SIMフリー vs キャリア! iPhone11ProMax価格比較(2019年9月版)

iPhone11ProMax

2019年9月20日に新型iPhoneであるiPhone11、iPhone11Pro、iPhone11ProMaxが発売になりました。iPhone11ProMaxは昨年発売のiPhoneXSMaxの後継機としての立ち位置で新型iPhoneで3機種の中で最も高額で、サイズも一番大きいモデルです。

2019年10月施行の法改正の影響で、各キャリア(携帯会社)から新プランが登場していますが、端末代金は昔よりは高額になっていく傾向にあります。そうなるとSIMフリーとMVNOとの組み合わせも検討してみたくなってくるのではないでしょうか?

今回は、iPhone11ProMaxの端末価格のみに焦点を当てた形でSIMフリー版と3大キャリアとの2019年9月時点の価格比較行ってみました。購入額をより安価に抑えるため、中古での購入も検討している方もいると思いますので、調査した段階で確認できた最安価格も参考価格として合わせてご紹介します。(参考とした中古販売店)

機種の主な特徴

iPhone11ProMax
出典:Apple

色々なサイトでiPhone11ProMaxが紹介されているので詳細に説明は行いませんが、主だったことを簡単にご紹介します。

容量は3タイプ。カラーは4種類

iPhone11ProMax64GB・256GB・512GB3タイプがあり、端末のカラーはスペースグレイ・シルバー・ミッドナイトグリーン・ゴールド4種類用意されています。

先生

iPhoneXSMaxではカラーは3種類でしたが、iPhone11ProMaxでは新たにミッドナイトグリーンが加わっています。

ディスプレイのサイズ6.5インチでiPhoneXSMaxの後継機の立ち位置にある影響かiPhone11ProMaxとiPhoneXSMaxは同じディスプレイサイズですが、ディスプレイはSuper Retina XDRでiPhoneXSMaxのSuper Retina HDディスプレイよりも画質が良くなっています。このほかにもiPhone11ProMaxとiPhoneXSMaxでは、いくつかの点で違いがあります。

その他の特徴

iPhone11ProMaxは、昨年モデルのiPhoneXSMaxと比べると以下の点が違っています。

iPhoneXSMaxとの違い(主なもの)

  • チップA13 Bionicチップで一世代後の最新型のチップを搭載しています
    (iPhoneXSMaxはA12 Bionicチップ)
    ※A13 BionicチップはAndroidの高性能機に搭載の最新型チップのSnapdragon855よりもデータ処理速度が速いようです。
  • 耐水性:最大水深4メートルで最大30分間耐えられるIP68等級
    (iPhoneXSMaxは同じIP68等級ですが2メートル浅い状態で耐えられる)
  • カメラトリプルカメラ搭載
    (iPhoneXSMaxはデュアルカメラ。 ※トリプルカメラ搭載はiPhone11ProとiPhone11ProMaxで、iPhone11についてはデュアルカメラ)
  • バッテリーの持ち:最大ビデオ再生時間が最大20時間(iPhoneXSMaxより5時間長い)、オーディオ再生は最大80時間(iPhoneXSMaxより15時間長い)
  • ディスプレイ:Super Retina XDRディスプレイでiPhoneXS(Super Retina HD)より高画質
先生

iPhone11ProとiPhoneXSやiPhone11とiPhoneXRの違いよりはiPhone11ProMaxとiPhoneXSMaxとの違いは少し多めになっています。

価格比較

端末価格(64GB/256GB/512GB)

iPhone11ProMaxの端末価格は以下の通りになっています。ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの販売価格は割引を適用していない定価の価格です。参考値で中古販売の価格も載せています。

※価格調査日:2019年9月27日

64GBモデル価格

メーカー・キャリア 販売価格(税抜) Appleとの価格差
Apple(SIMフリー) 119,800円
ドコモ 126,000円 +6,200円
au 127,600円 +7,800円
ソフトバンク 132,000円 +12,200円
【参考】
中古(SIMフリー)
152,593円~
※別途送料が約600円~が必要
 

256GBモデル価格

メーカー・キャリア 販売価格(税抜) Appleとの価格差
Apple(SIMフリー) 135,800円
ドコモ 144,000円 +8,200円
au 144,533円 +8,733円
ソフトバンク 149,778円 +13,978円
【参考】
中古(SIMフリー)
在庫なし  

