携帯各社の5Gサービスまとめ。4Gから何が変わるのか?

携帯各社の5Gサービスまとめ

2020年3月下旬に日本国内で5Gの商用サービスが開始になりました。ドコモは3月25日から、auは3月26日から、ソフトバンクは3月27日からと1日ずつ開始日がずれていますが、ほぼ横一線でサービスを開始しています。

5Gは第5世代移動通信システム(5th Generation)というもので、いままでの4G(4th Generation)よりも高速大容量・高信頼低遅延・多数同時接続ができると期待されているものです。

大容量のデータ通信がより高速でできるということもあり、大量にデータを利用するヘビーなスマホユーザーの人は5Gサービスに興味がある人が多いのではないでしょうか。

今回は5Gについてよくわからないといった人向けに簡単にどのようなものなのかを解説します。4Gから5Gになることで何が変わるのか、携帯各社の5Gサービスについても簡単に解説していきます。

5G(第5世代移動通信システム)とは

5th Generarion

5Gは第5世代移動通信システム(5th Generation)というもので、第5世代とあるように過去には4つの世代があります。各世代で何が違うのかを簡単にまとめると以下のような感じの進化をしています。

先生

「移動通信」は「携帯電話」と置き換えると理解しやすいです。

  • 1G(1st Generation):アナログ通信。電話機能。
    1980年代。車に設置する自動車電話、ショルダーフォンなどで使われていた通信方法。
  • 2G(2nd Generation):デジタル通信。メール機能。
    1993年~。アナログ通信からデジタル通信に変わり、メールや簡単なウェブの閲覧が可能になりました。まだガラケー(ケータイ)だけでスマホは存在していない。
  • 3G(3rd Gereration):デジタル通信の高速化。
    2001年~。デジタル通信が2Gの最大28.8kbpsから最大384kbpsに高速化(3.5Gになると最大2.4Mbps~最大42Mbpsとさらに増速)。写真・音声・動画といったコンテンツが拡充。後期にはスマホも登場し、初期のiPhoneなどは3G回線を利用していた。
  • 4G(4th Generation):2019年までの主要な通信規格
    2010年(※3.9GのLTEの開始時期)~。3Gよりも通信速度が高速化(100Mbps~1Gbps)。スマホが一気に普及し、アプリコンテンツも充実。
  • 5G(5th Generation):高速大容量・高信頼低遅延・多数同時接続
    2020年~。4Gよりも通信速度が高速化に(最大10Gbps)。超低遅延(1ミリ秒程度)。多数同時接続(1平方キロメートルあたり100万台)を可能にしていく(まだ発展途上…)。

日本国内では1G・2Gはサービス提供終了

現在、日本国内で提供しているのは3G~5Gまでのプランです。

ただし、3Gは新規申込受付は終了していて、数年後にはサービス提供自体も終了します。

スマホ・ケータイ端末の種類
5Gは5GBではありません

5Gはファイブジー・5ジーと呼ばれていますが、一部の人は5GB(5ギガバイト)と勘違いしているようですが、5Gと5GBは全くの別物です。

特徴

5Gの特徴ですが、大きく3つの特徴を持っています。

高速大容量(eMBB)

4Gよりも高速データ通信を可能にし、たとえばデータ量が非常に重い4K/8Kなどの高精細映像だとしても超高速に伝送できるようにします。サービス開始時点ではまだ到達できていませんが、最大10Gbpsくらいまでを目指しています。

サービス開始時点の5Gの通信速度

  • NTTドコモ:下り最大3.4Gbps・上り最大182Mbps
  • au:下り最大2.8Gbps・上り最大183Mbps
  • ソフトバンク:下り最大2.0Gbps・上り103Mbps

※eMBB:Enhanced Mobile Broadband

高信頼低遅延(URLLC)

いままでのデータ通信では多少なりともデータ遅延があります。5Gでは1ミリ秒(1000分の1秒)程度までにすることを目指しています。

これが実現するとリアルタイムが求められる自動車の自動運転遠隔地へのロボット操作(ドローン操作や遠隔医療など)といったことも可能になってきます。

先生

産業面で大きなメリットがありそうですが、個人利用の場合でも、リアルタイム性を求められるFPSなどの対戦ゲームなども低遅延だとかなりの恩恵がありそうです。

※URLLC:Ultra Reliable Low Latency Communications

多数同時接続(mMTC)

3つ目は、多数同時接続です。狭いエリアで多くの人が同時にデータ通信や通話をしたりすると回線がつながりにくくなることがありますが、5Gでは1平方キロメートルあたり100万台の同時接続を目指しています。

これが実現すれば、数万~数十万人規模の人が集まる施設でのイベントでのデータ利用であったり、災害発生時などアクセスが集中するような状況下でもデータ通信が可能になります。

先生

大晦日から年明けの時のあけおめメールや電話とかも過去のものになってくるのかもしれません…。

※mMTC:Massive Machine Type Communications

5Gが普及することで何が変わるのか

「4Gでもスマホを不自由なく使えているから5Gは不要では?」という人もいると思いますが、5Gは実は結構重要なものだったりします。

なぜなら、5Gにより世の中の様々なものが変わるためです。

かつての3Gまでの時に、今のような「スマホを利用し、様々なことができるようになる(スマホは欠かせないものになる)」なんて考えていた人はどれだけいるのでしょうか。これは4Gが登場し、うまく活用した結果、出来上がったものです。

