ソフトバンクにMNPや新規契約でおススメ「おとくケータイ」の特典はこれだ!(2020年9月版)

ソフトバンクにMNPや新規契約のおススメサイト「おとくケータイ」の今の特典はこれだ

ドコモやauなどのキャリアからソフトバンクにMNPで乗り換えや新規契約をする時のおススメサイトの「おとくケータイ」の2020年9月現在の独自特典をご紹介します。

これからソフトバンクへのMNP新規契約を検討されている方は、独自キャッシュバックが付いてくるのでご活用ください。

先生

おとくケータイはオンラインで契約できる来店不要の全国対応のソフトバンク取扱店です。
(今は新型コロナの影響で不要な外出がしづらい状況なので、自宅で契約できる点は魅力的です)

特典内容・キャッシュバック金額

2020年9月現在の「おとくケータイ」が展開している特典内容は期間限定のものと常設のものがあります。
※常設の特典と期間限定の特典は併用できないのでどちらか一方を選択する形です。

特典内容は以下の通りです。

期間限定特典内容(iPhone秋トクキャンペーン!)

おとくケータイでは2020年9月1日から2020年9月8日の期間限定でiPhoneSE(64GBモデル)/iPhone8(64GBモデル)の2機種限定で一括特価キャンペーンを開催しています。

先生

この特別キャンペーンの特典の内訳にはこの後に出てくる「生活応援特典」の還元分も含まれた内容になっています。

契約形態auまたはドコモ(MVNO含む)からのMNP契約、ワイモバイルからのMNP契約
・対象端末とSIMのセット購入
対象機種・販売価格・iPhone SE(64GBモデル):一括32,600円
※機種代金57,600円-端末値引き25,000円(特別割引22,000円と生活応援特典3,000円の合算)
・iPhone8(64GBモデル):一括33,320円
※機種代金58,320円-端末値引き25,000円(特別割引22,000円と生活応援特典3,000円の合算)

さらにYahooクーポンを
活用すると
PayPayボーナスライト10,000円相当がもらえます
※おとくケータイの独自特典ではありませんが、YahooクーポンにPayPayボーナスライトがもらえるクーポンがYahooクーポンの特設サイト内にあるため、契約手続きの前にクーポン発行しておく必要があります。
22,000円以上の端末値引きができる理由は?

2019年10月の法改正でキャッシュバックは20,000円まで、端末代金の値引きは22,000円までといった制限を付けられていますが、23,000円の割引は「生活応援特典」が影響しています。
「生活応援特典」は、新規契約、MNP、機種変更も含め、すべての契約に対して一律3,000円を還元するもので、ほかには一切の条件を付けないことで総務省とソフトバンクに認めさせたもので、2万円の制約とは別のものとして扱えるようになっているそうです。

※「生活応援特典」を含めこれらの特典はソフトバンクの特典ではなく、おとくケータイを運営している日本企業開発支援が提供している特典です。

一括購入特典対象の機種をセット購入しない人は、次の常設の特典内容を利用しましょう。

常設の特典内容

おとくケータイでは常設の特典内容としては「2万円キャッシュバック特典」と「生活応援特典」の2つの特典があります。
※生活応援特典は2020年7月28日開始の特典です。

2万円キャッシュバック特典

2万円のキャッシュバック特典は他社からのMNP(ワイモバイルからの乗り換えも対象)または新規契約の人が対象のキャッシュバック特典です。

契約形態他社からのMNP(ワイモバイルからの乗り換えもOK)または新規契約
・端末とセットで契約
※スマホ/ケータイ、機種問わず
内容一律20,000円/台の現金キャッシュバック
※2万円以下の機種の場合にはキャッシュバック後の端末代が1円になるキャッシュバック金額になるようです。(ほぼ対象となる機種がありませんが)

さらにYahooクーポンを
活用すると
PayPayボーナスライト10,000円相当がもらえます
※おとくケータイの独自特典ではありませんが、YahooクーポンにPayPayボーナスライトがもらえるクーポンがYahooクーポンの特設サイト内にあるため、契約手続きの前にクーポン発行しておく必要があります。

