乗り換え(MNP)の手順と得するショップ選び。すべて教えます!

MNP(乗り換え)

ここでは3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を契約中で、他社に乗り換え(MNP)したいけど手順がわからない!どのお店で契約すれば得するの?という方のためにMNPの手順販売ショップ別の違いをわかりやすく説明します。

また、乗り換え手続きをするだけで数万円もの差が出る得するショップをお教えします。

MNPとはなにか?(まずはおさらい)

MNPとはモバイルナンバーポータビリティー(Mobile Number Portability)の略でお使いの携帯電話番号はそのままで他社の携帯に移ることのできるしくみです。

機種変更や新規契約と比べて「乗り換え(MNP)」は料金プランや割引サービスなどの特典が多いのが特長です。

MNPは特典が山盛り

MNPの手続きに必要なものは?

MNP(転出~転入&開通まで)に必要となるものの一覧です。

  1. MNP予約番号
  2. 本人確認書類(免許証やパスポートなど)
  3. クレジットカードもしくは預金通帳(+印鑑)
  4. 転出・転入にともなう手数料

1.「MNP予約番号」はMNPに必要な10ケタの番号。転出する会社から発行してもらい、乗り換え先の会社に提示することで電話番号はそのまま他の会社に移行することができます。

4.「手数料」は登録している口座やクレジットカードから引き落としされるため、契約時にお金は持っていかなくて大丈夫です。

MNPの流れ

乗り換えのおおまかな流れは下記のようになります。

1.MNP予約番号をもらう。
転出する会社からもらいます(電話などから10分程度で取得が可能)。
↓詳しい方法はこちらをご覧ください。
ドコモから取得auから取得ソフトバンクから取得

2.手続きするショップを決める

3.ショップで手続き

4.回線切り替え(30分ほど)

5.乗り換え完了。
たったこれだけです。

街の(ドコモ・au・ソフトバンク)ショップなど対面で契約する場合は待ってるだけで使用できるようになりますが、ネット販売店で購入した場合には自宅に端末が到着後、自身で簡単な設定が必要となります。

MNPするための費用

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)間で乗り換えする場合の手数料です。
乗り換える時期が「契約更新月」かどうかで料金が異なります。
※契約更新月については後述します。

乗り換えの手数料一覧
1.MNP転出手数料 ドコモから転出→2,160円
au・ソフトバンクから転出→3,240円
2.契約事務手数料 3,240円
3.契約解除料(違約金)
※契約更新月以外の乗り換えの場合
10,260円

1.MNP転出手数料3.契約解除料は解約したキャリアから、2.契約事務手数料は乗り換え先のキャリアから口座引き落としとなります。

さらに端末代金を毎月分割で支払っていて、端末代金の支払いが残っている場合は、引き続き支払いが必要となります(一括払いでなくてもOKです)。

この端末代金は機種に応じて毎月一定額の割引がありますが、解約すると残りの分割金には割引が適用されなくなるため、通常価格での支払いとなります。端末代の支払いが多く残っている場合は注意してくださいね。

MNPするなら「契約更新月」がおすすめ

契約更新月とは?

契約更新月は2年契約に加入している場合、MNPすることにより解約となっても契約解除料(違約金)のかからない期間のことです。(基本的に2年ごとに2か月間)

更新月の概要

逆を言えば、2年契約の場合に契約更新月以外で解約すると、違約金を取られてしまいます。

↓更新月や解約のタイミングを詳しく知りたい方はこちら

MNPで解約に必要な費用とベストのタイミング
MNPで解約に必要な費用とベストのタイミング
ここではMNPで解約・新規契約にかかる費用の紹介と、なるべく費用を抑えられる解約のタイミングを詳しく&分かりやすくご紹介していきます! ...

契約するショップ選び

携帯を扱っているショップは数多くありますが、どこで契約すればいいのか悩みませんか?
実は街で見かけるほとんどのお店は、ほぼ全てが販売代理店なんです。各店舗ごとにメリット・デメリットがあるので紹介します。

携帯電話の店舗は、大半が代理店

キャリアが直で販売している店舗は公式のオンラインショップか、全国に数点しかない直営店のみ。それ以外は全てキャリアが販売を委託している代理店になります。

もちろん、どこで契約しても料金プランや月額料金は同じ。ただし店舗独自のキャンペーンの有無により乗り換え時の負担が大きく変わってくるため、なるべくキャッシュバックなどの特典を多く出しているお店で手続きすることをおすすめします。

