データ無制限プラン第2弾「auデータMAXプラン Netflixパック」解説速報!「auデータMAXプラン」との違いは?

auデータMAXプラン Netflixパック徹底解説

2019年8月28日にauから新プラン「auデータMAXプラン Netflixパック」が発表されました。

2019年7月に始まった「auデータMAXプラン」と同じのデータ容量無制限のプランですが、Netflix(ベーシックプラン)の利用もでき、初の2年契約の解約金が一般的な9,500円ではなく1,000円と総務省推奨の解約金上限額に合わせたプランになっています。

「auデータMAXプラン Netflixパック」は2019年9月13日から始まりますが今回はこの「auデータMAXプラン Netflixパック」についてニュースリリースで分かっている点について徹底解説していきます。

プランの特徴や料金、メリット・デメリットや第1弾の「auデータMAXプラン」との比較についても解説します。

現時点のauフラットプランリスト

現在、auで利用できるフラットプランは4種類あります。

▼近日開始予定プラン

  • auデータMAXプラン Netflixパック ※この記事のプランです。

※「auフラットプラン30」は2019年6月30日で新規受付が終了してしまいました。

auデータMAXプランとは

auデータMAXプラン Netflixパック

「auデータMAXプラン Netflixパック」は2019年9月13日から開始のプランで、スマホ契約に必要な要素である

  • 基本料金(通話にかかる料金)
  • ウェブ使用料(ウェブを使用するための料金)
  • データ通信料(通信にかかる料金)

セットでコミコミになった使用したデータ量で料金が変動しない完全定額制プランです。

先生

昔の料金プランではそれぞれの要素が分離した料金プランになっていることが多いですが、「auデータMAXプラン Netflixパック」では1つにまとまっています。

スマホの契約に必要な要素・仕組みがよく分からない方はこちらの記事で解説しています

基本的にデータ無制限で使える

「auデータMAXプラン Netflixパック」は、使えるデータ容量の上限が無く無制限で高速通信ができます。

特定の条件下では通信速度が遅くなります

「auデータMAXプラン Netflixパック」は基本的にデータ容量は無制限ではあるのですが、以下の特定の条件に当てはまる場合には、通信速度が遅くなる速度制限が発生します。

  • 動画配信、ストリーミングサービスなどの大量のデータ通信または長時間接続を伴うサービスの利用時
  • 一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合で混雑する時間帯
  • テザリング、データシェア、世界データ定額については合計で月間2GB以上の利用
    (テザリングなどは合計で2GBまでの上限が設けられています。2GB以上のデータ利用は、最大128kbpsまで減速されます。)

先生

何から何まで高速通信が無制限で使い放題ではない点には注意しましょう。
動画については最高画質というよりはスマホ視聴に適した程度に抑えた通信速度で視聴する感じになるようです。
テザリング等には上限が設けられているので家のネット回線の代わりみたいな使い方まではできない感じです。(7月から開始している「auデータMAXプラン」では20GBの上限が設けられていましたが、「auデータMAXプラン Netflixパック」ではさらに使用できるデータ容量の上限が少なくなっています。(代わりに月額料金は安くなっています。))

Netflix(ベーシックプラン)も利用できる

au(KDDI)はNetflixと提携し、既に「auフラットプラン25 Netflixパック」でNetflix(ベーシックプラン)も月額料金内で利用できますが、今回の「auデータMAXプラン Netflixパック」でもNetflix(ベーシックプラン)を月額料金内で利用することができます。

高画質のスタンダードプラン・プレミアムプランは別料金がかかる

Netflixは3つのプランがありますが、「auデータMAXプラン Netflixパック」が月額料金内で利用できるのは一番安いベーシックプランが対象です。画質や同時視聴数が良い(多い)プランのスタンダードプランやプレミアムプランは別料金がかかる点には注意しましょう。

auデータMAXプラン NetflixパックのNetflix追加料金比較表 ※税抜

Netflixプラン名 追加料金 画質 同時視聴可能画面数
ベーシックプラン なし SD 1
スタンダードプラン 400円/月 HD 2
プレミアムプラン 1,000円/月 4K 4
先生

上位のプランは差額を払えば利用できます。
【参考情報】Netflixの正規価格
・ベーシックプラン:800円
・スタンダードプラン:1,200円
・プレミアムプラン:1,800円

