赤ッ!iPhone 7に新色のレッド(PRODUCT)REDが登場!価格は?

2017年3月24日

iPhone7(PRODUCT)RED
2018年12月28日追記

2018年12月20日よりワイモバイル・UQモバイルでもiPhone7の取扱いが開始されました。
※現在は(PRODUCT)REDや256GBモデルについては販売終了しています(REDがどうしても欲しい場合にはAmazonなどで中古端末を購入するといった手法はあります)。
新品かつ赤色で現在販売中のiPhone機種を探している方はiPhone XRには(PRODUCT)REDのカラーがありますので、ご検討ください。

iPhone7に関する2019年8月段階の価格はこちらの記事をご覧ください。 レッドのiPhoneがあるiPhoneXRに関する記事はこちらをご覧ください。

↓ここより下は2017年当時の記事の内容です。
※料金プランなどの情報が古い内容のままなのでご注意ください。


え・・赤いiPhone?合成?

いえいえ、もちろん本物。ついにiPhone7に新カラーの「レッド」が仲間入りです。

ここではiPhone7の特別モデル(PRODUCT)RED Special Editionについてご紹介。購入方法や価格なども簡単に解説します!

赤色のiPhone7

2017年3月25日、Appleは特別モデルとして「赤いiPhone7」(PRODUCT)RED Special Edition(プロダクト レッド スペシャルエディション)を発売します。

シャ○ザクのように3倍速い・・わけではないですが、やはり赤はカッコいい。

しかし、ただ赤いだけでなく、購入することに意義のあるモデルといえます。Appleはエイズ(HIV)撲滅のための取り組みとして(RED)と連携し、共通ブランドを発売してきました。

今までiPodやアクセサリーなどでも展開されていましたが、iPhoneは今回が初。

デザイン

赤い特別モデルは「iPhone7」と「iPhone7 Plus」それぞれにあります。形状やスペックに変更はなく、主な違いはカラーリング。深みのあるレッドで男女問わず似合いそうですね。

この赤色はHIV(エイズ)の支援団体である(RED)にちなんだもの。

前面の枠(ベゼル)はホワイト。当初はブラックのほうがカッコイイんじゃないか?とも思いましたが、(RED)の理念にそぐわないダークなイメージになりそうだし男女の好みに合った色調を考えれば、これで良かったかなと。

さらに背面には「iPhone7」の文字の下に(PRODUCT)RED(プロダクト レッド)のロゴを刻印。(リンゴのマーク部分はメタリック加工になっています)

背面の赤い部分の質感はマットでサラサラした手触り。画像では伝わりづらいですが実物はさらに高級感があります。

ケースはどうする?

背面の質感を隠し別の赤いケースで覆ってしまうのは少しもったいない気もします。質感を目で楽しむなら透明のケースが無難かもしれませんね。(あくまで個人的意見です。。)

プロダクト レッドとは何か?

世界的ロックバンド「U2」のボーカルを務めるボノ氏らが発起人となり、2006年にHIV支援団体の(RED)が設立されました。

(RED)

(PRODUCT)RED(プロダクト レッド)とは、(RED)のパートナーとして参加する企業が開発・販売する共通の商品ブランド。その収益の一部を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」へ寄付し、アフリカにおけるエイズ対策の支援を行う取り組みです。

つまりiPhone7(PRODUCT)REDを購入することで、間接的にエイズ対策の支援に貢献できるというわけですね。

1ドルあれば、命を救う医薬品を3日分届けられます。

これまでiPodシリーズなどでも(PRODUCT)REDモデルが販売されており、記憶にも新しいかと思います。また、この取り組みにはAppleだけでなくコカコーラやスターバックス、ナイキなど様々な企業が参加しています。

アップルは(RED)の設立時から取り組みを始めて10年目。今回のモデルには今まで以上の特別な思いが込められているのかもしれませんね。

アクセサリーの購入でも支援に貢献できる

すでにiPhone7買っちゃったんだけど私も支援したい!という方は(PRODUCT)REDのiPhone7用ケースが販売中。他にも様々な製品がありAppleストアから購入可能です。

(RED)iPhone7用レザーケース

iPhone7(PRODUCT)REDの概要

iPhone7(PRODUCT)RED

容量は2種類のみ

通常のiPhone7だと32GB/128GB/256GBの3つから選択できますが、この赤バージョンはジェットブラックと同じく128GBと256GBの2種類のみになります。

同梱品

ケーブルやアダプターなどの同梱品は他のカラーと同じく白で統一。色の組み合わせとして違和感はなさそうです。(しかし特別モデルに限り赤いケーブルだと良かったな。と思うのは私だけでしょうか・・)

iPhone7の同梱品

発売開始日

2017年3月25日から発売開始となります。
ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー版とも発売日は同じ。

購入方法と価格

(PRODUCT)REDに限らずiPhone7を購入する方法は大きくわけて2種類あります。

  • SIMフリー版を購入
  • キャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)を購入

※SIMフリー版はMVNO(格安SIM会社)などで契約し、SIMカードを挿して使用します。

SIMフリー版を購入する場合

MVNO(格安SIM会社)などで契約し、SIMカードを挿して使用します。
アップルストア(実店舗)やオンラインストアで購入可。

本体価格(総額)

  128GB 256GB
iPhone7 83,800円 94,800円
iPhone7 Plus 96,800円 107,800円

キャリアで購入する場合

ドコモで購入

NTT docomo

ドコモにMNPまたは機種変更して購入する方法です。ドコモ代理店(ドコモショップ)・公式オンラインショップなどで購入可

月々の本体代(MNP・新規契約)

  分割額
(24ヶ月)
月月割 毎月の
負担額
7 128G 3,915円 -2,781円 1,134円
256G 4,401円 -2,781円 1,620円
7 plus 128G 4,509円 -2,808円 1,701円
256G 4,995円 -2,808円 2,187円

※ドコモで契約時の端末本体代のみの料金です。月々の支払はこの他に通話料通信料などがかかります。

auで購入

au

auにMNPまたは機種変更して購入する方法です。au代理店(auショップ)・公式オンラインショップなどで購入可

月々の本体代(MNP・新規契約)

  分割額
(24ヶ月)
月月割 毎月の
負担額
7 128G 3,780円 -2,850円 930円
256G 4,275円 -2,850円 1,425円
7 plus 128G 4,365円 -2,850円 1,515円
256G 4,860円 -2,850円 2,010円

※auで契約時の端末本体代のみの料金です。月々の支払はこの他に通話料や通信料などがかかります。

ソフトバンクで購入

SoftBank

ソフトバンクにMNPまたは機種変更して購入する方法です。ソフトバンク代理店(ソフトバンクショップ・おとくケータイなどのネットショップ)や公式オンラインショップなどで購入可

月々の本体代(MNP・新規契約)

  分割額
(24ヶ月)
月月割 毎月の
負担額
7 128G 4,140円 -3,210円 930円
256G 4,635円 -3,210円 1,425円
7 plus 128G 4,725円 -3,210円 1,515円
256G 5,220円 -3,210円 2,010円

※ソフトバンクで契約時の端末本体代のみの料金です。月々の支払はこの他に通話料や通信料などがかかります。

iPhoneiPhone7

Posted by Kan