●スマホ・ケータイの販売形態一覧
①直営店 ・au SHINJUKU
・ソフトバンク銀座など
※ドコモには実店舗の直営店がありません。
非常に店舗数が少なく、店舗がおしゃれ。
②量販店 ・ヨドバシカメラ
・ビックカメラ
・ヤマダ電機
・コジマ電機など
大型の量販店に出している店舗です。
③専売店 ・ソフトバンクショップ
・auショップ
・ドコモショップなど

auショップ
町で一番よく見かけるショップですね。1キャリアを専門に扱っています。
④併売店 ・テルルなど
併売店
こちらも町でよく見かけるショップ。複数のキャリアを取り扱っています。
⑤ネット
直営店
・ソフトバンクオンラインショップ
・auオンラインショップ
・ドコモオンラインショップなど
キャリア直営のネットショップです。
⑥ネット
専売店
・おとくケータイ.netなど ソフトバンク機のネット販売で有名。キャッシュバックが多い

販売店舗ごとの特長

実店舗

①直営店

キャリア直営の店舗です。店舗数は少ないですが、直営店だけあってA○pleストアのようなオシャレな内装のお店が多いです。

メリット:
店内がきれい。サポートがとても良い。

デメリット:
店舗数が非常に少ない。

②量販店

大手家電量販店やショッピングモールなどに入っている店舗です。法被を着た店員さんやキャンペーンガールのお姉さんがウロウロしてます。

メリット:
お店のポイントが付く。他キャリアの店舗が近くにあるのでキャリア同士の比較がしやすい。

デメリット:
有料アプリなどの加入が必須のお店が多い。店員がしつこい(笑)

③専売店

いちばん良く見かけるであろう店がこれですね。大きなキャリアの看板を掲げていますが、ここも直営店ではありません。

メリット:
店舗が多い。申し込み~端末の受け取りまでの手続きが早い。

デメリット:
混んでいればかなり待たされる。じっくり比較・検討ができない

④併売店

これも町で良く見かけますね~。複数のキャリアを扱っているお店です。「テルル」などが有名ですね。

メリット:
複数キャリアを取り扱っているので比較できる。時期によっては還元キャンペーンなどをやっているお店が多い。

デメリット:
有料アプリなどの加入が必須のお店が多い。端末受け取りまで待たされることがある

ネット販売

⑤ネット直営店

キャリア直営のネットショップです。

メリット:
来店する必要がない。在庫が豊富。

デメリット:
申し込みから端末到着まで数日かかる。キャッシュバックなどの独自のキャンペーンがない。自身で簡単な回線切り替え設定が必要。

⑥ネット専売店

ソフトバンクの専売ネットショップです。「おとくケータイ.net」が有名。

メリット:
来店する必要がない。一括0円端末・高額のキャッシュバックがある。

デメリット:
申し込みから端末到着まで数日かかる。

結局どの店で契約すればいい?

A.超がつくほどのスマホ初心者の方は

①直営店③専売店がおすすめです。
店員の知識が豊富で、わからないことがあればどんどん質問できます。アフターサポートも万全。

B.乗り換え先が決まってない。全部見て比較したい方は

②量販店④併売店がおすすめです。
全キャリアが揃っているお店が多いのでじっくり比較・検討できます。

C.とにかく得して乗り換えたい。自分の都合に合わせて手続きしたい方は

ネット専売店がおすすめです。
ソフトバンク機種限定ですが、「おとくケータイ.net」キャッシュバック額が断トツで高く、さらに有料オプションへの強制加入が無いのでオススメです。すべてネット上から自分の都合の良い時に手続きできます。

おとく【通常】

おすすめ情報

ソフトバンクへの乗り換え(MNP)で管理人イチオシのショップです。

おとくケータイ.net

申し込み件数20万件超を誇るネットショップの老舗。街のショップなどで手続きするよりお得に乗り換えできます。

高額キャッシュバックさらに一括0円機種(端末代を店側が負担)があるのでMNPの初期費用や本体代もまかなうことができ、おつりも来てホクホク。(複数契約で台数分の現金還元)

還元金額や希望の機種など、まずは問い合わせフォームから聞いてみてください。
PCやスマホから簡単にすべての手続きが可能。全国どこからでも自宅で気軽に契約できます。

ソフトバンクに乗り換えでお得な特典あり
  • 特徴どこよりも高い現金還元・一括0円機種が豊富・お客様満足度No.1・申込件数20万件の実績と安心・公式キャンペーンも同時利用可・有料オプションへの加入が不要・来店不要で日本全国対応

私も以前MNPに利用しました。新規契約の場合もキャッシュバックは出るみたいです。

シェアする

フォローする