使えるデータ容量が減らない「カウントフリー」サービスまとめ(2019年11月版)

データ消費カウントされない「カウントフリー」サービスまとめ

最近携帯電話各社のサービスが色々変わってきています。携帯電話の料金値下げの一つのアプローチとして特定のサイトやアプリで使用するデータ消費をカウントしないといったサービスが増えています。よく使うサイトやアプリなら通信制限を気にせず利用できる点はかなり魅力的です。

そこで、今回はカウントフリー・データ消費ゼロになるサービスがある携帯会社7社該当のサービスをまとめてみました。携帯電話会社の選定の判断材料の一つとしてご活用ください。

この記事の目次

1.ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+(動画SNS放題)」

「ウルトラギガモンスタープラス」12ヵ月間3,480円/月~

3大キャリアの一角のソフトバンクは毎月50GBのデータ容量を定額で利用することができる「ウルトラギガモンスター+(データプラン50GBプラス)」は特定のアプリ・サービスのデータ通信量がカウントされない「動画SNS放題」の特典を受けることができます。
ウルトラギガモンスター+は大容量タイプの完全定額プランということもあり、料金はそれなりにかかりますが、非常に幅広いサービス・アプリが対象になるため、キャンペーンの恩恵にあずかれる人はかなり多いと思います。

ギガ使い放題キャンペーンは終了

すべてのデータ通信が消費されない完全使い放題の「ギガ使い放題キャンペーン」は2019年9月30日で終了しています。

対象となるアプリ

動画SNS放題

動画SNS放題13のサービス「ギガノーカウント」としてデータ消費されないカウントフリーの対象になります。

ほかのカウントフリーサービスと比べるとデータ消費の多い動画系サービスがかなりカバーできているのが特徴です。
(ただし、対象サービスでもデータ消費カウントされる内容もあります)

「動画SNS放題」対象サービス・アプリ

アプリ名 データ通信量を消費するケース
YouTube 広告クリック後の遷移先
AbemaTV お知らせページ、FAQ、番組公式サイトの閲覧
TVer 広告/計測関連のビーコン/動画配信ソリューションのシステムに関する通信/トピックスの閲覧
GYAO! 広告の視聴・閲覧/画像・テキストの閲覧/一部の生配信映像の視聴/Webページの閲覧
クラシル 広告/Google Analyticsなどの解析サービス/有料会員登録時の通信
Hulu 動画視聴やダウンロード以外の通信
(サイトの閲覧、動画マニフェスト、DRMライセンス、画像、字幕データ、視聴品質ビーコン、APIなど)
スタディサプリ Google Analyticsなどの解析サービス
スタディサプリ English
LINE 音声通話/ビデオ通話 ※要注意※
Instagram 音楽(Music Stories)の再生
Facebook ・音楽(Music Stories)の再生
・Messenger ※要注意※
Twitter 広告クリック後の遷移先
TikTok 広告クリック後の遷移先
全サービス共通の対象外(消費カウントとされる)の条件

  • VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバーを介した通信
  • 外部リンク、外部サーバーへの接続
  • 非公式アプリ利用時の通信 ※要注意※
    (SafariやChromeなどのブラウザもデータ消費カウントになるようです)
  • 海外での利用(国際ローミング通信)
  • Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合
  • SoftBank3Gのみ対応した端末、Windowsタブレット、モバイル通信専用機種およびモバイルデータ通信対応パソコンで接続した場合。

「ウルトラギガモンスター+」の利用料金

ウルトラギガモンスター+
(基本プラン(音声) & データプラン50GBプラス)
7,480円

※2019年9月13日以降に契約した場合の料金です。
※通話の料金は「基本プラン(音声)」が該当し、国内通話30秒につき20円の通話料が発生する従量課金型の通話タイプです。

定価は7,480円ですが、家族でまとめての契約になると「みんな家族割+」が適用できるため、最大2,000円の割引(2人なら500円引き、3人なら1,500円引き、4人以上で2,000円引き)され、契約人数によって5,480円~7,480円と価格が変わってきます。

