au「初スマホ割」とは?料金&機種をサクッと解説。

初スマホ

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

2017年7月14日よりauは、主にガラケーからスマホへのMNP・機種変更が対象となる割引キャンペーン「初スマホ割」の提供を開始しました。

初スマホ割はauの新料金プランである「ピタットプラン」向けの割引サービス。つまり従来の定額プランに加入した場合は適用できません。

従来の定額プラン向けの割引キャンペーン「スマホはじめる割」は7月31日で受付終了となる予定です。

初スマホ割とスマホはじめて割

初スマホ割の対象をピタットプラン限定とすることで、auの新料金プラン普及への並々ならぬ思いが感じられますね。

初モノに目がない私としては、旬なうちに情報をお届けせねばという思い・・があるかどうかは置いといて、さっそくauの新割引キャンペーン「初スマホ割」の内容をサクッと解説したいと思います。

「初スマホ割」とは?

●機種購入代金が割引になるキャンペーン

「初スマホ割」に加入すると対象機種を購入した場合に、その機種に応じて最大27,000円の割引が受けられます。同じ機種でも「MNP/新規契約」「機種変更」かによって割引額が違ってきます。

注意点として、初スマホ割の対象となる機種に最新モデルは含まれておらず、比較的古いモデルになります(後述)。

●auの新料金プラン「ピタットプラン」加入者が対象

冒頭で書いたとおり、初スマホ割は同じくauの新料金プラン「ピタットプラン」向けの割引キャンペーンです。

ピタットプランは、基本料(通話料)やデータ通信料がコミコミで、データの使用量に応じて5段階に料金が変動する「段階定額制」のプランです。

「ピタットプラン」は料金が5段階に変動

ピタットプランの詳細はこちら

au「ピタットプラン」を解りやすく解説。料金はどうなる?メリットは。
au「ピタットプラン」を解りやすく解説。料金はどうなる?メリットは。
2017年7月14日、auから2種類の新料金プラン「ピタットプラン」と「フラットプラン」の提供が開始されました。 簡単に説明すると、ピ...

「初スマホ割」の対象・適用条件

初スマホ割は、その名の通り「はじめてスマホを利用する方」向けの割引キャンペーンです。対象となる方は下記のいずれかになります。

  1. 他社ガラケーからauのスマホに乗り換えの方
  2. auのガラケーからauのスマホに機種変更の方
  3. 携帯電話未契約でauのスマホを新規契約する18歳以下の方

※「2.機種変更」の方は16ヶ月以上利用したガラケーであることが前提となります。

au「初スマホ割」の対象者

適用条件

上記対象者が初スマホ割を適用するには、さらに下記条件をすべて満たす必要があります。

  • 指定の機種を「au購入サポート」を利用して購入
  • au「ピタットプラン」に加入
  • au「誰でも割・誰でも割ライト・スマイルハート割引」のいずれかに加入
au購入サポートとは?
auへ乗り換え(MNP)や機種変更する際に機種購入代金を割引くサービスです。利用後12ヶ月以内で解約やプラン変更などを行うと「解除料」(2年契約の違約金とは別の料金)がかかってしまいますのでご注意を。
※例えばBASIO2の場合、1ヶ月目で解約すると解除料が12,500円かかります。解除料は月ごとに少なくなり13ヶ月目で0円となります。
誰でも割・誰でも割ライトとは?
2年契約、いわゆる「2年縛り」への加入を条件に適用される割引のことです。加入することで基本料金(通話料金)が割引になります。2年以内に解約などを行うと「契約解除料(9,500円)」がかかってしまいます。
障がいのある方が対象の「スマイルハート割引」は解除料不要です。
※「誰でも割」は2年ごとの更新月以外に解約などを行うと解除料がかかるのに対し「誰でも割ライト」は3年目以降であれば解除料不要となります。(ただし割引額は少なめ)

「初スマホ割」の注意点

初スマホ割へ加入するにあたって注意するべき点をまとめました。

  • 「スマホはじめる割」との併用はできない。
  • 「毎月割」は適用されない。
  • 「au購入サポート」での購入が必要のため12ヶ月以内に解約等すると「au購入サポート解除料」がかかる
  • 「誰でも割」に加入の場合、更新月以外に解約等すると「契約解除料」がかかる
  • 「誰でも割ライト」に加入の場合、2年以内に解約等すると「契約解除料」がかかる(3年目以降は解除料不要)。

