2019年12月開始の「ドコモの学割」徹底解説。特典内容や適用条件、前回の学割との違いは?

2019年12月開始の「ドコモの学割」徹底解説

今年もまたまた「学割」の季節がやってきました。2019年11月からauで「auの学割」が開始になりましたが、続いてドコモでも「ドコモの学割」を発表しました。キャンペーン期間は去年と同様に12月1日から翌年の5月31日までです。

先生

auやソフトバンクは毎年学割の名称を変えてきますが、ドコモは毎回「ドコモの学割」と名前は変わりません。(ただし、特典内容・条件は毎年変わりますが・・・)

今回は2019年12月から始まる「ドコモの学割」について徹底的に解説していきたいと思います。学割の内容や対象者・特典の条件や前回の学割との違いなどについてできるだけ分かりやすくお伝えできればと思います。

ドコモ以外の携帯会社の学割記事を見たい方はこちらの記事をどうぞ

受付期間はいつからいつまで

「ドコモの学割」の受付期間2019年12月1日(日)から2020年5月31日(日)までです。

先生

期間としては前回の学割と同じ期間での開催になっています。

特典内容・対象者

まずは本題となる2020年の「ドコモの学割」の特典内容から説明していきます。

対象者・適用条件

今回の「ドコモの学割」の特徴は以前の学割と比べ、非常にシンプルな点があります。

学割の対象者・適用条件は以下のようになっています。

  • 学割対象者(25歳以下)
    ※申し込み時点で25歳以下であればOK。学割適用期間中に26歳になっても割引は継続。
  • 「ギガホ」「ギガライト」に新規契約・MNPをする
    直近にドコモ販売店で購入した機種を18ヶ月以上利用した人のFOMAからXiへの契約変更の場合も対象になります。
  • 最大1年間月額料金が割引になる
    ※「最大」となっているのは学割加入月は日割計算されるため。初月は日割計算で割引+11ヶ月割引。
  • 上記の対象になる場合は、自動的に「ドコモの学割」が適用される。

※申し込み時点で25歳以下の人であれば学生でなくても割引対象ですが、1回限りの割引なので、過去にドコモで学割を利用したことがある場合には、ドコモの学割は利用できません。

先生

過去の学割では、学割対象者の家族への特典付与やポイント付与などの特典内容を打ち出したときもありましたが、今回のドコモの学割では、そのようなこともなく、シンプルに最大1年間割引といった特典です。

対象プランと割引金額

「ドコモの学割」の適用対象となるプラン2種類のスマホ向けプランです。選択するプランによって(表記上の)割引額は違います。

「ドコモの学割」適用になる対象プラン・割引金額(税抜)

学割名 割引金額 1ヵ月に利用可能な
高速データ通信量
ギガホ -1,500円引き×最大12ヶ月間
※初月は日割計算で割引
30GBまで
ギガライト -1,000円引き×最大12ヶ月間
※初月は日割計算で割引
7GBまで

※割引は加入した当月から有効ですが初月は割引額が日割計算で計算され、残りの11ヶ月間(2ヶ月目~12ヶ月目)は1,500円(または1,000円)の割引適用になります。

実質的な割引額はギガライトと同額

「ギガホ」と「ギガライト」では割引額が一見違いますが、通常「ギガホ」を契約した場合に適用される割引「ギガホ割」(1,000円割引×最大6ヶ月間)が「ドコモの学割」を利用する場合には、「ギガホ割」が利用できません。この割引分を加味した場合の「ドコモの学割」で得られる実質的な割引合計額は「ギガライト」も「ギガホ」も変わらないカラクリがあります。

前回の「ドコモの学割」との違い

前回ドコモで行われていた学割は現在は新規受付が終了している多数のプランが対象となる学割で、期間は最大13ヶ月と1ヵ月長く、これとは別にdポイントを25歳以下の学割対象者とその家族にも付与するといったものでした。

先生

2年定期契約の更新月以外のタイミングで解約やMNPをした場合の契約解除料が2019年10月の法改正の影響で減額された影響なのか、還元額が少なくなった感じになっています。

表にすると以下のような違いになっています。

ドコモの学割の前回と今回の特典比較
※前回の学割の対象プランはすべて現在新規受付が終了しているプランで新規申込はできません。

プランのタイプ 前回の学割 今回の学割
対象プラン 以下の基本プランとパケットパックの組み合わせ

▼基本プラン
・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
・シンプルプラン(スマホ)

