携帯会社別「データ消費ゼロ」サービスまとめ(2018年11月版)

最近携帯電話各社のサービスが色々変わってきています。携帯電話の料金値下げの一つのアプローチとして特定のサイトやアプリで使用するデータ消費をカウントしないといったサービスが増えています。よく使うサイトやアプリなら通信制限を気にせず利用できる点はかなり魅力的です。

そこで、今回はデータ消費ゼロのサービスがある携帯会社5社該当のサービスをまとめてみました。携帯電話会社の選定の判断材料の一つとしてご活用ください。

スポンサーリンク

1.ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+(ギガ使い放題キャンペーン)」

ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+(ギガ使い放題キャンペーン)
出典:ソフトバンク

3大キャリアの一角のソフトバンクは毎月50GBのデータ容量を定額で利用することができる「ウルトラギガモンスター+(データ定額50GBプラス)」は特定のアプリ・サービスのデータ通信量がカウントされなくなります。
料金はそれなりにかかりますが、非常に幅広いサービス・アプリが対象になるため、キャンペーンの恩恵にあずかれる人はかなり多いと思います。

また、2019年4月7日までの期間限定ではあるものの「ギガ使い放題キャンペーン」の期間中はサービスやアプリを問わず、すべてのデータ通信が消費されないといった驚くべき期間限定キャンペーンになっています。

対象となるサービス・アプリ(ギガ使い放題キャンペーン期間中)

2019年4月7日までのギガ使い放題キャンペーン期間中は、どのサービス・アプリもデータ消費がゼロになります。

対象となるアプリ(ギガ使い放題キャンペーン終了後)

ギガ使い放題キャンペーン終了後は8つのサービスがデータ消費ゼロになります。データ消費の多い動画系サービスがかなりカバーできているのが特徴です。(データ消費カウントされる内容もあります)

ギガ使い放題キャンペーン終了後の対象アプリ
アプリ名 データ通信量を消費するケース
YouTube 広告クリック後の遷移先
AbemaTV お知らせページ、FAQ、番組公式サイトの閲覧
TVer 広告/計測関連のビーコン/動画配信ソリューションのシステムに関する通信/トピックスの閲覧
GYAO! 広告の視聴・閲覧/画像・テキストの閲覧/一部の生配信映像の視聴/Webページの閲覧
Hulu 動画視聴やダウンロード以外の通信(サイトの閲覧、動画マニフェスト、DRMライセンス、画像、字幕データ、視聴品質ビーコン、APIなど)
LINE 音声通話/ビデオ通話 ※要注意※
Instagram 音楽(Music Stories)の再生
Facebook ・音楽(Music Stories)の再生
・Messenger ※要注意※
全サービス共通の対象外(消費カウントとされる)の条件
  • VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバーを介した通信
  • 外部リンク、外部サーバーへの接続
  • 非公式アプリ利用時の通信 ※要注意※(SafariやChromeなどのブラウザもデータ消費カウントになるようです)
  • 海外での利用(国際ローミング通信)
  • Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合

「ウルトラギガモンスター+」の利用料金

「ウルトラギガモンスター+(データ定額50GBプラス)」 5,980円

定価は5,980円ですが、家族でまとめての契約になると「みんな家族割+」が適用できるため、最大2,000円の割引(2人なら500円引き、3人なら1,500円引き、4人以上で2,000円引き)され、契約人数によって3,980円~5,980円がデータ定額の料金と考えておけば無難です。

2018年11月30日までに新規契約・機種変更するとさらに1,000円割引されるので、契約するなら今がチャンスです。(2019年4月7日までに「ウルトラギガモンスター+」加入した人が1,000円引きの対象となりますが、割引適用終了期間は請求締日によって少し変わります。)