先生

上記以外にも国内通話がかけ放題になる通話オプションを付けたり、その他割引サービス(1年おトク割やおうち割光セット など)の割引を適用させるなど料金の増減があります。

「ウルトラギガモンスター+」の注意点

公式アプリ以外(Safariなどのブラウザでのアクセス含め)はデータ消費扱いになるので、アクセスする場合には公式アプリを使ってアクセスするように心掛けましょう。

また、似たようなサービス名の「ミニモンスター」や、最近登場した「スマホデビュープラン」は安いプランということもあるためか、カウントフリーの適用がないため、カウントフリーサービスを利用したい場合は誤ってミニモンスターやスマホデビュープランを選択しないように注意しましょう。

ソフトバンクを利用したくなった人はこちら

ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもすすめ

↓関連記事:ウルトラギガモンスタープラス徹底解説

2.UQモバイル「ターボOFF(節約モード)」

節約モード(送受信最大300Kbps)

UQモバイルは少し違う形のアプローチを行ったサービスを出しています。スマホプランに契約した状態で、回線速度を最大300Kbpsに落とし「ターボOFF(節約モード)」にした状態でのアクセスに限り、データ消費をゼロにするサービスを展開しています。

対象となるサービス・アプリ

ターボOFF(節約モード)であればどのサービス・アプリもデータ消費がゼロになります。

「スマホプラン」の利用料金

節約モードでデータ消費ゼロになる「スマホプラン」の料金は以下のようになっています。

スマホプラン 1,980円~3,980円

データ容量は3GB/9GB/14GBの3タイプから選択し、通話については国内通話30秒につき20円の通話料が発生する従量課金タイプの料金体系になっています。(通話オプション(別料金)でかけ放題プランにすることも可能)。

その月で使い切れなかったデータは翌月に繰り越しも可能なプランでもあります。

節約モードと通常の高速モードの切り替えはUQ mobile ポータルアプリを使うことで、モードの切り替えを行うことができます。

「ターボOFF(節約モード)」の注意点

UQモバイルは割と回線速度は速い傾向にありますが、このモードは回線速度を自発的に制限した状態にする形になるので、サービスやアプリについては特に問わない点では良いですが、回線速度は遅い状態になるので、テキストデータでやり取りをするSNSやメールなどであれば大きな不都合はなさそうですが、通信データ量の多い動画やリアルタイム性を求めるゲームなどについては、厳しそうです。また、速度切り替えを必要に応じて行う必要があるため、その手間も面倒な人にとっては使い勝手は悪いかもしれません。

ターボOFFについて詳しくは
UQモバイル公式:ターボOFF時、SNSどれだけ使っても、データ消費ゼロ

UQモバイルを利用したくなった人はこちら

↓UQモバイルのスマホプランについて詳しい内容は
UQモバイル公式:スマホプラン

3.OCNモバイルONE「MUSICカウントフリー」

MUSICカウントフリー

OCNモバイルONEでは、音楽系の一部サービスの通信がカウントフリーになる「MUSICカウントフリー」のサービスを展開しています。このあと、紹介するMVNO系と違い、このカウントフリーは、追加料金がかからず利用できる点も魅力です。

対象となるサービス・アプリ

OCNモバイルONEの「MUSICカウントフリー」は音楽系サービスに特化しています。

データ消費しないカウントフリーになるのは、以下のサービスで音楽ストリーミングに関するものが対象となるため、それ以外の通信はカウントフリーにならない場合があるので注意しましょう

MUSICカウントフリーでデータ消費しない対象

  • Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)
  • ANiUTa
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • RecMusic
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック
対象外(消費カウント)となるケース