▼パケットパック
・ベーシックパック
・ウルトラデータLパック
・ウルトラデータLLパック
・ベーシックシェアパック
・ウルトラシェアパック30
・ウルトラシェアパック50
・ウルトラシェアパック100
・シェアパック子回線で「シェアオプション」

など

・ギガホ
・ギガライト
月額料金割引額
(25歳以下の人が対象)
1,500円引き×最大13ヶ月 ギガホの場合
1,500円引き×最大12ヶ月
ギガライトの場合
1,000円引き×最大12ヶ月
dポイント付与特典
(25歳以下の人とその家族が対象)
dポイント(期間・用途指定)2,500ポイント/1名を付与
※2019年2月1日までに特典適用対象になった人は+1,000ポイント
※一部対象外になるプランもある
特典なし
先生

前回の学割の開催期間は2018年12月1日から2019年5月31日までです。

「月々3,480円~」のからくり

ドコモ公式の「ドコモの学割」ページには対象となるプラン名とともに「3,480円~」などのように安い月額料金の表示があります。これは皆さんもお気づきだと思いますが、学割単体適用ではなく、複数のキャンペーンを併用して適用することで成り立っています。実際どのようなプランの組み合わせか簡単にご紹介します。

ギガホの場合(3,480円~の内訳)

「ギガホ」3,480円/月~

ギガホで「3,480円~」になる条件としては以下の内容を満たす必要があります。

  • 通話タイプ従量課金型(国内通話なら30秒につき20円)の一番基本料金が安くなるタイプを選択。
    ※家族間通話以外の通話やSMS送信といった別途通話料が発生することは一切しない。
    ※国内通話が無料になる通話オプションは利用しない。
  • 「2年定期契約」あり
    ※ただし、支払方法をdカード払い(dカードお支払割)にすれば2年契約なしにできる
  • 家族3人以上でドコモを利用し「みんなドコモ割」を適用する
    ※割引は加入の翌月から永年適用
  • 最初の1年間だけ(「ドコモの学割」を適用)
    ※初月の割引は日割計算
  • ドコモ指定のブローバンド回線も契約し、「ドコモ光セット割」を適用する
    ※「ドコモ光ミニ」以外の指定ブロードバンド回線契約であること(割引額が500円少ないため・・・)

先生

ギガホは毎月30GBまで高速データ通信が可能なスマホ向けプランです。
※30GB以上データ利用した場合の速度制限時の通信速度が最大1Mbpsとほかのプランでよくある最大128kbpsよりかなり速いといった特徴もあるプランです。

ギガホで月額3,480円(税抜)になる料金の内訳

内訳 月額料金
基本料金
(割引なし)
7,150円
2年契約(自動更新)
または
dカードお支払割
-170円
ギガホ割
(最大6ヶ月間)
ドコモの学割適用の場合
割引適用外になる
ドコモの学割
(最大12ヶ月間)
-1,500円
みんなドコモ割 -1,000円
※家族回線が3回線以上
ドコモ光セット割
-1,000円
※ドコモ光ミニは除く
合計 3,480円
※最初の1年間
先生

1年間の割引が終了した後は、最低でも4,980円の月額料金になります。

ギガホについて知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

ギガライトの場合(980円~の内訳)

「ギガライト」980円/月~

ギガライトで「980円~」になる条件としては以下の内容を満たす必要があります。

  • 1ヵ月に使用するデータは1GB未満に抑える
  • 通話タイプ従量課金型(国内通話なら30秒につき20円)の一番基本料金が安くなるタイプを選択。
    ※家族間通話以外の通話やSMS送信といった別途通話料が発生することは一切しない。
    ※国内通話が無料になる通話オプションは利用しない。
  • 「2年定期契約」あり
    ※ただし、支払方法をdカード払い(dカードお支払割)にすれば2年契約なしにできる
  • 家族3人以上でドコモを利用し「みんなドコモ割」を適用する
    ※割引は加入の翌月から永年適用
  • 最初の1年間だけ(「ドコモの学割」を適用)
    ※初月の割引は日割計算

