auの機種変更にベストなタイミングは?料金&手続きも解説!

機種変更

ここではauで機種変更する際、失敗しないために知っておくべき知識タイミング、auの機種変更向けキャンペーンをご紹介します。

auの機種変更で損しないタイミングは?

auで機種変更する場合にリスクなどはあるのでしょうか?

auの携帯電話をお使いの方の多くが「2年契約」いわゆる2年縛りに加入しているかと思います(加入すると基本料金がグッと安くなるため)。その場合、2年ごとに訪れる「更新月」以外にauを解約してしまうと違約金を支払わなければなりません。

では「解約」でなく「機種変更」を2年契約の途中に行うと違約金はかかるのでしょうか?

機種変更の場合、違約金はかかる?

違約金がかかるのはあくまで更新月以外に他社への乗り換えなど「auを解約」した場合のみです。どのタイミングで機種変更しても違約金は発生しません。

毎月割がなくなる!

機種変更の場合、違約金はありませんが、注意するべき点があります。

2年以内で機種変更すると、それまで月々支払っていた端末に適用されていた割引(毎月割)がなくなってしまいます。(毎月割とは購入した機種に応じ、毎月一定の金額を最大で24か月間割引してくれるサービスです。)

つまり端末代金を分割で月々支払っている場合、残りの端末代の残金は「割引なし」で支払わなければならないという事です。
※購入(変更)した端末には新たに毎月割が適用されます。

iPhone6s(32GB)の支払い本体代金
端末代支払い総額 毎月割
有り 無し
¥59,400 ¥1,125/月 ¥2,475/月

iPhone6sの場合、毎月割が有りと無しでは毎月の支払額に1,350円もの差があります。

新端末の支払いに加え、割引が適用されない旧端末の支払い分が追加されるため、毎月支払う携帯料金が高くなってしまいます。

「au購入サポート」に加入の方は

auには「毎月割」の他にも「au購入サポート」という割引サービスがあります。どちらも端末代金を割引くサービスですが、割引方法が大きく異なります。(「au購入サポート」は機種変更向けとMNP向けの2種類があります。)

毎月割とau端末サポートの違い

端末購入時にどちらか片方を選択できます。「毎月割」は割引総額を分割し月々割り引かれるのに対し「au購入サポート」は一括で割り引きされます。

しかし「au購入サポート」の対象端末は最新機種でないことが多く、規定利用期間の1年以内にMNP・解約・機種変更などを行うと高額の違約金を支払う必要があります。

au購入サポートの「違約金」
au公式:「機種変更 au購入サポート」契約解除料
au公式:「MNP au購入サポート」契約解除料

機種変更のタイミング

機種変更で損をしないタイミングは加入しているプランにより異なります。

毎月割に加入の場合

機種変更の場合は当然、「端末代金の支払いが完済」したタイミングで行うと割引もフルで受けられるため、無駄な出費が抑えられます。新規契約から2年以降ということですね。。

au購入サポートに加入の場合

基本的に規定利用期間の12ヶ月を過ぎたタイミングで機種変更するのが良いでしょう。高額の違約金も支払わなくて済みます。

機種変更の手続き

機種変更の手続きは実店舗?オンライン?

auで機種変更を行うには、

  • 家電量販店・街のauショップ・PiPit・au取扱店などの実店舗で手続き
  • auオンラインショップで手続き

の2つの方法がありますが、どちらにするか悩むところですよね。

機種変更で損をしない為にはauオンラインショップでの手続きがおすすめです。

実は、街にあるauショップや家電量販店の販売カウンターは直営店ではないのをご存知でしょうか?これらはほとんどが代理店。auの実店舗の「直営店」は全国に8店舗のみなのです。

auショップ

街の「auショップ」はauの許可をもらって販売しているお店。店舗それぞれにオーナーが異なるコンビニのフランチャイズと同じと考えて良いかと思います。

ネット販売では「auオンラインショップ」がauの直営店となります。

auオンラインショップ

街のauショップや家電量販店などは利益をあげることが最優先。本来、ほとんど利益にならない機種変更などの案件は客単価を少しでも上げるため「頭金」と呼ばれる無駄な手数料を取られたり、有料オプションに加入させられるケースが多いのです。

頭金という呼び方のため、端末代金の一部に充てられるのかと思いきや、単にショップの利益のためだけに支払うお金。まったくのムダ金なんです。

その点、auオンラインショップなら「頭金」は不要で無駄な有料オプションへの加入もありません。

【結論】機種変更は公式オンラインショップがお得。

公式:auオンラインショップ

機種変更に必要なものとかかる費用

機種変更に必要なもの

auショップの場合(契約者本人が来店)
  • 現在利用中のau電話本体
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 印鑑

公式:auショップでのお申し込みに必要なもの

auオンラインショップの場合
  • au ID
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)

公式:オンラインショップお申し込みガイド

機種変更にかかる費用は?