  • 音楽以外の動画や画像などの読み込みや外部サイトへのアクセスなどの通信
  • アプリのダウンロードや更新による通信
  • 公式アプリ・ブラウザによるもの意外のアプリなどからの通信
  • VPNやプロキシサーバーなどを介した通信
  • 契約しているコースを変更した場合、コース変更適用月1~2日間

「MUSICカウントフリー」の利用料金

「MUSICカウントフリー」の利用料金は無料で利用できます。

※「OCNモバイルONE プリペイド」に契約の場合は、「MUSICカウントフリー」への申し込みはできません。

MUSICカウントフリーについての詳細は
OCNモバイルONE公式:MUSICカウントフリー

OCNモバイルONEが気になった人はこちら

4.LINEモバイル「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」

LINEモバイル コミュニケーションフリー

LINEモバイルでは、LINEをはじめとしたSNSを中心とした1~5種のサービスのデータ消費をゼロにするプランを展開しています。動画系には対応していないものの基本的に使うアプリの大半はLINEといった方やコミュニケーション系のSNSの使用頻度がメインの方に向いています。

対象となるサービス・アプリ

  • LINEフリープラン:LINE(1種)
  • コミュニケーションフリープラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram(4種)
  • MUSIC+プラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC(5種)

LINEモバイルでカウントフリーになる対象

サービス(アプリ)名 データ通信量がゼロ扱いになる対象
LINE ・「トーク」でのテキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信
・音声通話・ビデオ通話
・「タイムライン」での投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
・「友だち」の閲覧、友だちの追加
・「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
・「ウォレット」トップの閲覧
・スタンプ・着せ替えのダウンロード
・アカウント設定
Twitter ・ツイートの投稿・ツイッターの機能を使って投稿されたツイートの閲覧(画像・動画含む)
・トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
・プロフィール・設定とプライバシーポリシーの編集
・ウェブブラウザでの利用
Facebook ・フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
・リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
・プロフィール・設定とプライバシーの閲覧、編集
・ウェブブラウザでの利用
Instagram ・タイムラインの閲覧・投稿(画像・動画含む)
・ストーリーズの閲覧・投稿
・検索の利用(画像・動画含む)
・アクティビティの利用
・メッセージの利用
・プロフィールの閲覧、編集
・ウェブブラウザでの利用
 LINE MUSIC ・ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージックの利用
・音楽・音声の視聴
・オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」の利用料金

※各プランともに通話料は20円/30秒の従量課金です。

LINEフリープラン

データ容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

※「スマホ月額基本利用料半額キャンペーン」をLINEフリープランの場合は利用できません。

コミュニケーションフリープラン

データ容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

「スマホ月額基本利用料キャンペーン」を活用すると音声通話SIM限定ですが、初月の月額基本利用料が600円になり、2ヶ月目から5ヶ月目までは月額基本利用料が半額になります。

MUSIC+プラン

データ容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

「スマホ月額基本利用料キャンペーン」を活用すると音声通話SIM限定ですが、初月の月額基本利用料が600円になり、2ヶ月目から5ヶ月目までは月額基本利用料が半額になります。

「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」の注意点

「スマホ月額基本利用料キャンペーン」音声SIMのみ適用されるため、データSIMやデータSIM(SMS付き)、一番安いLINEフリープランは適用対象外となるため、注意が必要です。
また、MVNOということもありソフトバンクと比較してしまうと回線速度は遅くなる傾向はあります。

LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プランについての詳細は
LINEモバイル公式:料金プラントップ

LINEモバイルが気になった人はこちら

DMM mobileでは、月額250円の追加オプション5種類のSNSがデータ消費ゼロ扱いになるオプションサービスを展開しています。前述のLINEのコミュニケーションフリープランに近いSNSが対象となっています。

5.BIGLOBEモバイル「エンタメフリー・オプション」(オプションプラン)

エンタメフリー・オプション

BIGLOBEモバイルでは、月額480円音声通話SIMの場合)の追加オプション18種類の動画・音楽サービスがデータ消費ゼロ扱いになるオプションサービスを展開しています。