▼割引適用終了期間

  • 請求締日が10日 : 2019年4月10日まで
  • 請求締日が20日 : 2019年4月20日まで
  • 請求締日が末日 : 2019年4月30日まで

※「ウルトラギガモンスター+」の料金はデータ定額の料金のみのため、通話プラン(1,500~3,000円)やその他割引サービス(1年おトク割 など)の割引が別途入ります。

「ウルトラギガモンスター+」の注意点

ギガ使い放題キャンペーンの終了後は公式アプリ以外(Safariなどのブラウザでのアクセス含め)はデータ消費扱いになるので、アクセスする場合には公式アプリを使ってアクセスするように心掛けましょう。
また、似たようなサービス名の「ミニモンスター」は少し安いですが、データ消費ゼロの適用がないため、データ消費ゼロを利用したい場合は誤って選択しないように注意しましょう。

↓ソフトバンクが気になった人は
ソフトバンクオンラインショップ

↓MNPでソフトバンクに乗り換えるならこちらもおススメです
「おとくケータイnet」で高額キャッシュバックで最新機種もお得に!?

2.UQモバイル「ターボOFF(節約モード)」

UQモバイル「ターボOFF(節約モード)」
出典:UQモバイル

UQモバイルは少し違う形のアプローチを行ったサービスを出しています。おしゃべりプラン・ぴったりプランに契約した状態で、回線速度を最大300Kbpsに落とし「ターボOFF(節約モード)」にした状態でのアクセスに限り、データ消費をゼロにするサービスを展開しています。

対象となるサービス・アプリ

ターボOFF(節約モード)であればどのサービス・アプリもデータ消費がゼロになります。

「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」の利用料金

節約モードでデータ消費ゼロになる「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の料金は以下のようになっています。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」 1,980円~4,980円

※ただし、14ヶ月目以降は1,000円増額(2,980円~5,980円)になります。

両プランの違いは無料通話で5分以内電話かけ放題の「おしゃべりプラン」か固定の無料通話時間が設定されている「ぴったりプラン」から選択します。(ソフトバンクのプランと異なり、通話プランとデータ定額が両方含んでいます)

節約モードと通常の高速モードの切り替えはUQ mobile ポータルアプリを使うことで、モードの切り替えを行うことができます。

「ターボOFF(節約モード)」の注意点

UQモバイルは割と回線速度は速い傾向にありますが、このモードは回線速度を自発的に制限した状態にする形になるので、サービスやアプリについては特に問わない点では良いですが、回線速度は遅い状態になるので、テキストデータでやり取りをするSNSやメールなどであれば大きな不都合はなさそうですが、通信データ量の多い動画やリアルタイム性を求めるゲームなどについては、厳しそうです。また、速度切り替えを必要に応じて行う必要があるため、その手間も面倒な人にとっては使い勝手は悪いかもしれません。

↓UQモバイルが気になった人は
UQモバイル

3.LINEモバイル「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」

LINEモバイル「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」
出典:LINEモバイル

LINEモバイルでは、LINEをはじめとしたSNSを中心とした1~5種のサービスのデータ消費をゼロにするプランを展開しています。動画系には対応していないものの基本的に使うアプリの大半はLINEといった方やコミュニケーション系のSNSの使用頻度がメインの方に向いています。

対象となるサービス・アプリ

  • LINEフリープラン:LINE(1種)
  • コミュニケーションフリープラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram(4種)
  • MUSIC+プラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC(5種)
LINEモバイルでデータ消費ゼロになる対象
サービス(アプリ)名 データ通信量がゼロになる対象
LINE ・テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信
・音声通話・ビデオ通話
・タイムラインでの投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
・「友だち」の閲覧、友だちの追加
・「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
・「ウォレット」トップの閲覧
・スタンプ・着せ替えのダウンロード
・アカウント設定
Twitter ・ツイートの投稿・ツイッターの機能を使って投稿されたツイートの閲覧(画像・動画含む)
・トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
・プロフィール・設定とプライバシーポリシーの編集
・ウェブブラウザでの利用
Facebook ・フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
・リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
・プロフィール・設定とプライバシーの閲覧、編集
・ウェブブラウザでの利用
Instagram ・タイムラインの閲覧・投稿(画像・動画含む)
・ストーリーズの閲覧・投稿
・検索の利用(画像・動画含む)
・アクティビティの利用
・メッセージの利用
・プロフィールの閲覧、編集
・ウェブブラウザでの利用
LINE MUSIC ・ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージックの利用
・音楽・音声の視聴
・オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」の利用料金