初スマホ割の対象機種と割引額

初スマホ割の対象機種割引額・端末の実質負担額です。対象機種は比較的古めのラインナップですね。

機種名
(本体価格)
種別 初スマホ割
割引額
毎月の
実質負担額
rafre KYV40
(¥43,200)
機種変更 ¥27,000
¥1,125/月×24回
¥675
MNP/新規 ¥16,200
¥675/月×24回
¥1,125
BASIO2
(¥43,200)
機種変更 ¥27,000
¥1,125/月×24回
¥675
MNP/新規 ¥16,200
¥675/月×24回
¥1,125
AQUOS SERIE
mini SHV38

(¥43,200)
機種変更 ¥21,600
¥900/月×24回
¥900
MNP/新規 ¥16,200
¥675/月×24回
¥1,125
URBANO V03
(¥37,680)
機種変更 ¥21,600
¥900/月×24回
¥670
MNP/新規 ¥10,800
¥450/月×24回
¥1,120
Qua phone PX
(¥32,400)
機種変更 ¥16,200
¥675/月×24回
¥675
MNP/新規

ビッグニュースキャンペーンが併用可能

初スマホ割は、auの「ピタットプラン」加入者が対象の「ビッグニュースキャンペーン」も併用できます。1年間のみ1,000円/月割引となります。

アップグレードプログラムEXも併用可能

ピタットプラン加入時に適用される「アップグレードプログラムEX」とも併用できます。

これは端末購入時に48回の分割払い契約に加入することで適用されるキャンペーン。分割払いの途中で機種変更した場合でも残りの支払い分が最大24ヶ月間免除され、実質半額で利用することが可能。

ただし特典の適用には月々390円のプログラム料が必要となります。

「アップグレードプログラムEX」利用の流れ

一見魅力的なキャンペーンではありますが、正直いろいろ問題点があるように思います。詳しくは下記ピタットプランの紹介記事の中で解説しています。

アップグレードプログラムEXの詳細

au「ピタットプラン」を解りやすく解説。料金はどうなる?メリットは。
au「ピタットプラン」を解りやすく解説。料金はどうなる?メリットは。
2017年7月14日、auから2種類の新料金プラン「ピタットプラン」と「フラットプラン」の提供が開始されました。 簡単に説明すると、ピ...

「初スマホ割」適用時の料金は?

では「初スマホ割」と各割引キャンペーンを適用した場合の月額料金をシミュレーションしてみましょう。
※アップグレードプログラムEX・auスマートバリューは適用していません。

月額(税込)3,443円~
●ピタットプラン(スーパーカケホ)
※5分以内の通話がし放題
5,378円
●誰でも割(2年契約) -1,620円
●rafre KYV40 端末代 1,800円
●初スマホ割 -675円
●ビッグニュースキャンペーン -1,080円
※1年間のみ
●下取りプログラム
※古いガラケーを下取り
-360円

※上記の金額はデータ使用量が1GB未満の場合の金額です。ビッグニュースキャンペーンは1年間のみの適用のため、2年目からは1,080円高くなります。

データ使用量ごとの月額料金は以下の通りとなります。

データ利用量 1年目の月額料金 2年目の月額料金
~1GBまで ¥3,443 ¥4,523
2GB~3GBまで ¥4,443 ¥5,523
3GB~5GBまで ¥5,443 ¥6,523
3GB~5GBまで ¥6,443 ¥7,523
3GB~5GBまで ¥7,443 ¥8,523

いかがでしょうか?

ピタットプランの月額料金は使ったデータ量しだいですが、「毎月割」が適用不可ということで、正直あまり料金的にお得な感じがしません。

ただし、データ通信を少なく使う月もあれば多く使う月もある。つまり月ごとのデータ使用量の差が大きい人には向いています。

初スマホはiPhoneで!という方は・・

注意しておきたい点としては、「初スマホ割」の対象となるのは少し古い機種で、さらにiPhoneは対象外ということ。

初スマホ割のSoftBankバージョン?ともいえる「スマホデビュー割」なら対象機種にiPhoneSEがあり、最安の場合月々3,000円台からの運用も可能のため、初めてのスマホはやっぱりiPhoneがいい!という方はソフトバンクへの乗り換えをおすすめします。

「スマホデビュー割」の詳細はこちら

『スマホデビュー割』とは?ソフトバンクの最強キャンペーンを解説!
『スマホデビュー割』とは?ソフトバンクの最強キャンペーンを解説!
2017/6/1追記:スマホデビュー割は6月1日から仕様が変更されました。今まで端末代が特別価格にて購入可能でしたが、その割引分が別途「特別...