対象者・適用条件

auデータMAXプラン Netflixパックの対象者・適用条件については新規契約・他社からMNP・機種変更のいずれの場合も対象となります。auデータMAXプランへの加入には使用する端末がスマホ(4G LTE)であることが必須ケータイ(ガラケー)には未対応のプランです。

現在auを利用中の場合の注意点

「auデータMAXプラン Netflixパック」のニュースリリース上にはまだ詳細情報が載っていないため、確実な情報ではありませんが、現在利用できる「auデータMAXプラン」などのプランと同じ条件になる場合には、auのピタットプラン系やフラットプラン系を利用している人がこの「auデータMAXプラン Netflixパック」にプラン変更をしたい場合には、機種変更(auの端末を購入)のタイミングでのみプラン変更が可能な点になると思いますので注意しましょう。

先生

最近のauのプランのプラン変更は機種変更のタイミングでのみ可能で、機種を購入しない形でのプラン変更ができない特徴があります。(つまり、auについては最初のプラン選択が非常に重要になります。)

料金(定価)

「auデータMAXプラン Netflixパック」の料金(定価)はデータ量の使用量の多い少ないに関わらず固定の8,050円(「2年契約N」なしの場合)です。

先生

2年間の契約期間の縛り(2年契約N)を付けて契約すると月額料金が170円下がり7,880円が定価になります。

auデータMAXプラン Netflixパックの定価(割引前)※税抜

2年契約Nなしの場合 8,050円
2年契約Nありの場合 7,880円

でも、auのニュースリリースでは「月額4,880円から利用可能」と書かれていて金額があっていません。次はそのからくりについて解説していきます。

月額4,880円のからくり

auデータMAXプラン Netflixパック 4,880円/月~
出典:au

au公式サイト内のページに書かれているauデータMAXプラン Netflixパックの月額「4,880円~」

一見安く見えるこの値段の秘密・・・つまり、安く見せるからくりが存在します。

それは、最小限の料金プランを選択し、いくつかの割引キャンペーンを適用させた結果、実現した値段になっています。

簡単に「4,880円」になる条件は以下の通りで、一部難易度が高いものもあります。

auデータMAXプラン Netflixパックで月額4,880円にするための5つの条件

  • 通話タイプ国内通話30秒につき20円の一番基本料金が安くなるタイプを選択
    (家族間通話以外の通話やSMS送信は一切しない)
  • 「2年契約」はあり ※ただし、従来より解約金が少額(1,000円)の2年契約N
  • 家族2人以上でauを利用し、「家族割プラス」を適用する
  • au指定のブロードバンド回線も契約し、「auスマートバリュー」を適用する
  • 申し込み翌月から6ヶ月間「スマホ応援割プラス」の適用期間中)

条件が色々出てきましたので、一つずつ解説していきます。

通話タイプは3種類から選択

auデータMAXプラン Netflixパックに加入の場合、通話タイプは標準のタイプのほかに通話オプションで月額料金にオプション料金を上乗せすることで利用することができる2つの通話オプションを合わせた、3種類からどれか1つを選ぶ形になります。

ただし、選択したタイプによりベースとなる月額の基本使用料金が変わってきます。それぞれのタイプの違いは国内通話の無料通話のカウント方法が変わります。

月額4,880円にするためには、最も月額料金の安い標準の通話タイプ(国内通話が30秒につき20円)を選択し、家族間通話以外の通話やSMS送信は行わないようにする必要があります。
(家族以外への通話やSMS送信をすると別途通話料が発生するため、その時点で4,880円より高くなってしまいます。)

au3つの通話タイプ

選べる3つの通話タイプ

通話タイプ 内容
(標準の通話タイプ) 国内通話30秒につき20円の通話料が発生
※家族割対象者への国内通話は無料
通話定額ライト
月額プラス700円で利用できる通話オプション
1回5分以内の国内通話し放題
※1回5分以上の国内通話は30秒につき20円
※家族割対象者への国内通話は無料
通話定額
月額プラス1,700円で利用できる通話オプション
国内通話24時間いつでも無料
例外:無料通話の対象外になるもの

「通話定額ライト」や「通話定額」の無料通話はあくまで通常の国内通話のみが対象なので、海外への通話0570番号などの有料電話サービスへの通話無料通話の対象外になります。

