【番外編】スマホの先生運営者が利用している携帯会社・スマホ・通信環境について

スマホの先生の記事を執筆しているKenです。スマホの先生内でスマホ・携帯電話回線に関する記事を執筆していますが、紹介記事を書いている本人はどんな環境を利用しているか気になる人もいるのかなと思ったので、今回は番外編として現在の筆者の通信環境と利用しているスマホを紹介します。

利用シチュエーションはそれぞれ人によって異なるので、あまり参考にはならないかもしれませんが、簡単に紹介していきたいと思います。

プラン選択の志向

携帯会社や利用プランなどを紹介をする前に、利用シチュエーションを軽く説明します。

筆者の利用している携帯会社の回線・家のネット回線の選択するポイントとしては、以下の4つがあります。

  • できるだけ月額料金が安いこと
    ※可能であれば家族3人+家のネット回線でトータル1万円程度で済ませたい。
  • できるだけ高速で快適な通信環境
  • データは多く利用したいが、移動中でなくて問題はない(利用する場所の使い分けはする)
  • 電話は長時間ではないが一応使う

※契約や乗り換えに行う手間については惜しみません。料金プラン内容やキャンペーンは把握しているので基本的にショップ側のサポートはほとんど必要なく、極論条件が合えばMVNOにしても問題ありません。
※あくまで筆者が思っていることなので、ショップ側のサポートが必要だと感じる人は3大キャリアやサブブランドなど店舗を持っている携帯会社を利用するのが無難です。

先生

かつては勤務先の取引の都合で使ってよい携帯会社が決められてしまっていて選択の幅が狭いこともありましたが、いまはそのような縛りもないので、筆者がコレと思った携帯会社・プランを選んでいます。

筆者が通信環境を使う状況としては、以下の4つのシチュエーションがあります。

  • 家のデスクトップPCで利用(仕事用&私用)
  • 外でノートPC・iPadで利用(ほぼ仕事用)※通信はスマホのテザリング機能
  • 家のテレビで利用(私用)※YouTubeなどの視聴
  • スマホで利用

利用中のスマホ・携帯プラン

現在、筆者は2つのスマホ・携帯会社のプランを利用しています。

  • メイン利用
    • スマホ端末:AQUOS zero2(ソフトバンク版をSIMフリー化したもの)
    • 携帯会社・プラン:ワイモバイル「スマホベーシックプランS」
  • サブ利用(テザリング用)
    • スマホ端末:UMIDIGI S3 Pro
    • 携帯会社・プラン:楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT※1年間の無料期間中

1年くらい前まではiPhone SE(第1世代)を使っていましたが、総務省の端末代割引制限の影響で安く手に入らなくなったのでコスパの良いAndroidスマホにシフトしました。最近までは3万円以内で購入できるSIMフリー端末のUMIDIGI S3 ProにSIMの2枚刺しで利用していましたが、先日、ソフトバンクが2万円台に大幅値下げしたハイエンドスマホのAQUOS zero2を(少し高くなりましたが)転売ヤーから購入し、こちらをメインスマホとして現在利用しています。

普段使いのメインスマホは高性能なAQUOS zero2になりましたが、キャリア版のAQUOS zero2はSIMが1枚しか刺さらないので、通話用かつちょっとしたデータ通信の利用にワイモバイルのスマホベーシックプランSのSIMカードを刺して利用し、もう1枚の楽天モバイルのRakuten UN-LIMITのSIMカードは、かつてのメインスマホだったUMIDIGI S3 Proの方に引き続き刺して利用しています。UMIDIGI S3 Proは同価格帯の端末と比べるとかなりの性能がありますが定価が3万円程度ということもあり、ハイエンドスマホと比べると処理速度は低いもののバッテリー容量は5000mAh以上あるのでテザリング用途としては十分な性能を持っています。

メインスマホの大容量データ通信は家のネット回線利用を徹底

ワイモバイルのスマホベーシックプランSは月2,680円で月3GBまでの最小容量のプランのため、データを多く使いがちの動画視聴・音楽視聴といったストリーミング視聴をしてしまうと簡単に高速データ通信ができる容量を使い切ってしまうため、これらは外では利用せず、家のネット回線にWi-Fi接続で利用することを徹底しています。

※仕事用で外でノートPCなどのテザリング接続もデータ容量を使うので、こちらはテザリング用のもう1台のスマホへの接続を徹底しています。

現在テザリング用としてRakuten UN-LIMITを利用していますが、これは300万人までの1年間無料キャンペーン適用期間中なので利用していますが、無料期間が終了した場合は、月額料金がかかってくるのでいまのところは解約する予定です。(解約に合わせてワイモバイルはスマホベーシックプランMに変更する予定)

先生

ワイモバイルの方を解約するという選択肢もありますが、現在の利用状況やYahooプレミアムなどをがっつり使っていることもあり、天秤にかけると現時点ではワイモバイルを選択します。
※ワイモバイル利用者はYahooプレミアムの月額料金(462円)が無料になります。

家族でワイモバイルに入っていますが、自分以外もプランS利用で収まるデータ容量ですが、プランM以上のデータ容量がみんな必要になる状況になれば、もしかしたらRakuten UN-LIMITを選択するかもしれません。

家のネット回線

現在利用している家のネット回線はNURO 光 for マンションです。

かつては、フレッツ光やソフトバンク光(ともにマンションタイプ)を利用していました。一般的にはマンションタイプの光回線の料金は5,000円程度かかるものですが、NURO 光 for マンションはマンションで契約している世帯数によっても月額料金が変わりますが、現在住んでいるマンションには最も月額料金が安くなる10世帯以上の契約があったので、月額1,900円と非常に安価で利用できます。

通信速度も200~300Mbps台は安定的にして出してくれているため非常に快適で満足度も高いです。

NURO 光 for マンションを1からから引く場合は、非常に手間も時間もかかるみたいですが、すでに回線が敷設されているマンションの場合は、この手間が省けるので、興味がある人は検討しても良いかもしれません(敷設されているマンションかはNURO 光 for マンションの公式ページで調べられます)

古いタイプの光回線を利用している人は乗り換え検討しても良いかも

筆者はNURO 光 for マンションにする前まではソフトバンク光を利用していましたが昔から契約していたこともあり通信速度が最大100Mbpsまでのプランで、ルーターも古いWi-Fi規格にしか対応していない機種でした。現在は1Gbpsが出るプランが主流で、Wi-Fi規格もより高速な規格になっていますので、古いプラン・Wi-Fi規格を使っているようであれば、NURO 光 for マンションにするしないかかわらず、乗り換えを検討しても良いかもしれません。

先生

NURO 光 for マンションの料金・通信環境が非常に優れているため、当面は5G回線を導入しなくても、充分高速データ通信できる環境を確保できているので、携帯会社のプランは4G回線の利用のままで大丈夫かなと思っています。

携帯の料金や家のネット回線の料金はあまり見直す機会はなく、料金も把握しづらいので敬遠しがちですが、適切なプランを選択するしないで、かなり月額料金が変わってきますので、定期的に見直しすることをお勧めします。

おすすめの関連記事
MNP(乗り換え)の手順と得する携帯ショップの選び方Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)を契約してみた有料オプション販売された4つのタイミング

その他

Posted by Ken