMカードに切り替えてデータ通信して対応した時もありました。

楽天回線はプラチナバンドの帯域を持っていない

昔一時話題になったこともあった800MHz帯のプラチナバンドを持っていると広域をカバーでき、障害物にも強いので、繋がりやすい環境を提供できますが、楽天回線は最後発のMNOということもあり、回線帯の割り当てがほとんどなくバンド3の1.7MHz帯のみでプラチナバンドを持っていません。バンド3は1つの基地局でカバーできる範囲もプラチナバンドと比べると狭く、障害物の影響も受けやすくなります。

範囲が狭くなれば、基地局の数でカバーすれば解消できそうですが、現時点ではまだ基地局の絶対数が少ないようで、繋がりにくい状況になっていると考えられます。

先生

基地局を探してもなかなか見つからない(データが障害物等で通信途中で途切れる・基地局が遠い)?

ローミング回線で使うau回線はプラチナバンド対応

楽天回線自体はプラチナバンドがありませんが、楽天回線が使えなかった場合に利用できるローミング回線のau回線についてはバンド18のプラチナバンド帯が使えます。

バッテリー消費がかなり増えた

繋がりにくい環境になると、周辺の基地局を頻繁に探す挙動をするようで、このことによりバッテリー消費(出力を増やしているため?)が増えてしまいます。

現在筆者が利用しているスマホのバッテリー容量は5150mAhで非常に大容量のバッテリーが搭載されているので、1日で使い切るのが難しいくらいの端末ですが、楽天モバイルのSIMを増やした結果、バッテリーの減る速度が増え、バッテリーの大半を使い切るくらいの消費速度に増えてしまいました。(SIMを2枚刺して使っているので、いままでのSIMにさらに楽天のSIMも増えるので、バッテリー消費量が増えるのは必然ですが、それでも相当減る速度が上がりました。。。)

あまりバッテリー容量が多くない端末を利用するとバッテリー切れを起こす可能性があるかもしれません。

先生

楽天モバイルのSIM単体でまだ試していないため、後日、検証してみたいと思います。

エリア拡大・基地局増加を期待

現時点では、Rakuten UN-LIMITは始まって間もないサービスで、エリア・基地局は現在進行形で急ぎ増やしている段階です。現状は繋がりにくいこともありますが、いずれは解消できそうなことだと思うので、楽天モバイルには、頑張っていただきたいです。

基本料金1年間無料はこのことも加味した内容だと思うので、今後の楽天モバイルの頑張りに期待しています。

楽天モバイルを利用したくなった人はこちら

楽天モバイル

おすすめの関連記事
Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)徹底解説Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)を契約してみたRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)を開通してみた楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルの4Gスマホプラン比較