例外:24時間いつでも無料になる国内通話

国内通話の30秒につき20円になる対象でも、2年契約あり&家族間(家族割適用者)の国内通話に関しては24時間いつでも無料のかけ放題になります。

通話タイプ選択の目安

通話タイプ 選択目安
(標準の通話タイプ) 利用者自身からの通話発信を行わない人に向いている
※月間の通話時間が17分30秒未満の場合に最安になる
※通話時間が17分30秒以上でも通話する相手が同じauで契約の家族だけという方も最安になります
通話定額ライト
月額プラス700円で利用できる通話オプション
通話回数は多いが1回の通話時間が短い(5分以内)人に向いている
※月間の通話時間が17分30秒以上かつ1回の通話あたりの通話時間が5分以内で抑えることができれば最安になる
通話定額
月額プラス1,700円で利用できる通話オプション
1ヵ月あたりの通話時間が長い人、長電話をよくする人に向いている
※1回5分以上の国内通話で5分を超えてしまった長電話の合計時間(通話定額ライトで無料通話の時間を超してしまった時間)が25分以上になる場合には最安になる
おすすめの通話タイプ

通話はよくするけど少しでも料金を抑えたいという人は、「通話定額ライト」を選択し、1回の通話時間を5分以内で抑えるように意識して利用するのがベストです。1回5分以内の国内通話であれば、何回電話をかけても無料になり、電話代を抑えることができます。

「2年契約N」有りの契約が前提

auデータMAXプラン Netflixパックの「4,880円~」の内訳には、auでの「2年契約N」(2年縛り)有りが適用されて料金が使われています。

これは2年間という契約期間の縛りをいれる代わりに月額料金を下げるといったもので、その代償として縛りの期間ではない「契約更新月」以外に解約もしくは他の携帯会社にMNPで乗り換えると「契約解除料」が発生します。

2年契約Nは総務省の提言の内容に則った形(解約金の上限は1,000円まで、毎月支払いの割引は上限170円まで)の2年契約で、今回の「auデータMAXプラン Netflixパック」から導入した2年縛り契約です。

現時点では「2年契約N」の更新月期間や自動更新の有無についての条件は不明

現時点では、ニュースリリースなどの情報しかなく、auデータMAXプランNetflixパックのサービス詳細の説明ページがなく、更新月の期間や自動更新の有無など、詳細が発表されていません。
(詳細情報が分かったら追記します)

2年契約Nに加入しない場合は基本料金にプラス170円/月と従来の2年契約の時の差額1,500円と比べると大きな差額は発生しません。ただ、半年以上利用する場合には、2年契約Nをした方が安くなるので、短期間での解約を考えていない場合には基本的には2年契約Nを選択するのが大半なのではないかと思われます。

先生

よほど短期間で解約する予定が無い限りは2年契約なしで契約するメリットは正直ありません。

割引や違約金の概念的に近いもの

「2年契約の縛りはけしからん」といった世論もありますが、契約期間の縛りを入れて月額料金を下げる手法は、前払い制のサービスを毎月支払うより1年分一括で前払いすると料金が安くなる(途中解約した場合は返金しない)といったものが世の中にいくらでもあるので、それに近いものとして考えるとイメージしやすいのではないでしょうか・・・
(携帯電話は通話料など別料金が発生する要素のある後払いサービスなので毎月の料金支払いにはなっていますが)

料金の落とし穴

データの使用量が多い少ないにかかわらず、料金が変動することがないauデータMAXプラン Netflixパックは、段階的に変動するピタット系のプランと比べると比較的分かりやすい料金体系ではありますが、加入前に知っておいてほしい点がいくつかあります。
(条件があり、一部の人は割引が適用されないことがある内容です)

「家族割プラス」で毎月1,000円割引(家族2人以上でauを利用)

家族割プラスは「auフラットプラン7プラス」や「新auピタットプラン」といった2019年6月以降に登場した多くの新プランで利用できる家族割サービスです。
※例外的に新プランでも「ケータイ→auスマホ割(s)」については家族割プラスの割引はありません。6月以前からある「auフラットプラン」や「auピタットプラン」も同様に家族割プラスの割引はありません。(代わりにこれらのプランは1年間割引が適用される「スマホ応援割」は使えます。)

機種変更・新規契約・MNPで「auデータMAXプラン Netflixパック」などの対象プランに、同一住所に住んでいる家族で加入すると適用されます。通常の家族割プラスでは家族2人の場合は毎月500円引き/台、家族3人以上の場合は毎月1,000円引き/台が申し込み翌月から永年で割引適用されるのですが、今回の「auデータMAXプラン Netflixパック」については例外的に家族2人以上から毎月1,000円引き/台の割引と家族2人の場合の割引条件が良くなっています。