※「エンタメフリー・オプション」は3GB以上のプランを利用する人が契約できる有料オプションサービスです。

対象となるサービス・アプリ

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」はデータ消費の激しい動画や音楽サービスに特化しています。

データ消費ゼロになるのは以下のサービスの動画・音声の再生に関してのみが対象となっていて、スマホでの視聴を想定している範囲でタブレットなどの大画面での視聴向けではなく高画質・高音質での視聴にはならない点は注意が必要です。

エンタメフリー・オプションでカウントフリーになる対象
(動画・音声の再生に対してのみ対象)

サービス(アプリ)名 画質・音声の推奨設定
「※」はデータ通信量がゼロ扱いにならない対象
YouTube [画質 自動設定]
(視聴可能な画質:360p以下)
※動画、音楽等のコンテンツのアップロードはエンタメフリーの対象外
YouTube Music [モバイルネットワーク使用時の音質 標準]以下
Google Play Music [ストリーミングの質 標準]以下
Apple Music 推奨品質の指定なし
※ビデオの再生はエンタメフリーの対象外
Abema TV [画質設定 最低]以下
Spotify [音質 標準音質]以下
※Podcastに係る通信はエンタメフリーの対象外
AWA [ストリーミング音質 Normal]以下
radiko.jp 推奨品質の指定なし
Amazon Music [ストリーミング音質 低]以下
※ブラウザ上での再生はエンタメフリーの対象外
U-NEXT [画質 最低画質]
※ダウンロード機能はエンタメフリーの対象外
YouTube Kids [画質 自動設定]
(視聴可能な画質:360p以下)
LINE MUSIC 推奨品質の指定なし
※ダウンロード機能、動画の視聴はエンタメフリーの対象外
らじる★らじる 推奨品質の指定なし
Facebook Messenger ※ビデオ通話、第三者が提供しているGIFやゲームなどのコンテンツはエンタメフリーの対象外
dヒッツ 推奨品質の指定なし
※dミュージックで購入した楽曲のダウンロードはエンタメフリーの対象外
RecMusic 推奨品質の指定なし
※動画の視聴はエンタメフリーの対象外
dマガジン
dブック
対象外(消費カウントとされる)となるケースもあります

  • エンタメフリー機能を「オフ」に設定している場合
  • 公式アプリ以外での利用
  • 複数台・複数アプリでの同時視聴(同時に1サービスまでの視聴が対象のため)
  • 対象サービスのコンテンツ事業者が提供する公式アプリ以外による再生、ブラウザ上の再生
  • 対象サービスのWEBサイト上またはアプリ上での検索、画像、広告等の表示、SNS等への投稿など、動画・音声の再生以外にかかる機能
  • VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信
  • 動画、音楽などのコンテンツのアップロード
  • エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続
  • 端末・サービス提供事業者側のソフトウェア・コンテンツ・ネットワークなどの更新に伴い対象サービスが識別不能となった場合

「エンタメフリー・オプション」の利用料金

オプションサービスで音声SIMの場合は月額480円、データSIMの場合は月額980円追加することで利用できます。
※ただし3GB以上のプランでの契約が必要

2019年12月1日までキャンペーン中

2019年11月1日~2019年12月1日まで音声通話SIMと同時に申し込みで「エンタメフリー・オプション」が最大6ヶ月無料(加入月を含む6ヶ月間無料)になるキャンペーンを展開しています。
※過去に「エンタメフリー・オプション」を申し込んだことがある人は対象外。
※2019年12月2日以降も継続する場合もあります。
※特典適用期間に解約や退会、データSIMプランに変更などを行った場合は、翌月以降は特典適用外。

オプション付帯の無い状態の3GB以上のプランは3GB~30GBまでがありますが、料金表は以下のような形になっています。エンタメフリー・オプションはオプションサービスなので以下の料金にそれぞれ480円(音声通話SIMの場合)、または980円(データSIMの場合)を加算する形になります。