生活応援特典

通常のキャッシュバックとは別におとくケータイでご契約のお客様全員にもれなく3,000円のキャッシュバックが貰える「生活応援特典」もあります。

こちらは、申し込み内容問わず、全ての機種・プラン・契約内容で一律3,000円キャッシュバックが受けられます。

先生

機種変更の場合、2万円キャッシュバック特典は受けられないものの、生活応援特典の3,000円は受けられるということです。

重要なことなのでもう一度言います

この生活応援特典は2万円キャッシュバック特典とは別で受けられます。両方の特典を合わせると23,000円のキャッシュバックになり、2019年10月の法改正に伴う2万円までの上限ルールに抵触するのではと思うかもしれませんが、契約形態を問わず一律で特典適用することで、生活応援特典の分については2万円のルールの適用外として扱って良いと総務省とソフトバンクに認めさせたそうです。
※これらの特典はソフトバンク公式ではなく、おとくケータイの運営元の日本企業開発支援株式会社が独自で行っていることなので、ソフトバンク公式のオンラインショップや他のソフトバンク取扱店では行っていません。

↓2万円ルールをはじめとした改正電気通信事業法で出来なくなったことを知りたい人はこちらの記事で解説しています。
キャッシュバック金額振込タイミング(常設特典の場合)

キャッシュバックの還元方法を銀行振り込みにした場合の支払いまでの期間は開通日により、2つのパターンのいずれかのタイミングで支払われます。

  1. 1日~15日までに開通した場合
     当月末払い
    (例:2/12に開通→2/28にお振込み)
  2. 16日~31日までに開通した場合
    → 翌月15日払い
    (例:2/16に開通→3/15にお振込み)

※支払期日が金融機関休業日の前営業日に振込み

ほかの携帯ショップとの特典比較をしたい人は

特典内容を比較して最終的な携帯ショップを選びたい人は以下の点を見比べることをお勧めします。

  • キャッシュバック還元は2万円/台であること
    ※上限が2万円なので2万円以下の端末を購入する場合はキャッシュバック後の実質的な端末代が1円/台であること。
    ※キャッシュバックではなく、端末代金の値引きする形の還元方法の場合は2万2千円(税込)引きが上限
  • 端末代の頭金0円であること
    ※一部の販売店では端末代金に頭金という料金を設けているところもあります。
  • キャッシュバックの条件に余計なオプションサービス加入が不要であること
    ※キャッシュバックの条件に余計なオプションサービスの加入を求めてくる販売店もあります。

先生

おとくケータイの場合は、端末代の頭金は0円で、キャッシュバック条件にオプション加入がなくキャッシュバックは2万円なので、ユーザー還元が可能な最大限の特典を設定している感じです。ソフトバンクにMNPまたは新規契約をする場合は、とりあえず「おとくケータイ」を利用しておけば無難とも言えそうです。

しかも、基本オンラインなので来店不要・全国対応端末発送の送料無料の販売店でもあるので全国の方にお勧めできます。

端末代金を抑えたい人は2万~5万円くらいの比較的安い価格帯の端末を選択するとそれほど端末代負担を感じなくなります。

ソフトバンクの月額料金イメージ

ソフトバンクに乗り換えた場合の月額料金の一例をご紹介します。

ケータイ用プランの月額料金例

アクオスケータイ3やDINGOケータイ3のケータイ機種を利用する場合はケータイ用のプランを利用します。一例としてデータ容量が無く、一番基本料金が安い「ケータイ通話プラン」の場合は以下のようになります。
※ケータイ通話プランは通話のみ利用するような方に最適なプランです。

ケータイ通話プランの場合(1台の場合)
※税抜

基本プラン(音声)980円
(国内通話30秒につき20円の通話料)
※家族間通話は無料
ユニバーサルサービス料2円
合計
982円~ + 機種代金※1
先生

月額料金は少し高くなりますが、データ容量の付いているケータイ用プランもあります。

スマホ用プランの月額料金例

ソフトバンクの代表的なスマホ向けプラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」を利用した時の月額料金例になります。

今回の期間限定キャンペーンの対象機種を選択する場合は、こちらの月額料金のパターンになります。

スマホ用プランの選択に困った場合

プランの選択に困った場合は以下の基準でプランを選択すると良いです。

  • 月に1GB以上データを利用する人・・・メリハリプラン
  • ケータイからスマホに変更する人で月に1GBまででデータをあまり使わない人・・・スマホデビュープラン
  • スマホからスマホに変更する人で月に1GBまででデータをあまり使わない人・・・ミニフィットプラン

