格安スマホ初心者向けQ&A集

Q&A

最近よく耳にする「格安スマホ」や「格安SIM」。興味はあるけどよくは知らない人も多いのではないでしょうか。本当に格安なの?怪しくない?メリット・デメリットは?そんな初心者が疑問に思っている用語の意味や手続きの手順など一問一答形式で解説します。

まずは必要な知識や用語を解説

Q
MNPってなに?
A
MNPとは「Mobile Number Portability(携帯電話番号ポータビリティ)」の略です。携帯電話会社を変更しても、携帯の電話番号はそのままでサービスを利用できます。主に「のりかえ(乗り換え)」などと呼ばれます。これは格安スマホに限らず3大キャリア(docomo/au/softbank)でも共通です。
Q
格安スマホってなに?
A
今までのキャリアで出している高価なスマホと比べて比較的安価なスマホのことです。国内や海外メーカーのものなど様々で、機能をある程度絞ったコスパの高い機種が多いため低価格化が実現しています。その端末に格安の「SIMカード」を挿すことにより、月額料金が格段に安くなります。また、安価なスマホ(端末)と格安のSIMカードのセットで「格安スマホ」と呼んだりすることが一般的です。
Q
格安スマホはなぜ安いの?
A
格安SIMを販売する会社(MVNOと呼ばれます)はauやドコモの回線を借りて運営していて、独自の通信設備などのインフラを持たないため設備投資費などが不要。さらにネットでの販売がメインで店舗を持たない会社が多いため店舗の維持費や人件費もかからないので様々なコストを省くことができ、基本料金が大手キャリアに比べ破格の料金プランを提供することが可能なのです。
Q
格安SIMの「SIM」ってなに?
A

スマホの中に挿入するための小さなICカードのことです。「SIM」「SIMカード」などと呼ばれます。SIMには契約者の情報が保存されていて、端末に差し込むことにより利用者を特定し、その端末でのみ自分の電話番号として通話ができるようになります。

SIMカードはサイズが3種類あり、対応した端末で使用できます。そして「格安SIM」とは格安のプランを提供している会社(MVNO)の提供するSIMカードのことです。主に「SIMフリー」の端末に挿すことにより格安の料金でスマホが利用できます。(また格安SIMはSIMカードそのものを指すのではなく、その料金プランと同じ意味で使われる場合のほうが多いかと思います。)

SIMカードの種類

Q
SIMロック・SIMフリーってなに?
A
SIMロックとは、大手キャリアなどでスマホを購入(例えばドコモ)した場合、SIMカードは既に端末のなかに挿入されていて、端末に入っているSIMカードを他社の端末に差し換えても使えません。その挿入されているSIMカード以外は契約した会社の端末でしか使えないようになっているのです。これを「SIMロック」と言います。

SIMロックに対し「SIMフリー」と呼ばれる端末があります。これはSIMロックのかかっていない端末のことで、どの会社のSIMカードを挿しても使えます。格安SIMを利用する場合は基本的にSIMフリーの端末が必要になります。(一部例外あり)

Q
MVNOってよく聞くけど?
A
MVNOとは「仮想移動体通信事業者」の略です。大手の通信キャリアの回線を借りて独自でサービスを行っている会社のことです。その会社が提供しているSIMカードのことを一般的に「格安SIM」と呼びます。

MVNOは人件費や店舗、通信設備など様々なコストを省いているので大手のキャリアにはない格安の料金プランを提供することが可能です。厳密にいうと、大手キャリアから回線を借りている会社が「一次業者(MVNE)」、その一次業者から回線を借りている会社が「二次業者(MVNO)」といいますが、とりあえずは格安SIMの販売会社は「MVNO」と覚えてもらって大丈夫かと思います。

格安スマホの概要
Q
3G/4G/LTE/VoLTEってなに?違いは?
A
これは通信の規格のことです。3Gは「第3世代」、4Gは「第4世代」のことです。技術的なことを言えば話が長くなるので通信速度の違いと捉えてもらって大丈夫です。「3G」より「4G」のほうが高速な通信が可能です。他にも「LTE」という規格がありますが、基本的には「4Gと同じ」と捉えてもらって大丈夫です。「3G」と「4G(LTE)」それぞれに対応したスマホやケータイや料金プランがあります。

「VoLTE(ヴォルテ)」はLTEを使用した音声通話が可能になるサービスです。従来4Gに対応したスマホやケータイでも音声通話時のみ3G回線に切り替えていました。しかしVoLTEだと音声通話時にも4G回線を使用し、音声品質が向上したり、遅延がすくなくなったりと様々なメリットがあります。最近では格安SIMでも対応したプランが提供されており、様々な機種が対応しています。