512GBモデル価格

メーカー・キャリア 販売価格(税抜) Appleとの価格差
Apple(SIMフリー) 157,800円
ドコモ 165,600円 +7,800円
au 168,133円 +10,333円
ソフトバンク 173,778円 +15,978円
【参考】
中古(SIMフリー)
在庫なし  

価格考察

iPhone11ProMaxの価格は3大キャリアの割引価格やキャンペーンを活用しない形だとAppleのSIMフリー版のiPhone11ProMaxが最も安く、3大キャリアではドコモ、au、ソフトバンクの順に安くなっています。一括支払以外の割賦での支払い方法について、Appleでの購入の場合も24回分割払いで金利0%といった形で携帯キャリアみたいな分割での購入もできます。

年々iPhoneは新機種になればなるほど価格が上がっていくのが通常でしたが、今回のiPhone11ProMaxは発売発表と同時に値引きしたiPhoneXSMaxの値引き前の価格に近い状態をキープ(ほかのiPhone11やiPhone11Proも似た傾向)した感じになりました。

先生

ただ、日本国内に関して、2019年10月の法改正で端末代金の割引額に上限が設けられたりするので、2019年10月以降は、定価があまり変わらなくても、以前よりは端末代金の実質負担額は高くなる傾向にはなりそうです。

3大キャリアと比べ遅くなりがちな通信回線の速度を気にしない方携帯ショップでのサポートやフォローは特に必要としない方であれば、端末購入はAppleで通信回線は格安SIMとの複合技での購入・契約でも十分候補にできると思います。

中古端末について

中古端末は、まだ発売から間もないこともあり、中古端末の在庫はなく、在庫があっても未使用品の在庫で、販売価格もキャリアの販売価格より高いといった状況でした。

定価では、AppleのSIMフリー価格には勝てませんが、各携帯会社の端末購入サポートを利用することで端末代金を抑えることは可能です。ここからは各携帯会社で機種代を安くする方法をご紹介します。

auで機種代を安くする方法

それでも自分はauがいい!

auは、2019年9月時点ではいくつかの選択肢がありましたが、2019年9月末でほとんどが新規受付申込が終わってしまい、2019年10月以降はアップグレードプログラムDXを利用する形になってきます。

アップグレードプログラムEX(a)の利用【13カ月目に新しいiPhoneに機種変更する人向け】

新規受付は2019年9月30日まで

アップグレードプログラムEX(a)の新規受付は2019年9月30日で終了します。

24回割賦で機種を購入し、後日の機種変更をする際に、旧機種の回収が必要になりますが、13カ月目以降に新しいiPhoneに機種変更をすると、以降の残割賦代金の支払いがなくなります。つまり13カ月目に機種変更する場合、24回中12回分の支払いのみで済む形になります。

ただし、13カ月目以降に機種変更せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、免除される金額も月を経るにつれ減額されていき、2年継続してしまうと定価で端末代を購入するのと変わらない状態になってしまいます。

また、旧機種は回収されてしまうため、下取りプログラムは利用できない点も考慮しておく必要があります。

13ヶ月目に新しいiPhoneに機種変更した場合のiPhone11ProMaxの実質的な機種代金

  実質的な機種代(税抜)
64GB 63,800円
256GB 72,267円
512GB 84,067円

アップグレードプログラムEX(a)の適用条件には以下の条件を満たす必要があります。

  • 対象のiPhone(iPhone11ProMaxも対象)を割賦契約24回で購入と同時にアップグレードプログラム(a)に申し込み(途中からの加入はできません)
  • 「auピタットプラン系」「auフラットプラン系」のプランに加入
    ※2019年6月から始まった新プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」なども対象
  • 次回の機種変更時、旧機種の回収
    (故障していたりすると最大で20,000円追加費用が必要になるようです ※故障系のサポートサービスに加入していればもう少し追加費用は下がります)
  • 旧機種を回収する際、暗証番号ロック解除、オールリセットが行われている

詳しくはau公式:アップグレードプログラムEX/EX(a)

