Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)が2.0にパワーアップ。1.0から何が変わったのか?

Rakuten UN-LIMIT 2.0バージョンアップ内容

2020年4月8日。楽天モバイルのMNOサービス「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」が始まりました。サービスの開始と同時にRakuten UN-LIMIT 2.0にバージョンアップしたと発表がありました。

2020年3月のサービス発表時と比べ2.0になり、プラン内容がいくつか強化されました。

今回はRakuten UN-LIMIT 2.0になって何が変わったのか解説します。

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)自体の詳しいプラン解説を知りたい人は?

国内パートナー回線が大幅強化

Rakuten UN-LIMIT 2.0になって強化された内容としては、国内パートナー回線利用に関する環境について2点大幅強化されました。

データ容量が5GBに増量

Rakuten UN-LIMITは大きく2つの回線を持っていて、

  • データ使い放題の楽天モバイルの回線
    ※ただし、使えるエリアは限定的
  • データ利用量に上限があるパートナー回線
    ※楽天モバイルの回線を利用できない場合はパートナー回線を利用する形でカバーしている。

があります。

今回の2.0にバージョンアップによる変更は2020年4月22日以降、国内のパートナー回線で利用できる1か月のデータ容量が2GBまでから5GBまでに増量されます。

変更点(1ヶ月に利用できるデータ容量)

回線種類変更前(Ver.1.0)
2020年4月21日まで
変更後(Ver2.0)
2020年4月22日以降
楽天モバイル回線データ使い放題データ使い放題
 パートナー回線(国内)2GBまで/月 5GBまで/月
 パートナー回線(海外)
※66の国と地域
2GBまで/月 2GBまで/月

速度制限時の通信速度が最大1Mbpsに増速

今回の2.0にバージョンアップによる変更点のもう1つはサービスを開始した2020年4月8日以降、国内のパートナー回線で速度制限時の通信速度が最大128kbpsから最大1Mbpsに増速されます。

変更点(速度制限時の通信速度)

回線種類変更前(Ver.1.0)
2020年4月7日まで
変更後(Ver2.0)
2020年4月8日以降
楽天モバイル回線
 パートナー回線(国内)最大128kbps最大1Mbps
 パートナー回線(海外)
※66の国と地域
最大128kbps最大128kbps

速度制限時の通信速度は一般的なプランでは最大128kbpsをよく使われていますが、Rakuten UN-LIMIT 2.0になり、国内のパートナー回線については最大1Mbpsに増速されました。

最大1Mbpsの通信速度は、4G LTEタイプの通信制限時の通信速度の中では非常に高速に入るもので、ドコモの「ギガホ」やMVNOとしての「スーパーホーダイ(現在は新規受付は終了)」がありますが、ほかのプランではここまでの通信速度はありません。

最大128kbpsでは動画を見ることはほぼ無理ですが、最大1Mbpsの通信速度があれば最高画質での視聴までは厳しいものの画質を落とせば動画視聴も可能な通信速度になっています。

先生

今回の2.0へのバージョンアップにより、楽天モバイル回線が利用できないエリアの人でも、使えるデータ量が増え、速度制限になっても通信速度がそれほど落ちなくなったことでコストパフォーマンスのよいプランになった感じがします。(さらに最初の1年間無料キャンペーンもある点も魅力です。)

楽天モバイル回線や海外パートナー回線は変更点なし

Rakuten UN-LIMIT 2.0は国内のパートナー回線は強化されましたが、楽天モバイル回線や海外のパートナー回線については、バージョン2.0になっても特に変更点はありません。

楽天モバイルを利用したくなった人はこちら

楽天モバイル

おすすめの関連記事
Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)徹底解説Rakuten UN-LIMITとスーパーホーダイなどのプランとの違いは?MNPの手順と得する携帯ショップの探し方