※ギガホでは「ドコモ光セット割」も含みましたが、ギガライトで1GB未満の場合は「ドコモ光セット割」の割引が無いため月額980円の要素には「ドコモ光セット割」は含まれません。

先生

ギガライトは毎月7GBまで高速データ通信が可能なスマホ向けプランですが、その月に利用したデータ量に応じて段階的に料金が変わるため、月額980円にするためには一番料金が安い段階の1GB以下にデータ利用を抑える必要があります

ギガライトで月額980円(税抜)になる料金の内訳

内訳 月額料金
基本料金
(割引なし)
3,150円
※ステップ1(1GB未満の利用)の場合
2年契約(自動更新)
または
dカードお支払割
-170円
ドコモの学割
(最大12ヶ月間)
-1,000円
みんなドコモ割 -1,000円
※家族回線が3回線以上
ドコモ光セット割
割引なし
※ステップ1(1GB未満の利用)の場合
合計 980円
※最初の1年間
先生

1年間の割引が終了した後は、最低でも1,980円の月額料金になります。

参考:ステップ別月額料金比較

ギガライトはその月に利用したデータ量によって段階的に月額料金が変わり、割引額も変わってきます。参考までに段階別の料金もまとめてみると以下のようになります。

「ギガライト」+「ドコモの学割」ありで最初の1年間の料金
※税抜・1人あたりの料金。
※通話オプションなしの国内通話30秒につき20円の標準タイプの場合。

ファミリー割の対象回線数 1回線 2回線 3回線以上
基本料金
(割引なし)
3,150円~6,150円
2年契約(自動更新)
または
dカードお支払割

-170円
ドコモの学割
(最大12ヶ月間)
-1,000円
みんなドコモ割 適用なし -500円 -1,000円
合計(~1GB)
(ドコモ光セット割なし)
1,980円 1,480円 980円
合計(~3GB)
(ドコモ光セット割なし)
2,980円 2,480円 1,980円
合計(~5GB)
(ドコモ光セット割なし)
3,980円 3,480円 2,980円
合計(~7GB)
(ドコモ光セット割なし)

4,980円 4,480円 3,980円
ドコモ光セット割 適用なし(~1GB)
-500円(~3GB)

-1,000円(~7GB)
合計(~1GB)
(ドコモ光セット割あり

1,980円 1,480円 980円
合計(~3GB)
(ドコモ光セット割あり

2,480円 1,980円  1,480円
合計(~5GB)
(ドコモ光セット割あり

2,980円 2,480円 1,980円
合計(~7GB)
(ドコモ光セット割あり

3,980円 3,480円 2,980円
先生

1年間の割引が終了した後は、月額料金が1,000円高くなります。

ギガライトについて知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

注意点

ドコモの学割を利用するにあたり、以下の点には注意しておきましょう。

  • ギガホやギガライト以外へのプラン変更、法人名義への名義変更、電話番号保管のお申し込み(休止)、利用者情報の廃止などの割引適用条件を満たさなくなった場合は「ドコモの学割」は廃止扱いになります。
    ※廃止になると割引されないのはもちろん、割引期間内に割引適用対象になっても割引の再適用がされません。(一度終わってしまうと復活ができない)
  • 同一の利用者で複数回線を持っている場合、1回線のみドコモの学割適用が可能であること。

まとめ

今回の「ドコモの学割」は2019年12月1日から2020年5月31日までの受付期間のキャンペーンで、25歳以下の人がギガホ、ギガライトを選択し、MNPや新規契約をすると最大1年間割引を受けることができます。
※直近にドコモ販売店で購入した機種を18ヶ月以上利用した人のFOMAからXiへの契約変更の場合もOK

ドコモ公式ページにあるような月額料金にするためには各種割引を適用し、必要最低限のプランを選択した場合に実現ができる内容になっています。(それなりに難易度は高いです)

ドコモの学割を検討されている方はぜひ参考にしていただき、自分に合った携帯会社で購入・契約してください。

今回はいかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

ドコモを利用したくなった人はこちら
※ドコモの契約は事務手数料がかからないオンラインショップがオススメです

ドコモオンラインショップ

おすすめの関連記事
2019-2020年版携帯各社の学割キャンペーン比較ドコモ関連の注目記事まとめ
MNP(乗り換え)の手順と得する携帯ショップの選び方