各プランともに通話料は20円/30秒の従量課金です。

LINEフリープラン
データ容量 データSIM/データSIM(SMS付)/音声通話SIM
1GB 500円 / 620円 / 1,200円

「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン(音声通話SIMのみ利用可)」を活用すると3ヶ月間900円引きになります。

コミュニケーションフリープラン
データ容量 データSIM(SMS付)/音声通話SIM
3GB 1,110円 / 1,690円
5GB 1,640円 / 2,220円
7GB 2,300円 / 2,880円
10GB 2,640円 / 3,220円

「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン(音声通話SIMのみ利用可)」を活用すると3ヶ月間1,390円引きになります。

MUSIC+プラン
データ容量 データSIM(SMS付)/音声通話SIM
3GB 1,810円 / 2,390円
5GB 2,140円 / 2,720円
7GB 2,700円 / 3,280円
10GB 2,940円 / 3,520円

「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン(音声通話SIMのみ利用可)」を活用すると3ヶ月間1,390円引きになります。

「LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン」の注意点

「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」音声SIMのみ適用されるため、データSIMやデータSIM(SMS付き)は適用対象外となるため、注意が必要です。
また、MVNOということもありソフトバンクと比較してしまうと回線速度は遅くなる傾向はあります。

↓LINEモバイルが気になった人は
LINEモバイル

4.DMM mobile「SNSフリー」(オプションプラン)

DMM mobile「SNSフリー」
出典:DMM mobile

DMM mobileでは、月額250円の追加オプション5種類のSNSがデータ消費ゼロ扱いになるオプションサービスを展開しています。前述のLINEのコミュニケーションフリープランに近いSNSが対象となっています。

対象となるサービス・アプリ

DMM mobileの「SNSフリー」はLINEのコミュニケーションフリープランとかなり構成が似ていますが、データ通信量を消費する条件で若干異なる点もあります。

SNSフリーでデータ消費ゼロになる対象
サービス(アプリ)名 データ通信量がゼロになる対象
LINE ・テキスト・音声メッセージの送受信
・スタンプ・画像・動画などのファイルの送受信
・無料通話・ビデオ通話
・タイムラインの表示(画像・動画含む)
・スタンプ・きせかえのダウンロード
Twitter ・タイムラインの表示(画像・動画含む)
・ツイート(画像・動画含む)
・ダイレクトメッセージの送受信
・ニュース・検索の表示
・モーメントの表示・投稿
・プロフィールの編集
Facebook ・タイムラインの表示・投稿(画像・動画含む)
・ニュースフィードの表示・投稿(画像・動画含む)
・いいね・スタンプの送信
・チェックイン
・検索の表示
・プロフィールの編集
Facebook Messenger ・テキストメッセージの送受信(画像・動画含む)
・いいね・スタンプの送受信
Instagram ・タイムラインの表示・投稿
・ストーリーの表示・投稿
・ダイレクトメッセージの送受信
・アクティビティの表示
・検索の表示
・プロフィールの編集
対象外(消費カウントとされる)となるケースもあります
  • 外部リンクへの接続(アプリ内ブラウザでのWEBサイト利用も含む)
  • Facebook Live(Facebookのライブストリーミング動画)、Facebook Messengerの音声・ビデオ通話機能の利用
  • Periscope(Twitterのライブストリーミング動画)の利用
  • 公式アプリケーション以外のアプリケーションは対象外になるケースがあります。
  • Wi-FiなどのDMM mobile以外のネットワークでアプリケーションの利用中でネットワーク切り替えした場合には、SNSフリーの対象外として認識されるケースがあります。(他のデータ消費ゼロのプランでも同様だとは思いますが・・・)
  • アプリケーションの更新に伴う識別子の変更などの理由で、SNSフリーの対象外として認識されるケースがあります。
  • データ消費ゼロになる動画はアプリの機能から投稿されたものに限り、外部サイトに埋め込む方法によって再生される動画(YouTubeなど)は消費カウントされます。