スマホデビュープランの場合(1台の場合)
※税抜。ケータイからスマホに乗り換え・機種変更する人のみ申込み可能。

基本プラン(音声)980円
準定額オプション+800円
(1回の5分以内の国内通話がかけ放題)
※家族間通話は無料
データプラン1GB(スマホ)1,500円
(1GBまでの場合)
小容量割-1,300円
1年おトク割
(1年間)
-1,000円 × 12回
ユニバーサルサービス料2円
合計
(1年間)
982円~ + 機種代金※1
先生

スマホデビュープランは現在ケータイを利用している人がスマホに乗り換え・機種変更する場合のみ申込みができるプランで、あまりデータを使わないスマホライトユーザー向けのプラン。
下取りプログラムやおうち割光セットも併用すれば、月額料金がさらに下がります。

また、このプランのみ通話に関しては1回5分以内の国内通話がかけ放題になる「準定額オプション+」を利用した場合が最も月額料金が安くなるプランになっています。

※1GBまで利用できるプランで、申込みができる人が限定されているプランですが、この後で紹介するミニフィットプランより月額料金が安くなるプランです。

ミニフィットプランの場合(1台の場合)
※税抜

基本プラン(音声)980円
(国内通話30秒につき20円の通話料)
※家族間通話は無料
データプランミニフィット3,000円
(1GBまでの場合)
※参考)2GBまで:5,000円。5GBまで:6,500円
半年おトク割
(半年間)
-1,000円 × 6回
ユニバーサルサービス料2円
合計
(半年間)
2,982円~ + 機種代金※1
先生

ミニフィットプランはあまりデータを使わないスマホライトユーザー向けのプラン。
下取りプログラムやおうち割光セットも併用すれば、月額料金がさらに下がります。

※5GBまで利用できるプランですが1GB以上の利用でメリハリプランの料金と同等に。家族複数台で契約する場合には、メリハリプランでは適用できる「みんな家族割+」の割引がミニフィットプランでは適用されないため、家族回線数次第ではミニフィットプランの方が高くなってしまう場合があります。

メリハリプラン(50GB)の場合(1台の場合)
※税抜

基本プラン(音声)980円
(国内通話30秒につき20円の通話料)
※家族間通話は無料
データプランメリハリ6,500円
(50GB+までの場合)
※参考)2GB以下の場合は「2GB以下値引き」で1,500円引き
半年おトク割
(半年間)
-1,000円 × 6回
ユニバーサルサービス料2円
合計
(半年間)
6,482円~+機種代金※1
メリハリプランで複数台なら

メリハリプランで複数台の場合、みんな家族割+の割引が適用できるので、さらにお得です。
※ミニフィットプラン、スマホデビュープランは対象外。

  • 2台で:1台あたり-500円/月
  • 3台で:1台あたり-1,500円/月
  • 4台以上で:1台あたり-2,000円/月
おうち割光セットが適用できれば

ミニフィットプランやメリハリプランは、ソフトバンク光やソフトバンクエアーとのセット割である「おうち割光セット」が適用できれば、月額料金がさらに1,000円安くなります。
※スマホデビュープランは対象外。

先生

メリハリプランはデータを多く使うスマホヘビーユーザー向けのプランです。
上記の割引の他、下取りプログラムも利用すれば月額料金がさらに下がり、メリハリプランで利用できる特典「動画SNS放題」はYoutubeなど一部のアプリ・サービスのデータ消費カウントを免除するものもあります。

※1:機種代金例(常設の特典を利用する人の場合)

購入する機種により機種代金が異なります。以下は機種代金の一例です。

機種名機種代金(税込)
iPhone SE(第2世代) 64GB
1,200円/月 × 48回
iPhone SE(第2世代) 128GB1,335円/月 × 48回
iPhone SE(第2世代) 256GB1,635円/月 × 48回
iPhone11 64GB1,860円/月 × 48回
iPhone11 128GB1,980円/月 × 48回
iPhone11 256GB2,250円/月 × 48回
iPhone11 Pro 64GB2,650円/月 × 48回
iPhone11 Pro 256GB3,040円/月 × 48回
iPhone11 Pro 512GB3,590円/月 × 48回
iPhone11 ProMax 64GB2,970円/月 × 48回
iPhone11 ProMax 256GB3,370円/月 × 48回
iPhone11 ProMax 512GB3,910円/月 × 48回

トクするサポート(2020年3月26日以前に発売の機種が対象)を利用すれば、機種代金48回払いのうち最大24回分の支払いを免除することもできます。(ただし、プログラム料が390円(不課税)×24回分別途必要)
※25ヶ月目で次のソフトバンク機種を購入し、使っていた端末はソフトバンクに返却する必要あり