※音声通話対応SIMプランの通話料金は20円/30秒の従量課金になっています。
※データ通信SIMプランは音声通話機能はありません。
※「タイプD」はドコモ回線、「タイプA」はau回線です。

プラン種別 音声通話SIM
(タイプD・タイプA)
データSIM
※SMSあり
(タイプD・タイプA)
データSIM
※SMS無し
(タイプD)
3ギガプラン 1,600円 1,020円 900円
6ギガプラン 2,150円 1,570円 1,450円
12ギガプラン 3,400円 2,820円 2,700円
20ギガプラン 5,200円 4,620円 4,500円
30ギガプラン 7,450円 6,870円 6,750円
先生

音声通話SIMのプランに1,400円の「1ギガ 音声通話スタートプラン」もありますが、3GB未満のプランのため、エンタメフリー・オプションは利用できません。

「エンタメフリー・オプション」の注意点

1GBのプランについてはエンタメフリー・オプションは利用できない点と対象サービスの推奨環境の条件からお気づきかもしれませんがソフトバンクと比較してしまうと回線速度は遅くなる傾向はあります。

エンタメフリー・オプションについての詳細は
BIGLOBEモバイル公式:エンタメフリー・オプション

BIGLOBEモバイルが気になった人はこちら

6.LinksMate「カウントフリーオプション」(オプションプラン)

LinksMate カウントフリーオプション

LinksMateでは、月額500円のオプション料金を支払うことで利用することができる追加オプションで数多くのゲームアプリのデータ消費を90%以上減らすといったサービスを展開しています。

対象となるサービス・アプリ

LinkMateの「カウントフリーオプション」はほかの会社ではあまり見られないゲームアプリを中心としたデータ消費を無くすといった特徴があります。

「カウントフリーオプション」対象コンテンツ一覧

ジャンル 対象サービス・アプリ
ゲーム系 (あ行)
アークザラッド R、アイドルマスター SideM、アイドルマスター SideM LIVE ON STAGE!、アイドルマスター シャイニーカラーズ、アイドルマスター シンデレラガールズ、アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ、アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット、アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ、茜さすセカイでキミと詠う、あんさんぶるスターズ!、一血卍傑 -ONLINE-、インペリアル サガ エクリプス、ウチの姫さまがいちばんカワイイ、エレメンタルストーリー、王国と文明、オルタナティブガールズ2、オルタンシアサーガ

(か行)
ガールフレンド(仮)、怪盗ロワイヤル、神式一閃 カムライトライブ、クイーンズブレイド WHITE TRIANGLE、グランブルーファンタジー、グリモアA ~私立グリモワール魔法学園~、剣と魔法のログレス いにしえの女神、THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR、荒野行動、荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!

(さ行)
三国ブレイズ、SunVy Poker、実況パワフルサッカー、Shadowverse、少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-、ジョーカー ~ギャングロード~、スペースデブリーズ、セブンストーリー、戦国炎舞-KIZNA-、戦国ロワイヤル、戦闘摂理解析システム#コンパス、千年戦争アイギス

(た行)
釣り★スタ、テイルズ オブ ザ レイズ ミラージュ プリズン、刀剣乱舞 -ONLINE- Pocket、ドラガリアロスト、ドラゴン&コロニーズ

(な行)
猫とドラゴン、農園ホッコリーナ

(は行)
バンドリ!ガールズバンドパーティ!、FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS、Fans Poker、ファンタジーライフ オンライン、プリンセスコネクト! Re:Dive、BLADE XLOAD、プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ、Poker Fans、ぼくとドラゴン、ポコロンダンジョンズ