「SNSフリー」の利用料金

オプションサービスで月額250円追加することで利用できます。(初回申し込み月は無料)
※ただし3GB以上のプランでの契約が必要

オプション付帯の無い状態の「シングルコース」の3GB~20GBまでの料金表は以下のような形になっています。SNSフリーはオプションなので以下の料金にそれぞれ250円を加算する形になります。
※通話対応SIMプランの通話料金は20円/30秒の従量課金になっています。
※データ通信SIMプランは音声通話機能はありません。

例:シングルコース(「SNSフリー」のオプション価格が別途250円必要になります)
データ容量 データ通信SIMプラン/通話対応SIMプラン
3GB 850円 / 1,500円
5GB 1,210円 / 1,910円
7GB 1,860円 / 2,560円
8GB 1,980円 / 2,680円
10GB 2,190円 / 2,890円
15GB 3,280円 / 3,980円
20GB 3,980円 / 4,680円

「SNSフリー」の注意点

2GB以下のプランについてはSNSフリーは利用できない点とLINEモバイルと同様でMVNOではあるのでソフトバンクと比較してしまうと回線速度は遅くなる傾向はあります。

↓DMM mobileが気になった人は
DMMモバイル

5.(番外編)DTI「DTI見放題SIM」

DTI「DTI見放題SIM」
出典:DTI

データSIMのみ対応(電話はできない)ですが、DTIでは、「DTI見放題SIM」といったサービスを展開しています。対象のサービスはYouTubeTwitterと何故かマイナビサイトデータ消費ゼロといった変わり種があります。

対象となるサービス・アプリ

動画はYouTubeに対応し、その他はTwitterとマイナビサイトの3つのサービスがデータ消費ゼロになります。対応サービスは少ないですが、YouTubeを押さえている点はポイントが高いです(ただし、データ消費カウントされる内容もあります)が音声SIMがないため電話機能はついていません

DTI見放題SIMでデータ消費ゼロになる対象
サービス(アプリ名) データ通信量を消費するケース
YouTube ・外部HPへのリンク
・公式アプリ、Chrome、Safari以外のブラウザでのアクセス
・非公式サイト(公式サイト以外のサイトに埋め込まれたYouTube)にアクセスした場合
Twitter ・ダイレクトメッセージの送受信
・外部HPへのリンク
・Twitterのライブストリーミング動画
・公式アプリ、Chrome、Safari以外のブラウザでのアクセス
・非公式サイト(公式サイト以外のサイトに埋め込まれたTwitter)にアクセスした場合
マイナビ ・外部HPへのリンク
・Chrome、Safari以外のブラウザ・アプリでのアクセス
・非公式サイトにアクセスした場合

「DTI見放題SIM」の利用料金

7GB 2,430円

「DTI見放題SIM」の注意点

音声SIMがないため、電話機能がありません。通話をしたい場合には、通話アプリを別途用意し、通話手段を確保する必要があります。

↓DTIが気になった人は
DTI

まとめ

いかがでしたでしょうか?

よく利用するSNSを心置きなく利用したい人は、このデータ消費ゼロをベースに携帯会社を選定してみるのも良いかもしれません。
今後も特定のサービス・アプリについてはデータ消費ゼロにする携帯会社が出てくる可能性があるため、注目していきたいと思います。

また次回をお楽しみに♪