ドコモを解約→他社への乗り換え(MNP)で知っておくべき5つのこと

5つのステップ

ここではドコモから他社(au/ソフトバンク/格安スマホなど)へお乗り換えを検討中の方向けに、少しでも費用をかけずスムーズに乗り換えられるよう、事前に知っておくべきことや乗り換えの手順を紹介します。

ドコモから他社へ乗り換えるための5ステップ
1.乗り換えに最適な日を知る
2.必要なものを用意する
3.乗り換えにかかる費用を知る
4.MNP予約番号を取得する
5.転入手続きをする

1.乗り換えに最適な日を知る

なるべく安く乗り換えるためにはまず自分の更新月とベストな解約日を確認しましょう。

更新月とは?

ドコモで契約しているほとんどの人が2年の契約期間になっていると思います。この長期契約はより多くの割引を受けることができますが、契約後最低でも2年間は利用しなければならず、2年以内に解約した場合、契約解除料(解約金)がかかってしまいます。

ドコモの契約解除料(解約金)
契約解除料(解約金) 9,500円

※ドコモの「端末購入サポート」を利用している方は、規定の利用期間以内に解約するとさらに高額の解除料が必要になりますのでご注意ください。
くわしくはこちら→購入端末サポート

解約金がかからないようにするには契約から2年後の「更新月」と呼ばれる期間に解約しなければなりません。「解約金は払うからとにかく早く乗り換えたい!」というかた以外は、この「更新月」に解約することをおすすめします。ドコモの更新月は2か月間です。

新プランで解約金が不要になる?

ドコモは2016年6月1日に「新2年契約プラン」の運用を開始しました。
これにより2年毎の更新月にいつ解約しても違約金のかからない「フリーコース」と違約金がかかるけど割引が適用されるコース「ずっとドコモ割コース」の2コースを選択できるようになりました。(下図を参照)
ドコモの更新月の概要

「フリーコース」は更新月毎に申し込みが必要となります。申し込みの無い場合は自動的に「ずっとドコモ割コース」となります。
逆に「フリーコース」から「ずっとドコモ割コース」への変更はいつでも申し込みが可能となっています。

更新するタイミング

ドコモの場合、契約してから更新月までの計算は月単位となります。1ヵ月未満の半端な日数は除外されます。
契約日した日の翌月から月単位でカウントし、24ヵ月目の月が「契約満了月」となり、「契約満了月」の翌月から2ヶ月間が更新月となります。(ただし「1日」に契約した場合は例外となりますので後述します。)

7月20日に契約した場合の例をあげてみました。

ドコモの更新期間の発生するタイミング

例外(1日に契約した場合)

1日に契約した場合のみ例外となり、当月からのカウントとなります。
7月1日が契約日の場合は7月からのカウントで24ヵ月目の6月が「契約満了月」となります。その翌月の7月と8月が更新月です。
ドコモの更新期間の発生するタイミングの例外

「お得に今すぐ乗り換えたい!」という方にお勧め。
手数料以上のキャッシュバックでお得にMNPできるショップ

2.必要なものを用意する

MNPの契約に必要なもの

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(免許証やパスポートなど)
    WEBで契約する場合は画像データを送付します。
  • クレジットカード(口座振替の場合は通帳と金融機関届出印)
    格安スマホの場合は口座振替ができない場合が多いです。

3.乗り換えにかかる費用を知る

乗り換え(MNP)にかかる手数料

手数料等 支払い先 金額 備考
契約事務手数料 転入先 3,000円 必須
※格安スマホ契約の場合、キャンペーンなどで無料になる場合があります
MNP転出手数料 ドコモ 2,000円 必須
契約解除料(解約金) ドコモ 9,500円 更新月以外の解約時など
端末代金 ドコモ 端末代残金 端末代金の支払いが残っている場合

4.MNP予約番号を取得する

「MNP予約番号」MNPに必要な受付用の番号です。転出先(ドコモ)から発行してもらい、新たに契約する携帯会社に届け出ることで、今使っている携帯電話番号を変えることなく利用できます。

MNP予約番号を取得するには

  • 電話
  • WEB(MyDocomo)
  • iモード(ガラケーのみ)
  • ドコモショップ

のいずれかの方法で簡単に取得できます。

↓ドコモから予約番号をもらう方法はこちらをご覧ください。
MNP予約番号を今すぐ取得する方法【ドコモから乗り換え編】

MNP予約番号は発行しただけでは解約扱いにはならず、転入した時点つまり回線の切り替えが完了した時点での解約となります。また、MNP予約番号の有効期限は15日(再発行可能)です。
上で述べたベストなタイミングに切り替えが行えるようにうまくダンドリしておきましょう。

5.転入手続きをする

手続きは直接来店して行うものとWEBから行うものがあります。
格安スマホの場合は、WEBからの手続きが一般的です。

ソフトバンク・auに乗り換えの方

ソフトバンクやauなどに乗り換える場合はショップに来店して契約するのが一般的ですが、ネットから手続きできる店舗もあります。

ショップに来店して契約する

●来店して契約するお店
販売形態 店舗名 備考
直営店 au SHINJUKUやソフトバンク銀座など 店舗数が少ない。
量販店 ヨドバシカメラ/ビックカメラ/ヤマダ電機/コジマ電機など 大型の量販店に出している店舗です。
専売店 ソフトバンクショップ/auショップ/ドコモショップなどauショップ 町でよく見かけるショップです。
併売店 テルルなど
併売店
こちらも町でよく見かけるショップ。複数のキャリアを取り扱っています。

ネットで契約する

●WEBで契約できるお店
販売形態 店舗名 備考
ネット直営店 ソフトバンクオンラインショップ
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップなど
キャリア直営のネットショップ。
ネット専売店 おとくケータイ.netなど 高いキャッシュバックで有名。(ソフトバンク専門)

格安スマホ(MVNO)に乗り換えの方

●格安スマホ(MVNO)主要事業者一覧
店舗名 実店舗もしくは
取扱店舗の有無
(即日受渡)
特徴
mineo(マイネオ) あり ドコモ回線/au回線が選べる。
パケットギフト、パケットチップ、フリータンクなど独自のサービスが人気
BIGLOBE あり 割引サービスが魅力
TONEモバイル あり
(TSUTAYA店舗)
シンプルな料金プラン
OCNモバイルONE あり シェアNo.1
UQ mobile あり 安定した通信速度が魅力
DMM mobile なし 業界最安値を謳った他社に負けない安さがウリ
IIJmio あり 総合満足度で最優秀賞を受賞。回線の品質も高い。
NifMo あり 「@nifty」でおなじみのニフティ株式会社が運営
各種割引サービスが豊富
楽天モバイル あり 月々の支払いに応じて楽天スーパーポイントが貯まる。「5分かけ放題オプション」も魅力
U-mobile あり 通信料の2段階定額や使い放題プランがある
nuroモバイル あり 0円から使えるSIM「0SIM」が有名
イオンモバイル あり 通信容量ごとのプランの多さと最安クラスの料金
FREETEL(フリーテル) あり 段階従量制の「使っただけ安心プラン」が魅力