トクするサポート+(2020年3月27日以降に発売の機種(iPhone SE(第2世代)や5G対応の機種など)が対象)を利用した場合も、機種代金48回払いのうち最大24回分の支払いを免除(特典A適用の場合)することもできます。こちらはプログラム料は必要ありません。
※25ヶ月目で次のソフトバンク機種を購入し、使っていた端末はソフトバンクに返却する必要あり

5Gにも対応したプラン

紹介したソフトバンクの3つのスマホ向けプランは標準では4G LTEのプランですが、5Gに対応した機種を利用した場合は月額1,000円の「5G基本料」が加わりますが5Gの回線を利用することができるプランにもなっています。

5G基本料は5Gスマホ利用時には必ず付加されます

5G対応の機種を利用する場合には必ず「5G基本料」が付いてきます。機種は5G対応で4G LTEの回線だけで良いと考えていても、「5G基本料」を外すこともできない点には注意しましょう。

4G LTEの回線までで良い人は5G対応の機種を選択しないようにしましょう。

5G対応の機種を利用の場合月額料金が1,000円(税抜)加算
5G基本料がかかる
5G未対応の機種を利用の場合5Gサービスは利用できないので加算なし

1年間5G利用が無料になるキャンペーンを実施

5G基本料相当+1,000円/月を1年間割引

5Gの機種を利用するとは月額で1,000円高くなりますが、現時点では対応エリアも極端に狭いこともあるためか「5G 1年おトクキャンペーン」として契約した翌月からの1年間は1,000円引きになり、最初の2年間は4G LTEの場合と同じ料金で利用できるようになっています。

期間限定のキャンペーンのようですが、終了日は現時点では未定です。

↓ソフトバンクの5G対象エリアを確認したい人は
ソフトバンク公式:サービスエリアマップ

先生

ただし、現時点ではほとんどのエリアで5G回線は利用できません。

契約期間の縛りは無し

auやドコモ(の一部)の主力プランについては2年間の契約期間の縛りがありますが、ソフトバンクの各プランは契約期間の縛りはなく、解約などで生じる契約解除料が発生しません。必要な期間利用し、不要になったらいつでも解約ができます。

※契約時の契約事務手数料やMNPで他社に転出する際のMNP転出料必要になります。

おとくケータイへのお問い合わせ・お申し込みはこちら

同時開催:ソフトバンク光、ソフトバンクエアー申し込み特典

ソフトバンク光、ソフトバンクエアーの申し込み最大で30,000円の現金キャッシュバックが付くキャンペーンも同時開催しています。

対象サービス・ソフトバンク光
・ソフトバンクエアー

内容新規契約で30,000円の現金キャッシュバック
のりかえ20,000円の現金キャッシュバック
※のりかえはフレッツ光からの転用やドコモ光などの光コラボからの事業者変更
先生

この特典はおとくケータイ独自の特典なので、キャリア公式の特典は別途付いてきます。

ソフトバンク光やソフトバンクエアーについては、おうち割光セットの記事で詳しく解説しています。

ソフトバンク光・ソフトバンクエアー特典の適用条件

以下の3つの条件を満たす必要があります。

  1. おうち割を組む場合、ソフトバンク光、ソフトバンクエアー課金開始日の31日以降におうち割光セットのお手続きを行っていただくこと
    ※原則ソフトバンク光は工事日=課金開始日。SoftBank Airは利用開始10日後が課金開始日となります。
  2. お申込み頂いた際のプランを課金開始日より31日間変更(変更の手続きを含む)をしないこと
  3. 下記3つのオプションにご加入いただくこと。※ソフトバンクエアーの場合は不要です
    (おうち割光セットを組むためにも必須のオプションです)
    1. 光BBユニット
    2. Wi-Fiマルチパック
    3. 電話サービス

ソフトバンク光の場合の3つのオプションは合計で税抜500円/月かかります。
※本来のオプション料金は3つ合わせるともっと高くなりますが、携帯電話と「おうち割光セット」を組むと税抜500円/月になります。

おとくケータイへのお問い合わせ・お申し込みはこちら

「おとくケータイ」は怪しい?

キャッシュバック特典には裏があるのでは「怪しい!」と思われる方。
以前、「おとくケータイ」を実際に利用してMNPで乗り換えた時の記事もありますので、気になる方はこちらもチェックしてください。

おとくケータイでiPhone乗り換え体験記