アップグレードプログラムEXの利用【25カ月目に新機種に機種変更する人向け】

新規受付は2019年9月30日まで

アップグレードプログラムEXの新規受付は2019年9月30日で終了します。

こちらは48回の割賦契約で機種を購入し、後日の機種変更をする際に、旧機種の回収が必要になりますが、25カ月目以降に機種変更をすると、以降の残割賦代金の支払いがなくなります。つまり25カ月目に機種変更する場合、48回中24回分の支払いのみで済む形になります。

ただし、25カ月目以降に機種変更せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、免除される金額も月を経るにつれ減額されていき、またアップグレードプログラムEXは月額390円のプログラム費用が必要になるため、4年継続してしまうとプログラム料分(390円×24カ月(現在は25カ月目以降はプログラム費用はかからない)=9,360円(不課税))損する結果になります。

また、旧機種は回収されてしまうため、下取りプログラムは利用できない点も考慮しておく必要があります。

※プログラムを使用しないで、次の機種に機種変更した場合は支払ったプログラム料分、WALLETポイント(法人契約の場合はauポイント)に充当される救済措置はあるようです。

25カ月目に新機種に機種変更した場合のiPhone11ProMaxの実質的な機種代金

  実質的な機種代(税抜)+プログラム料(不課税)
64GB 63,800円+9,360円
73,160円
256GB 72,267円+9,360円
81,627円
512GB 84,067円+9,360円
93,427円

アップグレードプログラムEXの適用条件には以下の条件を満たす必要があります。

  • 対象機種(iPhone11ProMaxも対象)を割賦契約48回で購入と同時にアップグレードプログラムに申し込み(途中からの加入はできません)
  • 「auピタットプラン系」「auフラットプラン系」のプランに加入
    ※2019年6月から始まった新プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」なども対象
  • 次回の機種変更時、旧機種の回収
    (故障していたりすると20,000円別途追加費用が必要になるようです)
  • 旧機種を回収する際、暗証番号ロック解除、オールリセットが行われている

詳しくはau公式:アップグレードプログラムEX/EX(a)

毎月割の利用【「auピタットプラン」「auフラットプラン」などを使用しない人向け】

新規受付は2019年9月30日まで

毎月割の新規受付は2019年9月30日で終了します。

auの従来型の料金プラン(「データ定額2/3/5/8/10/13/20/30」または「LTEフラット」)を利用している人には、毎月割の割引サービスが適用できます。

このサービスを適用し2年間契約を継続した場合、一定の割引を受けることができます。

割引額については、主要なプランでは利用できない割引ということもあってかauの公式ページ上に割引額表示が無く、「対象機種・割引額は店頭にてご確認ください。」との表示になっていました…。

毎月割は、24回分の割引期間中に途中解約してしまうと以降の割引は無くなるため、実質的な支払金額は高くなる点には注意しましょう。

毎月割の適用条件としては以下の条件を満たす必要があります。

  • iPhone購入と同時に「データ定額2/3/5/8/10/13/20/30」または「LTEフラット」に申し込む
    ※これらのプランは2019年8月31日で新規受付が終了しています。
先生

毎月割は最近auが推している「auピタットプラン系」や「auフラットプラン系」のプランでは選択できない割引サービスのため、注意が必要です。

毎月割の条件について詳しくはau公式:毎月割|料金・割引

アップグレードプログラムDXの利用【2019年10月以降は】

新規受付は2019年10月以降から

2019年10月から法改正のルールをクリアした新割引が2019年10月から開始します。

この「アップグレードプログラムDX(ディーエックス)」は2019年9月まで行われていた「アップグレードプログラムEX」とかなり似ていますが、48回の割賦契約で機種を購入し、後日、auの機種を購入する際に、旧機種の回収が必要になりますが、25カ月目以降にauで機種購入をすると、以降の旧機種の残割賦代金の支払いがなくなります。つまり25カ月目にauで機種購入する場合、48回中24回分の支払いのみで済む形になります。

先生

アップグレードプログラムEXとの違いは、auの回線を利用しているかどうかは問わない点があります。アップグレードプログラムEXは機種変更(au回線利用)が必要でしたが、アップグレードプログラムDXはauでの機種購入(au回線利用については関知しない)という点が異なります。