(ま行)
禍つヴァールハイト、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝、みんゴル

(や行)
夢王国と眠れる100人の王子様、妖怪ウォッチ ぷにぷに、妖怪ウォッチ ワールド、妖怪三国志 国盗りウォーズ

(ら行)
ラグナロク マスターズ、リネージュ2 レボリューション

コンテンツ系 AbemaTV、Abemaマンガ、AWA、enza、OPENREC.tv、グランブルーファンタジー スカイコンパス、GameWith、サイコミ、読書のお時間です、niconico、Video Market、ファミ通.com、FRESH LIVE、Mirrativ、UーNEXT、Lobi、AppStore、GooglePlay、LinksMate
SNS系 Instagram、Twitter、Facebook
カウントフリーオプション適用対象が限定される通信があります

「カウントフリーオプション」の適用対象が限定される通信

サービス(アプリ)名 カウントフリーオプション適用対象が限定される通信
Appstore カウントフリーオプション対象ゲーム・コンテンツ・SNSのアプリのダウンロード、アップデート、決済に関する通信量のカウントが対象となります。
GooglePlay カウントフリーオプション対象ゲーム・コンテンツ・SNSのアプリのダウンロード、アップデート、決済に関する通信量のカウントが対象となります。
enza 2019/4/19現在のenzaでプレイできるゲームコンテンツがカウントフリーオプションの対象となります。詳しいコンテンツにつきましては、「enza公式サイト」 でご確認ください。
niconico

以下のものがカウントフリーオプション対象となります。

  • ブラウザでのニコニコ動画/ニコニコ生放送の通信
  • iOS/Androidでの「niconico」アプリを利用したニコニコ動画/ニコニコ生放送の通信
  • iOS/Androidでの「ニコニコ生放送」アプリを利用したニコニコ生放送の通信
  • N-airを用いたニコニコ生放送の通信 
LinksMate

リンクスメイトwebサイトへのアクセスが対象

対象外(消費カウントとされる)となるケースもあります

  • 公式アプリ・サイト以外を用いて対象のゲームやコンテンツ、SNSをご利用いただいた場合、カウントフリーオプションの対象外となることがあります。
  • 公式アプリ・サイト以外を用いて投稿された動画・画像は、カウントフリーオプションの対象外となることがあります。
  • サーバーを介さず、端末間で直接通信(P2P通信)が発生してしまうコンテンツについては、機械的および自動的に通信の識別が出来ないため、カウントフリーオプションの対象外となります。
  • 対象のゲームやコンテンツ、SNSで使用されている外部リンクや外部サーバーへの接続はカウントフリーオプションの対象にはなりません。
  • VPNやプロキシサーバを介した通信はカウントフリーオプションの対象にはなりません。

「カウントフリーオプション」の適用対象外になる通信

サービス(アプリ)名 画質・音声の推奨設定
「※」はデータ消費カウントされる内容
Twitter Periscope(外部サービスを利用したライブ配信機能)
Facebook ・SNS機能以外のコンテンツ利用時に発生する、外部サーバとの通信
(Game Store、Gameroomアプリなど)

・Facebook LiveでのP2P通信
(ゲスト参加機能利用時における、端末間の音声・映像共有用通信)

・Facebook Messengerおよび、Facebook Messenger Lite の音声通話・ビデオ通話でのP2P通信
Instagram ライブ動画でのP2P通信
(ゲスト参加機能利用時における、端末間の音声・映像共有用通信)

「カウントフリーオプション」の利用料金

LinksMateの「カウントフリーオプション」は月額500円追加することで利用できます。

以下は通常のSIMカードの各プランの料金です。

LinksMateの各プラン料金表
(「カウントフリーオプション」の料金が別途加算されます)

データ容量 データ+SMS+音声通話機能
SIMカード
データ+SMS
SIMカード
1GB 1,100円 500円
5GB 2,100円 1,500円
10GB 3,100円 2,500円
20GB 4,800円 4,200円
30GB 6,000円 5,400円

※すべてのプランでオプションで追加したデータ通信容量、ならびにカウントフリーオプション加入時の対象コンテンツでの通信速度は、下り最大988Mbps/上り最大131.3Mbpsになります。