5Gでも、同じようなことになると考えられています。

5GではIoTが大きく進化すると言われている

4Gではスマホやスマホを活用したサービスが大きく進化しましたが、5GではIoT(Internet of Things)が大きく進化し、さまざまなものがネットにつながると期待されています。(そうなると1平方キロメートルあたり100万台もたりなくなる日も来るのかもしれない…)

スマホやタブレット利用以外でも

  • 自動車分野
  • 産業機器分野
  • ホームセキュリティ分野
  • スマートメータ分野
  • その他、IoT分野

が5Gにより変わってくると総務省も考えているようです。

5GとAIが組み合わさると

今後は人工知能(AI)の時代と言われていますが、5Gとも組み合わさり新たなサービスが生まれてくると考えられています。

  • BtoBtoX・B2B2X(Business to Business to X)
    ビジネスパートナーを介してサービスを提供すること。複数の企業で新たな想像しなかったサービスを提供できるようになる。
  • XaaS(X as a Service)
    クラウドサービス・サブスクリプションサービスのようにさまざまなものがインターネットを介してサービスとして利用できるようになる。

といったものも5G時代で発展すると言われています。

先生

5Gを制するものが今後の世界を制する(?)

対応エリア

2020年5月現在の5G対応エリアですが、まだサービスを開始してから間もないこともあり、非常に対応エリアが狭く、一部の都市圏といった範囲レベルにもなってなく、特定の施設の周辺レベルといった形で、ほとんどのエリアでは5Gを利用することができません。

多くの人が集まり、5Gが必要とされるような施設を優先し、ある程度のエリアにまで拡大するまでには1~2年程度はかかりそうです。

新型コロナの影響でエリア拡大が遅れる

新型コロナの影響によって基地局がなかなか立てられないようで、エリア拡大に遅れが生じているようです。5Gに参入する楽天モバイルも5Gサービス開始時期が当初の予定より遅れるといった話もあります。

携帯各社の5Gプランは

日本国内で5Gのプランを契約する場合には、2020年5月時点ではドコモ、au、ソフトバンクの3社から選ぶ形になります。

楽天モバイルも5G参入予定ですが、現時点ではまだ5Gサービスは始まっていません。MVNOの業者についても5Gサービスは提供していません。

5Gの契約には5G対応の機種が必要

3社共通して、5Gの契約には5G対応の機種が必要です。4G用機種で5Gプランの契約や5G対応の機種で4Gプランの契約はできない点には注意しましょう。

ドコモの5G

ドコモの5Gを利用したい場合は、5G対応の専用プランを契約する必要があります。対象となるドコモの5G専用プランは以下のものがあります。

  • 5Gギガホ
    月100GBまで利用可能な大容量プラン
  • 5Gギガライト
    月7GBまで利用可能で、使ったデータ量に応じて4段階に料金が変わるライトユーザー向けプラン
  • 5Gデータプラス
    単独での契約はできなく、ルーターなどで利用できる親回線の5Gギガホなどの容量を利用するプラン
先生

ドコモ5G対応のプランには「5G」と名前が付いています。5Gが付いていないプランもドコモにはありますが、この場合は4G用のプランになります。

auの5G

auの5Gを利用したい場合は、5G対応の専用プランを契約する必要があります。対象となるauの5G専用プランは以下のものがあります。

  • データMAX 5G
    5G対応の無制限プラン。ただし、Netflixといったサブスクはついていないプラン。
  • データMAX 5G Netflixパック
    5G対応の無制限プラン。こちらはNetflix(ベーシックパック)、TELASAのサブスクが利用できるプラン。
  • ピタットプラン 5G
    月7GBまで利用可能で、使ったデータ量に応じて3段階に料金が変わるライトユーザー向けプラン
  • データMAX 5G ALL STARパック
    2020年6月以降に提供開始予定の5G対応の無制限プラン。こちらはNetflixパックのサブスクの他にさらにApple Music、YouTube Premiumもついているプラン。
先生

au5G対応のプランには「5G」と名前が付いています。

ソフトバンクの5G

ソフトバンクの5Gは専用プランではなく、「5G基本料」のオプションサービスを付加する形になるため、従来からある4G用の各種プランに「5G基本料」を付けることで5G回線が利用できるようになります。

5G基本料は月額プラス1,000円(税抜)となっています。

5G対応の機種を利用の場合月額料金が1,000円(税抜)加算
5G基本料がかかる
5G未対応の機種を利用の場合5Gサービスは利用できないので加算なし
2020年8月末までは2年間5G利用が無料になるキャンペーンを実施

5Gの機種を利用するとは月額で1,000円高くなりますが、現時点では対応エリアも極端に狭いこともあるためか2020年8月末までが受付期間ですが「5G無料キャンペーン」として最初の2年間は1,000円引きになり、最初の2年間は4G LTEの場合と同じ料金で利用できるようになっています。

ドコモを利用したくなった人はこちら
※ドコモの契約は事務手数料がかからないオンラインショップがオススメです

ドコモオンラインショップ

auを利用したくなった人はこちら

auオンラインショップ

ソフトバンクを利用したくなった人はこちら

ソフトバンクオンラインショップ

※2020/4/21よりソフトバンクオンラインショップで事務手数料無料キャンペーン実施中です

ソフトバンクにMNPや新規契約するならこちらの携帯ショップもすすめ

おとくケータイ.net

スマホ乗り換え.com

おすすめの関連記事
ドコモ関連の注目記事まとめau関連の注目記事まとめソフトバンク関連の注目記事まとめ