※auの回線契約は必要ないものの、auで購入する端末にはauのSIMロックがかかっているため、ドコモやソフトバンク系の回線を利用している人の場合には、SIMロックを購入してから101日以降でauショップでSIMロック解除の手続きをしないと使用できないので、実質的にはauとau回線を利用するMVNO人だけに恩恵がある割引ではあります。

ただし、25カ月目以降に次の機種購入せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、免除される金額も月を経るにつれ減額されていき、またアップグレードプログラムDXは(EXの時と同じように)月額390円(不課税)×24回分(つまり、合計9,360円分)のプログラム費用が必要になります。

※プログラム料が総支払額が免除される分割支払金/割賦金の残額を上回った場合、差額をau WALLETポイントで還元されます。(つまり、免除額が9,360円以下になってしまう場合には、au WALLETポイントで差額返金されるということです)

また、旧機種は回収されてしまうため、下取りプログラムは利用できない点も考慮しておく必要があります。

25カ月目に新機種をauで購入した場合のiPhone11ProMaxの実質的な機種代金

  実質的な機種代(税抜)+プログラム料(不課税)
64GB 63,800円+9,360円
73,160円
256GB 72,267円+9,360円
81,627円
512GB 84,067円+9,360円
93,427円

アップグレードプログラムDXの適用条件には以下の条件を満たす必要があります。

  • 対象機種(iPhone11ProMaxも対象)を割賦契約48回で購入と同時にアップグレードプログラムに申し込み(途中からの加入はできません)
  • 25ヶ月目以降に次の機種をauで購入
    ※12ヶ月以上利用した人でも24回分の端末代金、プログラム料を支払うことで特典利用が可能
  • 次回の機種購入時、旧機種の回収
    (故障していたりすると20,000円別途追加費用が必要になるようです)
  • 旧機種を回収する際、暗証番号ロック解除、オールリセットが行われている

詳しくは
au公式:スマホの機種代金が最大半額になる「アップグレードプログラムDX」提供開始

auのiPhone11ProMaxが欲しくなった人は

ドコモで機種代を安くする方法

それでも自分はドコモがいい!

ドコモには、かつては月々サポートdocomo with端末購入サポートといった端末代金の負担を軽減する割引サービスがありました。ただ、2019年6月から始まった分離プラン「ギガホ」「ギガライト」の新プラン登場に伴い、これらの割引サービスは使えなくなりました。

現在は、「スマホおかえしプログラム」という割引サービスを利用します。

スマホおかえしプログラムの利用

36回割賦で機種を購入し、後日のドコモに機種を返却することで返却翌月以降の端末支払い残金が免除(最大12ヶ月分)されます。つまり25カ月目に機種変更する場合、36回中24回分の支払いのみで済む形になります。

auやソフトバンクの同様の割引サービスと比べると免除金額が最大で3分の1と少ない点で劣っているものの、端末の返却が条件で次の機種を購入する必要が無い点は優れている特徴があります。
(au、ソフトバンクは最大で半額免除(プログラム料が別途9,360円分かかっているので実質的には最大半額にならない)。適用には次の機種をキャリアから購入することが必要)

ただし、25カ月目以降に返却(機種変更)せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、免除される金額も月を経るにつれ減額されていき、3年継続してしまうと定価で端末代を購入するのと変わらない状態になってしまいます。

また、返却することで端末は回収されてしまうため、機種変更をする際に下取りプログラムは利用できない点も考慮しておく必要があります。

25ヶ月目までに端末返却した場合のiPhone11ProMaxの実質的な機種代金

  実質的な機種代(税抜)
64GB 84,000円
256GB 96,000円
512GB 110,400円

スマホおかえしプログラムの適用条件には以下の条件を満たす必要があります。

  • 対象のスマホ36回分割払いで購入する(購入時にプログラムへの申し込みが必要
    ※対象となるスマホが限定(iPhone11ProMaxは対象)されていて、一括払いは割引対象に含まれなくなる点は注意が必要
  • スマホをドコモに返却する
    ※次の機種に機種変更する条件は付いていない
  • 返却時のドコモの査定で故障端末と判定された場合には最大で20,000円追加費用が必要
    ※ケータイ補償サービスまたは補償サービス for iPhone & iPadに加入していれば2,000円に追加費用が下がります
スマホおかえしプログラムに関する記事を見たい方はこちら

ドコモのiPhone11ProMaxが欲しくなった人は
※ドコモの契約は事務手数料がかからないオンラインショップがオススメです

ソフトバンクで機種代を安くする方法

それでも自分はソフトバンクがいい!