音声通話機能付きのプランの通話料20円/30秒(国内通話の場合)の従量課金型の料金になっています。(MatePhoneアプリを使用して通話した場合は10円/30秒)

カウントフリーオプションについての詳細は
LinksMate公式:カウントフリーオプション

LinksMateが気になった人はこちら

7.au「auフラットプラン7プラスN」

auフラットプラン7プラスN 人気のSNSのデータ消費はゼロ

auで2019年10月から始まった新プランの一つにauフラットプラン7プラスNがあります。このauフラットプラン7プラスNについてはTwitterなどの一部のアプリのアクセスがデータ消費ゼロのカウントフリーになります。

対象となるサービス・アプリ

auの「auフラットプラン7プラスN」はTwitterをはじめとした4つのアプリがカウントフリーの対象になる予定です。

「auフラットプラン7プラスN」でカウントフリーになる対象コンテンツ一覧

アプリ名 データ通信量を消費するケース
Twitter GIF画像の投稿・再生などをご利用の場合
Instagram
Facebook Messengerなどをご利用の場合
+メッセージ SMSを送信する場合には、別途SMS送信料がかかります。
データ容量を消費するケース(共通)

どのアプリでも以下の場合には、データ容量を消費します。

  • VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信
  • 外部リンク、外部サーバへの接続
  • 非公式アプリ利用時の通信
  • 海外での利用(国際ローミング通信)
  • Wi-Fiとモバイルデータ通信の同時接続および接続切り替えが発生した場合
  • 3G通信でのご利用時
  • テザリングでのご利用時
  • 動画・音楽の送受信

速度制限時の通信速度は最大300kbps

auフラットプラン7プラスNはカウントフリー対象以外のデータ通信に関しては1ヵ月7GBまで高速通信が可能ですが、もし7GBを使い切って速度制限が発生した場合でも、最大300kbpsと一般的な最大128kbpsよりは遅くならない特徴も持つプランになっています。

「auフラットプラン7プラスN」の利用料金

「auフラットプラン7プラスN」の料金(定価)1ヵ月に使えるデータ容量は7GBを上限として、データ量の使用量の多い少ないに関わらず固定の5,650円(2年契約Nなしの場合)です。
※2年契約Nありで期間縛りのある契約すると月額料金が170円下がり5,480円が定価になります。

ただし、家族複数回線での契約や家のネット環境とのセット割などを組み合わせたりすると月額3,480円まで抑えることも可能です。詳しくはauフラットプラン7プラスNの解説記事がありますので、こちらをチェックしてください。

「auフラットプラン7プラスN」の注意点

大手キャリアではソフトバンクのウルトラギガモンスター+の動画SNS放題が競合になりますが、動画SNS放題と比べるとカウントフリーになる対象が少なく、データを多く消費しやすい動画サービス・アプリはauフラットプラン7プラスNではカウントフリー対象がないので、動画を多く見る人にはあまり向いていません。

auを利用したくなった人はこちら

速度制限時の通信速度があまり遅くならないプランを選択する方法もある

特定のアプリやサービスに偏った利用やカウントフリーになるアプリやサービスを利用していない人の場合には、データを使い切った後の速度制限時の通信速度があまり遅くならない料金プランを利用したり、速度制限にならない無制限プランを選択するといった方法もあります。

別の記事で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてください。

↓関連記事:速度制限でもあまり遅くならないスマホプラン紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか?

よく利用するSNSなどのサービスを心置きなく利用したい人は、このデータ消費が減らないカウントフリーサービスをベースに携帯会社を選定してみるのも良いかもしれません。
今後も特定のサービス・アプリについてはデータ消費ゼロにする携帯会社が出てくる可能性があるため、注目していきたいと思います。

また次回をお楽しみに♪

おすすめの関連記事
MNPの手順と得する携帯ショップの選び方格安スマホ・MVNOとは格安スマホ向きか、キャリア向きかチェックしよう