Q
どれぐらい安くなるの?
A
一般的なプランで3大キャリアと格安SIMのプランを比較すると、端末代金を除いた月額料金だけでいえば4分の1くらい格安スマホのほうが安くなります。注意点としては、格安SIMは通話料が定額ではないので、通話時間に応じて料金がかかります。ふだん通話(090)をほとんどしないという方はかなりの節約になるかと思います。
Q
メリットとデメリットを教えてほしい!
A

格安スマホに乗り換え(MNP)するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 月額料金が格段に安くなる。
  • 料金プランがシンプル。
  • 会社によっては「2年縛り」がない場合がある。

デメリット

  • キャリアメールが利用できなくなる。
  • 通話定額ではないため、通話が多いと逆に料金が高くなる可能性がある。
  • 家族間での無料通話がない。
  • 独自の店舗がない会社が多いため直接相談ができない。
Q
自分の使っている機種は利用できる?
A

お使いの機種がSIMフリー端末であればもちろん使えますし、3大キャリアの端末でもSIMロックの解除を行えばそのまま格安SIMを挿して使用することができます。

SIMロックの解除ができる条件

  • 2015年5月以降に発売された端末であること。
  • 購入から180日経過していること。
  • ドコモとソフトバンクの場合は解約から90日が経過していること。

また、SIMロックがかかっている端末でも契約先の格安SIMの回線が同じ(au/ドコモ)であれば解除不要で使用することができます。(格安SIMはドコモ回線を使用している会社がほとんどなので、ドコモの端末をお持ちの方は基本的にSIMロック解除不要で格安SIMを使うことができます。)

格安SIM会社の動作確認の一覧に載っていない端末は使えません。(一覧に載っていない場合でもたまに使えたりする場合もあるようですが、そこは自己責任で。)ですので、自分の機種が対応しているのか格安SIM会社のWEBなどで確認が必須になります。

Q
iPhoneでも利用できる?
A
SIMフリーのiPhoneをお持ちの方は当然利用できますし、3大キャリアで購入したiPhoneでもSIMロックの解除を行えば格安SIMが使えます。また格安SIMの回線が同じであればSIMロック解除不要で利用できます。(上述の項目参照)
Q
ガラケーでも格安SIMは利用できる?
A
b-mobileから発売されている「携帯電話SIM」であればガラケーでも格安SIMを利用できますが、データ通信ができないうえ、料金的にもあまり安くはならないため、あまりお勧めできません。

格安SIMのプラン・会社の選び方

Q
どの格安SIM会社を選べばいいの?
A

格安SIMには様々な料金プランがあります。一概に甲乙はつけられませんが、自分に合った会社とプラン選びのポイントとしては下記のものがあります。

会社&プラン選びのポイントの一例

  • 基本料金の安さ
  • 通信のデータ量が自分に合ったものがあるか
  • 回線(auかドコモか)
  • 魅力的なオプションがあるか
  • 「2年縛り」の有無 など
Q
通信速度は会社によって違う?
A
格安SIMは3大キャリアと同じ回線を使用しているため、理論上の速度は同じですが、データが通る道の太さ(帯域)がそれぞれ違います。そのためアクセスが集中した場合などは比較的遅くなる傾向にあるようです。動画などをよく観る人や速度を気にされる方は考慮に入れておいたほうが良いでしょう。
Q
通信プランはどれを選べば良い?
A
会社によってはデータ量も細かく分類され様々なプランがあります。フリーテルなどでは使った分に応じてデータ量の上限が変動する従量制のプランもあります。それぞれ一長一短ありますので、過去のデータ使用量などと照らし合わせて、自分に最適なプランを見つけてみてください。

申し込み方法

Q
格安スマホに乗り換えるにはまずどうすれば?
A

まず自分の現在の契約の更新月を確認してください。更新月にMNPすれば違約金などがかからず、お得に乗り換えることができます。更新月が比較的近いようであれば、そのタイミングで解約→乗り換えを行ったほうがよいでしょう。乗り換える日が決まったら、その日までにMNP予約番号を取得します。MNP予約番号は電話番号を変えずに乗り換えるための10ケタの番号で、転出先の会社から取得する必要があります。

格安SIMにMNPする場合、ネットで申し込む方法実店舗で申し込む方法があり、実店舗の場合は即日乗り換えが可能な場合が多いです。

Q
乗り換えるのに必要なものは?
A

申し込みに必要なものは下記の通りです。格安スマホ乗り換えに必要なもの

  • MNP予約番号
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類(免許証・パスポート・健康保険証など)

※WEBから申し込む場合、本人確認書類はアップロードして提出します。

Q
MNP予約番号はどうやってもらえばいいの?
A
MNP予約番号は現在契約している携帯会社から取得します。

↓MNP予約番号の取得方法はこちらを参考にしてください。
MNP予約番号を今すぐ取得する方法【ドコモから乗り換え編】
MNP予約番号を今すぐ取得する方法【auから乗り換え編】
MNP予約番号を今すぐ取得する方法【SoftBankから乗り換え編】