ソフトバンクは、かつて月月割や半額サポートの割引サービスが有名でしたが、現在はこの割引サービスが利用できません。代わりにauのアップグレードプログラムDXと似た感じの半額サポートプラスを利用します。

ソフトバンクの半額サポートプラスが先に発表し、auのアップグレードプログラムDXが対抗して追随したこともあり、非常に似た割引になっています。

半額サポートプラスの利用

2019年9月13日から始まった割引で、こちらは48回の割賦契約で機種を購入し、後日、ソフトバンクで次の機種を購入する際に、旧機種の回収が必要になりますが、25カ月目以降にソフトバンクで機種を購入し、旧機種をソフトバンクに返却すれば、以降の旧機種の残割賦代金の支払いがなくなります。つまり25カ月目に次の機種をソフトバンクで購入した場合、48回中24回分の支払いのみで済む形になります。

ただし、25カ月目以降に機種変更せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になります。

また、旧機種は回収されてしまうため、下取りプログラム(機種変更)は利用できない点は考慮しておく必要があります。

先生

半額サポートプラスの場合も(auのアップグレードプログラム11と同じように)ソフトバンクでの機種購入(ソフトバンク回線利用については関知しない)が条件になっています。

※ソフトバンクの回線契約は必要ないものの、ソフトバンクで購入する端末にはソフトバンクのSIMロックがかかっているため、ドコモやau系の回線を利用している人やワイモバイルを利用している人の場合には、SIMロックを購入してから101日以降でソフトバンクショップでSIMロック解除の手続きをしないと使用できないので、実質的にはソフトバンクと(ワイモバイルを除く)ソフトバンク回線を利用するMVNO人だけに恩恵がある割引ではあります。

ただし、25カ月目以降に次の機種購入せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、免除される金額も月を経るにつれ減額されていき、また半額サポートプラスは月額390円(不課税)×24回分(つまり、合計9,360円分)のプログラム費用が必要になります。

※プログラム特典を利用しないで48回の支払いを完済した場合には、支払ったプログラム料をPayPayボーナス(個人の方)、Tポイント(法人の方)で還元されます。

13カ月目~25ヶ月目に新機種をソフトバンクで購入した場合のiPhone11ProMaxの実質的な機種代金

  実質的な機種代(税抜)+プログラム料(不課税)
64GB 66,000円+9,360円
75,360円
256GB 74,889円+9,360円
84,249円
512GB 86,889円+9,360円
96,249円

半額サポートプラスの適用条件には以下の条件を満たす必要があります。

  • 対象機種(iPhone11ProMaxも対象)を割賦契約48回で購入と同時に半額サポートプラスに申し込み(途中からの加入はできません)
  • 25ヶ月目以降に次の機種をソフトバンクで購入
    ※12ヶ月以上利用した人でも24回分の端末代金、プログラム料を支払うことで特典利用が可能
  • 次回の機種購入時、旧機種の回収
    (故障していたりすると20,000円別途追加費用が必要になるようです)
  • 旧機種を回収する際、暗証番号ロック解除、オールリセットが行われて、IMEIが確認できること
半額サポートプラスに関する記事を見たい方はこちら

ソフトバンクのiPhone11ProMaxが欲しくなった人は

ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもすすめ

まとめ

iPhone11ProMax自体の端末価格はAppleのSIMフリーが最も安いものの各携帯会社の割引を上手く活用すれば、安く端末を購入することができるので、購入を検討されている方は求める回線速度やサポート体制なども考慮しつつ、ベストな会社で購入・契約してください。

他の携帯会社にMNP(乗り換え)したくなった方はこちらの記事がおすすめです。
先生

MNPでソフトバンクに乗り換えを検討している人こちらもご覧いただけると、もしかしたらもっとお得に利用できるかもしれません。