月額4,880円に抑える場合には、auを同居する家族2人以上で利用した状態「家族割プラス」を適用する必要があります。

「家族割プラス」の毎月の割引金額(1台あたり・税抜)

 加入人数 割引金額
(auデータMAXプラン Netflixパック) 
割引金額
(新auピタットプランなど) 
3人以上で加入 永年で毎月1,000円引き 永年で毎月1,000円引き
2人で加入 永年で毎月1,000円引き 永年で毎月500円引き
1人で契約
(家族割プラス未加入)
割引なし 割引なし 
先生

家族2人で家族割プラスに加入する場合には、auデータMAXプラン Netflixパックの割引額が多くなっています。(3人以上の場合は割引額は同じです)

「家族割プラス」の対象は同居家族のみである点は注意

ソフトバンクの「みんな家族割+」やドコモの「みんなドコモ割」と同じように家族回線が複数回線あると月額料金の割引を受けられるという点は同じなのですが、auの「家族割プラス」については同居している家族のみが対象で、別居している家族についてはこの割引の恩恵を受けられない点には注意しましょう。

auスマートバリューを適用

auデータMAXプラン Netflixパックの「4,880円~」の内訳には、「auスマートバリュー」が含まれています。

「auスマートバリュー」はスマホのほかに、自宅のブロードバンド回線(auひかりなどのネット+電話)またはauスマートポートとのセットで利用することで申し込みの翌月から割引適用になります。

auスマートバリュー
出展:au
先生

auは「auスマートバリュー」適用後の料金を通常料金のように表示することが多いので、注意しましょう。

「家族割プラス」と異なり、「auスマートバリュー」の場合は同居していない家族でも割引対象になります。割引は2ヵ月目以降から永年で割引が適用されますが、au指定のネット回線を同時に利用しない場合は「auスマートバリュー」の割引がなくなるため、プラス月額で1,000円割高となります。

auスマートバリュー適用時の月額割引金額

auデータMAXプラン Netflixパックの場合 翌月から永年
毎月1,000円引き

スマホ応援割プラスを適用

auデータMAXプラン Netflixパックを利用する場合には「スマホ応援割プラス」の割引を受けることができます。この割引は、申し込みの翌月から6ヶ月間の月額料金から1,000円割引されます。

月額4,880円の要素のひとつにこのキャンペーンの割引額も加味されています。6ヶ月間の割引期間が終わると割引が無くなるため、月額1,000円高くなります

スマホ応援割プラスの割引を受けられない場合もあります

「スマホ応援割プラス」は1回線1回限りの適用で、過去に以下の割引を受けている場合には「スマホ応援割プラス」の対象外になってしまいます。

  • スマホ応援割
  • ビッグニュースキャンペーン
  • auデータMAXプラン スタートキャンペーン

これまでに説明した各内容をうまく組み合わせると月額4,880円を実現できるのですが、

結局それぞれのプランや割引を適用するといくらになるの?

と思う方が多いと思いますので、各プランごとに料金や割引がどのように変わっていくのかを解説していきます。

毎月の料金と割引の推移

auデータMAXプラン Netflixパックを利用した時の毎月の利用料金と各キャンペーンの割引の推移の内訳を表にしてみました。
※機種を購入した場合の機種代、ユニバーサルサービス料(2019年7月時点は3円)は含まれていません。

契約した初月

auを契約した最初の月は、「家族割プラス」と「auスマートバリュー」と「スマホ応援割プラス」の割引がまだ適用されません
(2カ月目から適用されるため)

以下の料金を日割計算した金額とは別に契約事務手数料3,000円(税抜)が加算されます。
※2年契約Nありの場合の表なので、2年契約なしの場合は割引額を変えて計算してください。

通話タイプは標準(国内通話30秒につき20円)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
2年契約N -170円
合計 7,880円の日割計算
+
事務手数料

7,880円(税込8,510円)~の日割計算+事務手数料

通話タイプ「通話定額ライト」(1回5分以内の国内通話無料)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
通話定額ライト 700円
通話定額ライトスタートキャンペーン
(1年間)
-200円
2年契約N -170円
合計 8,380円の日割計算
+
事務手数料

8,380円(税込9,050円)~の日割計算+事務手数料
※通話定額ライトを選択している場合は、最初の1年間のみ「通話定額ライトスタートキャンペーン」で200円割引(の日割計算)されます。