新端末の購入代金プラン変更した場合の料金の差額はもちろん、旧端末の支払代金が残っている場合は引き続き支払いが必要となります。

手続きにかかる費用としては登録手数料が必要となりますが、変更する回線の種別によって料金が若干異なります。(下表参照)

機種変更時の手数料
変更する回線の種別 auショップ/auオンラインショップ
4G LTE(VoLTE対応)⇔ 4G LTE(VoLTE非対応) ¥3,000
3G ⇔ 4G LTE(VoLTE対応) ¥3,000
4G LTE(VoLTE非対応) ⇔ 4G LTE(VoLTE非対応) ¥3,000
3G ⇔ 3G ¥2,000
4G LTE(VoLTE対応)⇔ 4G LTE(VoLTE対応) ¥2,000

機種変更で利用できるキャンペーンは?

auスマホはじめるプログラム

auのガラケーからスマホへ機種変更する方はおすすめのキャンペーン。通常料金2,900円/月の「データ定額1」が980円/月で利用できるようになります。
※「データ定額1」とは月々のデータ通信量が1GBのプランになります。

割引は次回に機種変更するまでずっと適用されます。

↓auスマホはじめるプログラム

『auスマホはじめるプログラム』が新しくなった!特典は?メリットは?
『auスマホはじめるプログラム』が新しくなった!特典は?メリットは?
はじめてスマホを使う方を対象にしたauのキャンペーン「auスマホはじめるプログラム」が2017年3月から大きく変わります。 今までau...

auスマホ交換プログラム

auスマホ交換プログラム

auのスマホもしくはガラケーを16カ月以上利用している方が「au購入サポート」を利用し、対象となるスマホを購入すると本体価格から割引があるキャンペーンです。

au公式:auスマホ交換プログラム

U25家族もおトク機種変更キャンペーン

受付期間:2017/1/13~5/31まで

25歳以下の方がau指定のスマホに機種変更すると本体代が最大10,800円割引になります。また同じくその家族が指定のスマホに機種変更すると同様の割引が受けられます(家族の方が25歳以下の方と同一の「家族割」に加入する必要がある)

キャンペーンの対象機種は以下の通りです。

対象機種:最大10,800円還元

U25家族もおトク機種変更キャンペーン対象機種その1

対象機種:最大5,400円還元

U25家族もおトク機種変更キャンペーン対象機種その2

下取りプログラム

機種変更時に、利用していた端末を下取りに出すことで機種の購入代金から割引があります。

下取り査定

下取りに出すには、3カ月以上利用していて正常に動作する端末であることが前提。WALLETポイントとして機種に応じた額が還元されます。(WALLETポイントは本体の割引以外にも使うことができます。)

au公式:下取りプログラム

機種変更はお得なのか

端末の残り代金の支払いなどがある場合は、なかなか気軽に機種変更できません。2年契約途中に欲しい機種が発売された場合などは我慢するか毎月の支払い分が高くなるのを覚悟で購入するしかありません。

そこで・・、

もし「au派なので一生MNPはしない」という方でなければ他社への乗り換え(MNP)も検討してみてはいかがでしょうか?

MNPのほうがメリットが多い理由

MNPなら、その特典の多さで機種変更よりも得して最新機種を購入できるからです。

利用していたキャリアメールのアドレスが利用できなくなったり、手続きや設定の手間などのデメリットもありますが、それを差し引いても余りある特典がMNPにはあります。

乗り換え(MNP)にはキャリア側とショップ側の双方から手厚い特典(下図参照)が用意されており、MNP対象のキャンペーンをうまく利用すれば、端末代金の残りや違約金などが差し引き無料+それ以上にお得にすることも可能です。

公式とショップのMNP向け特典

乗り換え(MNP)が転入先の会社で優遇される理由は自社のユーザー獲得と同時にライバル会社のユーザーも減らせるからです。

そのためキャリアは販売代理店にMNPの販売奨励金を多く出し、ショップはその大部分をキャッシュバックという形で客に還元することで、少しでも多く自分の店舗で乗り換えてもらおうと競い合っているわけです。

ですので、この特典を利用しない手はありません。

例をあげると、ガラケーからの乗り換え(MNP)が主に対象となる「スマホデビュー割」などのキャンペーンを利用すれば、iPhoneSE購入時などに月額料金が総額3,000円台で運用でき、さらに販売店からも現金還元があります。

おとく【通常2】

高額キャッシュバックで最新機種が無料に!?

キャッシュバック+一括0円

ソフトバンクに「乗り換え」の方へ! MNPの特典をガッツリ使って確実・お得に最新機種を購入できる鉄板のショップをご紹介します。

通常のショップにはない高額の現金キャッシュバックで、MNPの初期費用や本体代金もまかなうことができ、おつりも来てホクホクです。(複数同時契約で台数分の現金還元)

購入する機種が「一括0円」の対象であれば本体代金をショップが全額負担してくれるので、さらにホクホク・・。

↓有名店なのでご存知の方も多いと思いますが・・

おとくケータイ.net

PCや手持ちのスマホから簡単にすべての手続きが可能。つまり来店不要で全国どこに住んでいても「高額キャッシュバック」&「一括0円」の恩恵を受けられます。

公式キャンペーンとの同時併用で最高にお得に!
問い合わせフォームで希望の機種や要望を記入するとメールで最適プランや還元額を教えてくれます。
ソフトバンクに乗り換えでお得な特典あり
  • 特徴どこよりも高い現金還元・一括0円機種が豊富・お客様満足度No.1・申込件数20万件の実績と安心・公式キャンペーンも同時利用可・有料オプションへの加入が不要・来店不要で日本全国対応

私も以前MNPに利用しましたが、全ての手続きをPCやスマホから行えるのはうれしい(郵送契約も可)。新規契約の場合もキャッシュバックは出るようです。

シェアする

フォローする