通話タイプは「通話定額」(国内通話24時間いつでもかけ放題)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
通話定額 1,700円
2年契約N -170円
合計 9,580円の日割計算
+
事務手数料

9,580円(税込10,346円)~の日割計算+事務手数料

2ヶ月目~7ヶ月目

契約の2ヶ月目から「家族割プラス」「auスマートバリュー」「スマホ応援割プラス」の割引が始まります
※auスマートバリューや2年契約なしの場合はその分の割引額が変更(もしくは無くなり)になります。

通話タイプは標準(国内通話30秒につき20円)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
2年契約N -170円
スマホ応援割プラス
(半年間)
 -1,000円
※7カ月目以降は割引がなくなります。
家族割プラス 割引なし -1,000円 
合計
(auスマートバリューなし)
6,880円 5,880円
auスマートバリュー -1,000円
合計
(auスマートバリューあり)
 5,880円 4,880円

家族2人以上で全割引を適用した場合は4,880円(税込5,270円)
※au公式サイトにある4,880円の組み合わせパターンはこのケースです。

通話タイプ「通話定額ライト」(1回5分以内の国内通話無料)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
通話定額ライト 700円
通話定額ライトスタートキャンペーン
(1年間)
-200円
※13ヶ月目以降は割引がなくなります
2年契約N -170円
スマホ応援割プラス
(半年間)
 -1,000円
※7カ月目以降は割引がなくなります。
家族割プラス 割引なし -1,000円 
合計
(auスマートバリューなし)
7,380円 6,380円
auスマートバリュー -1,000円
合計
(auスマートバリューあり)
 6,380円 5,380円

家族2人以上で全割引を適用した場合は5,380円(税込5,810円)
※通話定額ライトを選択している場合は、最初の1年間のみ「通話定額ライトスタートキャンペーン」で200円割引されます。

通話タイプ「通話定額」(国内通話24時間いつでもかけ放題)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
通話定額 1,700円
2年契約N -170円
スマホ応援割プラス
(半年間)
 -1,000円
※7カ月目以降は割引がなくなります。
家族割プラス 割引なし -1,000円 
合計
(auスマートバリューなし)
8,580円 7,580円
auスマートバリュー -1,000円
合計
(auスマートバリューあり)
 7,580円 6,580円

家族2人以上で全割引を適用した場合は6,580円(税込7,106円)

8ヶ月目以降

「スマホ応援割プラス」の割引が終了します
※auスマートバリューや2年契約(自動更新なし)や2年契約なしの場合はその分の割引額が変更(もしくは無くなり)になります。

通話タイプは標準(国内通話30秒につき20円)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
2年契約N -170円
家族割プラス 割引なし -1,000円 
合計
(auスマートバリューなし)
7,880円 6,880円
auスマートバリュー -1,000円
合計
(auスマートバリューあり)
 6,880円 5,880円

家族2人以上で全割引を適用した場合は5,880円(税込6,350円)

通話タイプ「通話定額ライト」(1回5分以内の国内通話無料)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
通話定額ライト 700円
通話定額ライトスタートキャンペーン
(1年間)
-200円
※13ヶ月目以降は割引がなくなります
2年契約N -170円
家族割プラス 割引なし -1,000円 
合計
<12ヶ月目まで>
(auスマートバリューなし)
8,380円 7,380円
合計
<13ヶ月目以降>
(auスマートバリューなし)
8,580円 7,580円
auスマートバリュー -1,000円
合計
<12ヶ月目まで>
(auスマートバリューあり)
7,380円 6,380円
合計
<13ヶ月目以降>
(auスマートバリューあり)
7,580円 6,580円

家族2人以上で全割引を適用した場合は6,380円(税込6,890円)
※通話定額ライトを選択している場合は、最初の1年間のみ「通話定額ライトスタートキャンペーン」で200円割引されます。

通話タイプ「通話定額」(国内通話24時間いつでもかけ放題)選択の場合 ※税抜・1回線あたり

家族割の適用人数 1人
(加入なし)
2人以上
基本料金
(割引なし)
8,050円
通話定額 1,700円
2年契約N -170円
家族割プラス 割引なし -1,000円 
合計
(auスマートバリューなし)
9,580円 8,580円
auスマートバリュー -1,000円
合計
(auスマートバリューあり)
 8,580円 7,580円

家族2人以上で全割引を適用した場合は7,580円(税込8,186円)

「auデータMAXプラン Netflixパック」は容量無制限プランということもあり、非常に高額なプランではありますが、家族2人以上でauスマートバリューも適用できると幾分月額料金も安くなった感じはします。

ただ、機種代金がまだ含まれていない点を忘れていませんか?

端末を購入した場合は、当然ですが端末代金分がプラスされることになります。分離プランでは、基本的に端末代金は高くなる傾向にあるので、auデータMAXプラン Netflixパックも例外なく端末代金は高額になると思われます。

先生

端末の購入代金を加味すると違う側面が見えてくるはずですが、現時点では端末代金に関する割引などの情報など詳しい情報が発表されていないため、情報が出てきたら後日追記します。

メリット

「auデータMAXプラン Netflixパック」を使う人は以下の条件に当てはまる方にメリットがあり、向いているプランです。

  • 毎月とにかくデータをいっぱい使い、速度制限を一切気にしたくない(基本的にスマホでのみデータをいっぱい使う人)
  • 家族でauを契約し、複数回線で家族割適用できる

auデータMAXプランとの違い

auの容量無制限のプランには、もう一つ「auデータMAXプラン」という2019年7月26日開始のプランもあります。こちらにはNetflixの利用料は含まれず、2年契約の解除料が9,500円と高額なので利用サービスが少なく、ペナルティの強い「auデータMAXプラン」の方が安いと思ってしまいそうですが、「auデータMAXプラン Netflixパック」の方が安い料金設定になっています。

「auデータMAXプラン Netflixパック」と「auデータMAXプラン」の違いを簡単にまとめてみました。

「auデータMAXプラン Netflixパック」と「auデータMAXプラン」の違い
※料金箇所は税抜

  auデータMAXプラン Netflixパック auデータMAXプラン
基本料金
(2年契約なしの場合)
8,050円 10,480円
基本料金
(2年契約ありの場合)
7,880円
※2年契約Nで差額170円
8,980円
※2年契約で差額1,500円
更新月以外の解約等で発生する
契約解除料
1,000円 9,500円
Netflixパック
利用可否
ベーシックプラン
利用可能
利用不可
家族割プラスの割引額
(2人の場合)
毎月1,000円引き/回線  毎月500円引き/回線 
半年間の割引キャンペーン名 スマホ応援割プラス
(1,000円引き×6ヶ月間)
auデータMAXプラン
スタートキャンペーン
(1,000円引き×6ヶ月間)
 テザリング・データシェア・世界データ定額で高速通信可能上限容量 合計2GBまで/月 合計20GBまで/月
利用可能な
端末代購入サポート
(現時点では不明) アップグレードプログラムEX/EX(a)
※2019年9月30日で新規受付終了

2年契約ありの基本料金が「auデータMAXプラン Netflixパック」の方が1,100円安いこともあり、テザリングなどを毎月2GB以上使うといった人でないかぎりは、「auデータMAXプラン Netflixパック」を選択した方が月額料金は抑えやすい結果になっています。

↓関連記事:auデータMAXプラン徹底解説

毎月50GB以内で収まる人は

「auデータMAXプラン」と比べると「auデータMAXプラン Netflixパック」の方が割安ですが、あくまで無制限プランの観点で見た場合です。容量無制限ではない上限が設けられている大容量プランの方が月額料金が抑えられるので、毎月50GB以内で収まる場合にはほかのフラットタイプの大容量プランも検討することをおすすめします

au・ドコモ・ソフトバンクのフラットタイプの大容量完全定額プランの比較記事もありますので、気になる人はこちらもご覧ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの分離プラン比較(大容量データプラン編)

まとめ

「auデータMAXプラン Netflixパック」は、毎月のデータ容量無制限のプランで、総務省提言の2年契約の契約解除料上限1,000円などの条件も対応したプランです。無制限プランなので、ドコモやソフトバンクの大容量プランと比べると高額ですが、7月に始まった「auデータMAXプラン」と比べるとテザリングなどの使用するスマホ以外からのアクセスの場合の使用できるデータ容量が少なくなったものの、他の点では色々な面で安くなっています。

au公式にある「4,880円~」というのはさまざまな条件をクリアした場合のみ可能な内容で、家族2人でauに契約したり、家のネット回線をau指定の回線にしたセット割などの適用が必要になります。

いかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

auを利用したくなった人はこちら

おすすめの関連記事
au関連の注目記事まとめドコモの「ギガホ」徹底解説ソフトバンクの「ウルトラギガモンスタープラス」徹底解説